東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

ブラック(黒)スーツ・ダークスーツのビジネスシーンでの着こなし方

(最終更新日:2024.06.03)2020.03.09 # スーツの着こなし術

ブラック(黒)スーツの魅力とは?

まず、ブラックスーツは、本来礼服として着られるイメージが強く、冠婚葬祭(パーティー)や就活時などでよく見られますよね。しかし近年、ビジネスの場でも格好よくブラックスーツをオシャレに着こなしている方も増えてきています。カジュアルファッションの業界でもモノトーン系(ブラック・グレー・ホワイト)といったカラーが、毎年のようにトレンドとして人気を集めています。

そこで今回は、ブラックスーツをビジネス・礼服を実際に着用するときの違いを見ていきながら、『ビジネスシーンでのブラックスーツ』『礼服でのブラックスーツ』『ビジネスシーンにおすすめブラック・生地ブランド』と大きく3つのテーマに分けて、ブラック(黒)スーツの魅力をご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  ブラックスーツはビジネスに使える?
2.  ブラックスーツ~2つの用途~
3.  【1】ビジネス用ブラックスーツの着こなし方
4.  【2】礼服用ブラックスーツの着こなし方
5.  ビジネスシーンにおすすめのブラック生地
6.  1着は持っておきたいブラックスーツ
7.  ブラックスーツに合わせる小物選びのコツ
7-1.  1.ネクタイ
7-2.  2.シャツ
7-3.  3.革小物
8.  おすすめ生地ブランド4選

ブラックスーツはビジネスに使える?

結論から入ってしまうと、ブラックスーツはビジネスで着用できます。ただしブラックであればなんでも良いということはなく、後述するスーツの黒の深さ・光沢の有無、合わせるネクタイやシャツに注意が必要です。ビジネス用のブラックスーツを選ぶことが大前提ですが、例えビジネス用の生地で作られたスーツだとしても、着こなしによっては冠婚葬祭と間違えられてしまう可能性があります。

▲上段:ビジネス向けブラック生地 下段:礼服用ブラック生地▲

 

ブラックスーツ~2つの用途~

ビジネスマンの多くが、毎朝スーツを着て通勤しているかと思います。そうすると、自然にオシャレを楽しめる機会がプライベート・休日だけになりますよね。ここでは、オシャレにスマートに着こなすために知っておきたい“ブラックスーツ”2つの用途について見ていきます。

オシャレでスマートなブラック(黒)スーツ

【1】ビジネス用ブラックスーツ(ネクタイ)の着こなし方

ビジネススーツ用のブラックスーツは、生地や織り方を変えたり、全体的にタイトめになっていたりと、流行りを取り入れられて作られることが多い。また、一番の違いとして分かりやすいのが、黒(ダーク)の色味になります。濃い黒を選ぶと喪服のイメージに近くなるので避けるようにしましょう。

▲ブラックといっても生地の色合いは様々です▲

着こなし方については、基本的には白シャツか、青シャツが良いでしょう。ネクタイは、レジメンタルタイ・無地と合わせることで、ビジネスマンらしくクールにまとまります。ワインレッドの配色や、チェック柄をアクセントとして楽しむのも良いでしょう。

 

【2】礼服用ブラックスーツの着こなし方

礼服用のブラックスーツは、光沢のない真っ黒(漆黒な色)な生地で作られ、ブラックフォーマルとも呼ばれている。礼服には、タキシードやモーニングコート、喪服などがあります。ビジネス用ブラックスーツとは、見た目での違いがありますが、礼服はスーツとは別に持っておくと良いでしょう。特に、入社式、卒業式、イベントなどのかしこまった場所では、フォーマルスタイルが基本なので、黒がメインとなります。

礼服用のブラックスーツ
▲タキシード、モーニング、ブラックスーツ▼
色柄にこだわりたい方はパーティー用としていかがでしょうか?ブラックスーツで、モード感のあるスタイルでスタイリッシュに。セレモニーなど特別な場所では、艶、光沢感のある素材を選び、ネイビーやグレー系とは違った上品さでオシャレを楽しめます。中でも、高級感を出したい時、よりダークで艶感のあるブラックスーツは群を抜いてカッコ良くなります。ネクタイは、黒・シルバー・白がオススメ。


