東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

スーツをカスタマイズ!~こだわりにかかる費用、オーダーで失敗しない方法とは~

(最終更新日:2020.02.14)2020.01.31 # スーツの着こなし術

スーツをカスタマイズする魅力とは?

ビジネスマンの必需品といえばスーツ。オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)なスタイルも一部の企業で広がりを見せ、スーツスタイルからカジュアルダウンした服装も増えています。その為、見せ方のバリエーションも増えスーツに対するこだわり・カスタマイズに注目する方も少なくないでしょう。

●カスタマイズとは・・・既存の商品・アイテムなどに、手を加え好みのモノに作り変えるという意味。英語(customized)では、自分好みに直す・特別に注文するという意味があります。

そこで今回は、スーツのカスタマイズを深堀り!『スーツのカスタマイズ(オプション)~メリット・デメリット』『スーツのカスタマイズで失敗しない方法』『スーツのカスタマイズにかかる費用・出来ること』について見ていきながら、スーツのカスタマイズの魅力・費用・出来ることをご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  スーツのカスタマイズ(オプション)~メリット・デメリット~
2.  スーツのカスタマイズで失敗しない方法
3.  スーツのカスタマイズで掛かる費用・出来ること
3-1.  スーツのジャケット
3-2.  スーツのパンツ

 

スーツのカスタマイズ(オプション)~メリット・デメリット~

まずはじめに、スーツのカスタマイズで知っておきたい“メリット”“デメリット”を見ていきます。流行りのオーダースーツを仕立てる時の参考にどうぞ。

◇3つのメリット◇
① スーツを着こなす上で重要なサイズ感を合わせられる
② 好みに合わせた色柄の生地が選べる
③ 生地の傷みが軽減され長く着用できる

例えば、微妙な生地の色や、体型に合わせたサイズ感にこだわりたい場合は、オーダースーツが断然オススメです。また、スーツの部位によってデザインのカスタマイズも出来る為、オシャレの幅が広がります。

スーツは消耗品の1つですが、サイズが合っていないスーツを着用し続けると傷みがはやくなったり、タイトすぎると、生地に摩擦が加わりやすくなったり、シワやヨレの原因となってしまいます。着るからには、長い期間愛用したいですよね。

◇3つのデメリット◇
① 仕上がりまでの期間が長い
② 仕上がりのイメージが湧きにくい
③ こだわると費用が高くなる

オーダーの場合は、スーツの仕上がりにはやくて2週間~6ヶ月程度の期間が必要になります。その為、急にスーツが必要になった場合は難しくなるので注意が必要です。また、メリットの多いオーダースーツですが、カスタマイズはこだわりの数だけ費用が高くなります。事前に利用するお店の情報を調べたり“どの部分を一番重要視したいか”などを決め、予め予算・費用を決めておくのが良いでしょう。

スーツだけではないですが、カスタマイズの場合は、実際に届いたり完成品を試着した時にイメージが違ったりサイズがあっていないとなるとショックが大きいですよね。しっかりと当日の担当者と相談しイメージを共有することが大切です。

 

スーツのカスタマイズで失敗しない方法

<オーダースーツ選びで失敗する原因>
・ 着用シーン・予算・サイズ感の共有ができていない
・ サイズ見本服を試着していない(パターンオーダーの場合)
・ 仮縫い後の試着をしていない(フルオーダーの場合)
・ 実際の生地の質感・色柄の確認をしない

自分のスーツに対するイメージがなんとなくでは、仕上がりに納得できないと後悔してしまう可能性が高くなります。想像しているイメージに近い写真やモノがあると良いかもしれません。その上で、サイズ感・欲しい色柄の生地を選んでいくとスムーズに行えます。

自分の体型に合わせるために、プロ(フィッター・スタイリスト)に採寸してもらい、サイズについてきちんとすり合わせをしておくと安心。ネット通販などを利用する時は、自分で採寸を行うことがありますので注意が必要です。


*****

オーダースーツで失敗しないポイント
上記で上げた失敗の原因を防ぐためにはいくつかのポイントを押さえておくことが大切。

スーツのシルエットを把握する為、プロの採寸や試着などでサイズの確認をする
スーツ生地の見本帳(バンチブック)を見て生地の風合いをチェック
公式ホームページがある場合はチェックしあらかじめ予算を決める!

