東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

イタリアとイギリス(ブリティッシュ)のスーツスタイルの違いと特徴

2016.11.10(最終更新日:2017.12.04) # スーツの着こなし術

EIcats20161107TOP

スーツのスタイルは大きく分けて2つあります!

特にファッション業界には多いのですが、長期的な「トレンド」や一時的な「流行」があり時代と共に変化しています。これはスーツの型にも当てはまります。とはいえ、スーツは大きく分けると2つの系統があります。イギリス、イタリアの国別がその2つのタイプになります。それぞれの国の特徴・個性を反映させているので、2つの国ではスーツのスタイルが異なります。

そこで今回は、オーダースーツを仕立てるために、知っておきたいイギリスとイタリアスーツの特徴をご紹介していきます。基本のスタイルを知ることで、より自分にあったスーツやアレンジを楽しめるのでオシャレの幅も広がること間違いなしです!

EIcats201611075

では、さっそくイギリスとイタリアスーツの違いを見ていきましょう。
最後には、オーダースーツ専門店『グローバルスタイル』で選べるオリジナルのスタイルをご紹介しているので、そちらもお見逃しなく!

 

イギリスとイタリアスーツの違い ~ポイント1「デザイン」~

固めの生地によく合うカッチリとした「ブリティッシュ・スタイル」■

一番の特徴は、ジャケットのシルエットで重要なパッドがしっかり入り張りのあるショルダーラインです。堂々としたブリティッシュスタイルの象徴的なディテールになります。その他にも打ち込みのしっかりとした固めの生地で仕立てるハードテイラリングや固い馬の毛を使った毛芯の使用など、丈夫なスーツは基本的なスタイルです。

WMA 1751 (2)20161107
また細めにシェイプされたウエストは、立体的なボディラインを演出し、斜めの切り込みの腰ポケットは胸のたくましさを強調してくれます。

 

■柔らかで中性的な華やかさのある「イタリアン・スタイル」■

柔らかな仕立てで、中世的で華やかさのあるスタイルがイタリアスーツの特徴です。

WM2G 0010 (2)201611071
このスタイルは、何よりもシルエットの美しさです。ドレープの効いた滑らか生地で仕立てるソフトテイラリングは自然で柔らかなエレガントさを醸し出し、立体的な袖付け、胸元のバルカポケット(脇に向けて舟のへさきのように先端が尖った形)、袖口の重ねボタンが美しいラインを作り出してくれます。

 

▼▼ここからは、よりスタイルの違いがわかるように、画像で比較▼▼
 

■仕立て■
イギリス ⇒ パット、毛芯共に厚くしっかり入っていて重量感がある
イタリア ⇒ パット、毛芯共に薄く軽さやソフト感を重視している

EIcats201611072
引用:(左.イギリス 右.イタリア)https://jooy.jp/ http://www.menstrend.jp/
 

■肩と袖山■
イギリス ⇒ 袖山を盛り上げた構築的なショルダーラインが特徴
イタリア ⇒ 肩から自然につながる様なナチュラルショルダーが特徴

EIcats201611071
引用:(左.イギリス 右.イタリア)https://allabout.co.jp/
 

■Vゾーンとウエストシェイプ■
イギリス ⇒ Vゾーンが浅くカッチリとした仕立て感を強調、ウエストシェイプ位置は高め
イタリア ⇒ Vゾーンが深めでセクシーさを表現、イギリスに比べるとシェイプ位置は低め

イギリスとイタリアのスーツ
(左:イギリス 右:イタリア)
 

■素材■
イギリス ⇒ 素材は打ち込みが入っていて重量感のある物が多い
イタリア ⇒ 素材は軽く柔らかくドレープ感のある物が多い

EIcats201611076
(左:イギリス 右:イタリア)
 

 

イギリスとイタリアスーツの違い ~ポイント2「気候と国民性」~

先述の通り、イギリスとイタリアではスタイルの違いがあります。では、なぜ違いが出るのか?理由を少し細かく見ていきましょう。

■第1の理由~気候の違い~■

イギリス ⇒ 1年中曇りが多く湿気が高い
イタリア ⇒ 地中海気候で晴天が多く乾燥している

イギリスの素材が重くて固いのは湿度が高い気候でもすぐヨレヨレにならない為であり、イタリアの素材が柔らかく軽く出来るのも乾燥している気候で生地のヘタリが遅いためです。

EIcats20161107333
(上イギリス 下.イタリア)
 

 

■第2の理由~国民性の違い~■

イギリス人 ⇒ 勤勉で伝統を重視する保守的な国民性
イタリア人 ⇒ 人生を謳歌する楽天的な国民性

イギリスのスーツが重くてカッチリしているのも耐久性を重視している点とイギリス人の考え方が反映されており、大してイタリアはミラノとナポリなど北と南では多少違いますが、常に異性を意識し陽気に人生を楽しむという考え方がスーツを作業着として考えるのではなく、ファッションを意識したスタイルとして生まれたと言えます。