▽▽▽礼服とスーツの違いについて気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
礼服(喪服)と一般的なスーツの違いとは?~種類別で分かる着こなし方とオススメのシーン~

 

ビジネスシーンにおすすめのブラック生地

ブラック(ダーク)スーツにおいてはずせないのが、派手さを抑えた“シャドーストライプ”。さりげないオシャレを演出してくれます。また、主張しすぎない折柄もオススメです。ブラック特有の上品な折柄はシャツやネクタイとの合わせもばっちり。

ビジネスシーンにおすすめのブラック生地
▲(左)シャドーストライプ(右)織柄のイメージ▼

シルエットはタイトめにスタイリッシュに。チェック柄のブラックスーツも、近づくとわかるこだわりがオシャレに仕上がります。ブラックスーツは、スーツの最上級スタイル“スリーピース”でまとめると、全体の雰囲気がビシッと引き締まり上品に見せることができます。人気のネイビーベースに、ブラックを取り入れることで、センスあるスタイルでカジュアル寄りに見せるのも良いでしょう。

▽▽▽スーツの色や柄が与えるイメージが気になる方はこちらもチェック

■ 関連ページ:スーツの色や柄の与えるイメージとは~誰でも印象度がアップする選び方~

 

1着は持っておきたいブラックスーツスタイル

<シャドーストライプ柄のブラック>
ビジネスシーンにも着用できる“シャドーブラック”のスーツ。少しラインの印象を強くしスタイリッシュに。合わせるアイテムは、シャドー系のネクタイで柄を揃え、白シャツで全体を綺麗に見せています。

生地ブランド:アーサーハリソン
スーツモデル:モダンブリティッシュ

<無地のブラック>
定番の“ブラック”のスーツ。赤のストライプネクタイで、暗くなりがちなブラックスタイルの胸元に明るさを出しています。ブルーのストライプシャツで爽やかさを演出。シューズの合わせは、ブラック一択です。

生地ブランド:タッリア・ディ・デルフィノ
スーツモデル:モダンブリティッシュ

<艶感のあるブラック>
フォーマルなイメージのあるブラック。ビジネススーツとは違い“濃いブラック”ד艶生地”でエレガントに。お洒落さが増すスリーピースで揃えたいスーツです。

生地ブランド:レダ
スーツモデル:モダンブリティッシュ

ブラックスーツに合わせる小物選びのコツ

1.ネクタイ

ブラックスーツは無彩色に分類され、合わない色は特にありません。簡単におしゃれに見せる方法は、シャツと同系色(サックスブルーのシャツ×ブルーネクタイ等)で合わせて統一感を出す。またはシャツが白であればボルドーやワインレッド、イエローのネクタイを選ぶとこなれた雰囲気を演出できます。ただし遠目から見て黒に見えるような暗すぎる色は、冠婚葬祭を想起させてしまう可能性があるので、避けましょう。また白シャツ×レジメンタルタイの組み合わせは、リクルートスーツによく見られるスタイルなので避けた方が無難です。

▽▽▽ネクタイの色や柄が与える印象はコチラ

関連ページ:ネクタイの色と柄の選び方とは | スーツをお洒落に見せるポイント3点

2.シャツ

まず間違いない色は“白”“サックスブルー(淡い水色)”が鉄板です。柄については“無地”もしくは“ストライプ”がおすすめ。ストライプ柄は細い線があしらわれた“ペンシルストライプ”かやや太めの“ロンドンストライプ”が良いでしょう。その場合はネクタイをシンプルな無地にするなど、うるさくなりすぎないよう全体のバランスを考慮しましょう。襟型は“セミワイド”“ワイド”がおすすめ。レギュラーカラーでも問題はありませんが、就職活動や冠婚葬祭で着用されるシーンが多いため避けた方が無難です。

3.革小物

シューズやバッグなどの革小物は“黒”で統一すると、シックでモードなイメージになりますが、やや重く見える可能性があります。例えばシューズを“黒”にした場合、バッグはトープ(茶色とグレーが混ざったような色)や暗いネイビーを選び重さを和らげると良いでしょう。