 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」
<ジャケット> スーツのカスタマイズで掛かる費用・出来ること

ここまで、スーツのカスタマイズで気をつけたいことを見てきました。最後に、スーツの細部までこだわりたい方への参考に、オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」で出来る“有料オプション”についてご紹介します。サイズ調整用や、デザインのアクセント用にと種類豊富にご用意。(※もちろんショップや商品によって価格帯は異なります)


◇デザイン&縫製仕様◇

●ダブル/6つボタン2掛け(5,000円+税)・・・重厚感あるデザインのダブルスーツ。かっちりとした雰囲気となり、フォーマル度がやや強くなります。

▲(左から)ダブル/6つボタン2掛け⇒フル毛芯⇒盛夏用仕立て▲

●フル毛芯(5,000円+税)・・・
裾まで贅沢に毛芯を使用する仕様。スーツをより立体的に、綺麗に見せてくれます。
●盛夏用仕立て(1,400円+税)・・・盛夏用の通気性の良い芯地。夏も快適に上着をご着用いただきやすくなります。


◇サイドポケット◇

●両玉縁/チェンジポケット/フラップ付きと無し(1,000円+税)・・・小さいポケットが追加されたデザインでクラシックな印象に。フラップを無しにすることで、腰回りをすっきりと見せれるポケット。

▲(右上から)チェンジポケット/フラップ付き⇒無し▲

●両玉縁/スラント/チェンジポケット/フラップ付きと無し(1,000円+税)・・・
斜め(スラント)にすることでシャープな印象になる、ブリティッシュなスタイルになります。

▲(右上から)チェンジポケット/フラップ付き⇒無し▲

◇見返し仕様&本切羽◇

●台場付き(2,000円+税)・・・標準モデルのオプション仕様。内ポケットの口を服地で囲うため強度が増す本格仕様。
●本切羽(2,000円+税)・・・オーダーメイドならではのオプション仕様。実際にボタン開閉ができ、ボタンを外してこなれ感を演出。

▲(右上から)台場付き⇒本切羽▲

◇色穴がかり◇

●ラペル(1,000円+税)・・・フラワーホールに入れることで、襟元のポイントに。
●袖(1,000円+税)・・・手元のアクセントとして袖のボタンホールに入れます。1カ所のみ入れることもできる。

▲(左から)ラペル⇒袖⇒シングル⇒ダブル▲

●シングル(1,000円+税)・・・
ジャケットのフロントボタンホールの色変更。
●ダブル(1,000円+税)・・・ダブルジャケットのフロントボタンホールの色変更。

 

<スーツのパンツ>

◇パンツデザイン◇
●ピンループ(1,000円+税)・・・ベルトのピンを通すループ。バックルのズレを防ぎます。
●ピンループタブ(1,000円+税)・・・ホックではなくボタンで留める仕様。
●Vスリット(500円+税)・・・腰回りの後ろに入るスリット。着席時にスリットが開くため、負担が軽減されます。座り仕事や移動の多い方にお勧めの仕様。

▲(上から)ピンループ⇒ピンループタブ⇒Vスリット▲

●マーベルト(1,000円+税)・・・
スラックス内側に滑り止めのゴムを付けた仕様。シャツが腰から出るのを軽減してくれます。
●ウォッチポケット(600円+税)・・・コインポケットとも呼ばれ、腰回りのアクセントに。
●フラシループ(500円+税)・・・ヒップとベルトで吊るのを防ぎ、着席した際の不快感を軽減します。

▲(左から)マーベルト⇒ウォッチポケット⇒フラシループ▲

●サスペンダーボタン付き(1,000円+税)・・・
サスペンダーをボタン留めするための仕様。
●ウエスト尾錠(2,000円+税)・・・両脇に付く、サイズ調整用の帯。実際は、ベルトレスのデザインとして人気の仕様。
●AMFステッチ(1,000円+税)・・・手縫い風にこだわったオプションのステッチ仕様。

▲(左から)サスペンダーボタン付き⇒ウエスト尾錠⇒AMFステッチ▲

◇バックデザイン◇

●片玉隠しボタン(1,000円+税)・・・ヒップのポケット口の下のみに玉縁がつき、ボタンは隠しのため表からは見えません。
●玉縁別布(1,000円+税)・・・ヒップのポケット口にサテン風の生地を貼り付けます。

▲(左から時計周り)片玉隠しボタン⇒玉縁別布⇒フラップ付き⇒左のみふた▲

●フラップ付き(1,000円+税)・・・
ヒップのポケットに蓋(フラップ)を付けます。
●左のみふた(1,000円+税)・・・ヒップのポケット左のみに蓋(フラップ)を付けます。

 

◇その他のデザイン◇
●カン留め(2,000円+税)・・・腰ポケットの上下・ヒップポケットの左右の糸留めをお好みの色糸で留めることができます。
●刺繍(2,000円+税)・・・ヒップポケットの上部にネーム刺繍が入れられます。

▲(左から)カン留め⇒刺繍⇒側章⇒シロセット加工▲

●側章(2,000円+税)・・・
スラックスのサイド(外側)にサテン風の側章を貼り付けます。
●パーマメント/シロセット加工(2,000円+税)・・・クリースラインが消えにくくなる加工。クリーニングを出す毎に効果は薄れていきます。

 

▼▼▼スーツの名称・細かいデザイン・マナーが気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
スーツのディテール(オプション)記事一覧へ

 

***
いかがでしたでしょうか?

スーツのカスタマイズは、自分好みのスタイルを徹底的に追及できます。ですが事前に、予算・カスタマイズに掛かる費用をしっかりと把握しておきましょう。

▽▽▽スーツのカスタマイズが気になる方はこちら。

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡)

おすすめの記事