EIcats201611074
引用:(上.イギリス 下.イタリア)http://thegents.tokyo/ http://otonaninareru.net
 

****
今回は、イギリスとイタリアスーツスタイルの違いについてご紹介してきましたが、アメリカやフランスにも違いがあります。ですが、スーツにおける「基本」という型に当てはめた時にはずせない2つを選んでいます。

引用:http://thegents.tokyo/ 映画「KINGSMAN-キングスマン-」より
スーツが似合う俳優として人気のコリン・ファース

▲映画ではスパイの本拠地であるスーツ屋の「KINGSMAN」。こちらは実際にイギリスのスーツの聖地サヴィルロウに1849年から店を構える、HUNTSMAN(ハンツマン)というお店がモディファイされて登場しているそうです。生地の提供をフランスのドーメル社のコレクションICEが使用▲

特に、フランスはどの国よりもバラエティに富んでいています。
このように、好きな俳優や映画をキッカケにスーツスタイルを楽しむのもありですよね?

 

オーダースーツ専門店『グローバルスタイル』で選べるオリジナルのスタイル

■Modern British Model-モダンブリティッシュモデル-■
従来からある重厚な英国風仕立てを アレンジして薄めのパットやソフトな毛芯を用いています。 デザイン的にも高めの釦位置や強調された 裾のカッタウェイライン、スラントやチェンジポケットなど ブリテッシュスタイルの新しい息吹を体感して下さい。

イタリアスーツ・ゼニア
使用した生地ブランド:Eremenegildo Zegna -エルメネジルド・ゼニア-(秋冬)
 

イギリススーツ・ジョンフォスター
使用した生地ブランド:JOHN FOSTER -ジョン・フォスター-(秋冬)
 

イタリアスーツ・レダ
使用した生地ブランド:REDA -レダ-(秋冬)
 

イタリアスーツ・ロロピアーナ
使用した生地ブランド:Loro Piana -ロロ・ピアーナ-(春夏)
 

イタリアスーツ・ゼニア
使用した生地ブランド:Eremenegildo Zegna -エルメネジルド・ゼニア-(春夏)
 

■Modern Classic Model -モダンクラシックモデル-■
ハイゴージ、ハイシェイプなどクラシックなフォルムでありながら従来より低めに設定された釦位置により深めのVゾーンを強調し、フロントのカッタウェイラインがエレガントさを表現しています。クラシックの部分とセクシーさを融合したモデルです。

イタリアスーツ・トーニャ
使用した生地ブランド:TRABALDO TOGNA -トラバルド・トーニャ-(秋冬)
 

イギリススーツ(パリ)・スキャバル
使用した生地ブランド:SCABAL -スキャバル-(秋冬)
 

イギリススーツ・フォックス
使用した生地ブランド:FOX BROTHERS -フォックスブラザーズ-(秋冬)
 

イギリススーツ・エンパイアミルズ
使用した生地ブランド:EMPIRE MILLS -エンパイア・ミルズ-(春夏)
 

イギリススーツ・ドーメル
使用した生地ブランド:DORMEUIL -ドーメル-(春夏)
 

『グローバルスタイル』では、この他にも豊富なスタイルラインナップをご用意しております。
気になる方は、こちらをチェックしてみてください。

人気のスタイルラインナップ

 

****
いかがでしたでしょうか?

EIcats20161107TOP
イギリスとイタリアという国別だけでも、スタイルの違いがあります。
オーダースーツでは、採寸をはじめ、生地選びやこだわりまで1つ1つ自分好みに仕立てることができます。訪れる場所やTPOに合わせて選ぶのもオススメです!

是非、これからスーツをご検討の方は、より理想的な1着と出会えるキッカケの参考にしてみてください。

 

▽▽▽今回ご紹介した、イギリス・イタリア生地で仕立てるオーダースーツはこちらからどうぞ

【18年春夏モノ新作生地入荷!】人気のイタリア・イギリス生地オーダースーツフェア44,000円〜

【4月30日まで】18年春夏モノ新作生地も入荷!
イタリア・イギリス人気のインポート生地を使用したオーダースーツが44,000円~
 

人気のイタリア・イギリス名門メーカー生地を豊富にご用意いたしました。
是非、この機会に、人気インポート生地で仕立てるオーダースーツをお楽しみください。

***

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”
そんな想いから、「ENJOY ORDER!!」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店の『Global Style-グローバルスタイル』。より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包みましょう。

⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

【東京】 丸の内本店銀座本店銀座本店・新館銀座5丁目店池袋東口店新宿南口店新宿3丁目店神田中央通り店
【関西】 ディアモール大阪店大阪本町店なんばウォーク店京都三条通り店
【中部】 名古屋セントラルパーク店名古屋ユニモール店
【九州】 福岡天神店

おすすめの記事