(引用:https://www.pellemorbida.com/f/online)

 

-Global Style-ブラックスーツで作る生地ブランド4選
【1】DOMEUIL -ドーメル- イギリス(パリ)

1842年にジュールス・ドーメルがイギリスから毛織物を輸入してフランス国内で販売することから始まった、 現存する世界最古の服地マーチャント(商社)です。厳選された原毛と英国仕込みのしっかりとした織と光沢のある、エレガントな風合いが特徴です。

▲生地は、トラベルスーツとしてもオススメ『エクセルブルー』。伸縮性が高く艶・色味があるのが特徴です。着心地にこだわりたい方にオススメです。ブラックは、色柄の相性をあまり気にすることなくオシャレを楽しめます。

▲同じくドーメルの名品、1992年に開発されたSUPORTEXコレクションを、現代に合わせて加工を施し復刻した『SPORTEX VINTAGE』。耐久性があり、しわの回復力が高い特性はそのままに柔らかさ・なじみやすさ・通気性等が施された逸品。クラシカルなチョークストライプで気品ある英国らしい装いに。

 

【2】REDA -レダ- イタリア

レダは、1865年創業のイタリアを代表する名門服地メーカーです。定番となるクラシカルなデザインから、時にはファンシーなものまで、平均2,500種ものデザインを毎シーズン世の中に送り出しています。

▲艶感の綺麗な生地は、ダーク系のスーツが良く映えます。また、相性の良いシャドー系のデザインは汎用性の高さもあり人気。ベスト付のスリーピースで着用シーンを広げていきましょう。シャツやネクタイ、チーフに色を追加するとよりオシャレに。

▲生地は、織り目が綺麗に出ることで生地の高級感が増す『シルキーエフェクト』。レダ独自のドルフィン加工を施し、生地全体に光沢をプラス。形状安定加工も施された機能性抜群の生地です。着用時のシルエットが大切で、クラシカルな印象が特徴的なダブルスーツで上品に。

 

【3】CANONICO-カノニコ- イタリア

1936年創業のウール織物で有名なイタリア北西部のビエラ地区の中でも名門の機織メーカーで高品質の高級ウールを主に産出する。最新鋭の紡績機械・織機を使い、糸の紡績から生地までを一貫して生産している。高品質でコストパフォーマンスに優れた商品は世界各国で高い評価を得ています。生地の特徴としては、軽くて、柔らかく、発色の良さがあります。

豊富なカラーバリエーションで知られるカノニコの生地は、艶があり手触りが良く、柔らかい肌触りが特徴です。発色の良さから圧倒的な人気を誇るのがネイビーですが、落ち着いた色味から、少し明るい色味まで揃い、ブラックカラーで仕立てたい時にもオススメ。

 

【4】 -The Black- 日本

全て国産で作られ黒色が綺麗で品のある生地感が特徴です。素材もウール100%から、カシミヤ混やキッドモヘアが含まれている生地などがあります。

定番のブラックスーツですが、微妙に違う黒の色合いをスーツで表現できます。着用シーンが明確な礼服用にオススメ。冠婚葬祭、お祝い事、お悔やみ事などに対応。1着は持っておきたいブラック。

 

※ブラックの生地は、今回ご紹介したブランド以外からも選ぶことができます。イタリア・イギリス各ブランド生地には特徴がありますので、是非、参考にしてみてください。

 

****
いかがでしたでしょうか?

ブラックスーツをシーンにおいて着用する場合、どんな素材のもの、色柄を選ぶかが重要です。無地のスーツで、シャツやネクタイで印象を変える、シャドーストライプのように派手さを抑えた柄モノでオシャレを楽しむのも良いでしょう。ビジネスの場でも、休日でも、さりげないオシャレさを楽しめるブラックスーツを、一着持っておきましょう。

▼▼▼まだまだ人気のブラックスーツ!着用シーンに合わせてこだわりたい方はこちらをチェック。

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡)

⇒ ⇒ 「ご来店予約」はこちら
⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ オンラインオーダーサービスへ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡)

人気の記事