東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

ビジネスカジュアル

男性の夏のオフィスカジュアルコーデ6選!~着こなし方やおすすめアイテムとは~

(最終更新日:2024.06.03)2023.06.09 # ビジネスカジュアル

男性の夏のオフィスカジュアル

「服装はカジュアルな装いで」実はこれが1番悩むなんて方も多いのではないでしょうか。特に夏(クールビズ期間)は、オフィスでもカジュアルな服装での出社が増えます。そこで今回は、だらしない装いを回避!『男性の夏のオフィスカジュアルコーデで気を付けることは?』『男性のオフィスカジュアルの着こなし方【夏編】』『男性の夏のおすすめオフィスカジュアルコーデ』について見ていきながら、夏のオフィスカジュアルの着こなし方やおすすめアイテムをご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1. 男性の夏のオフィスカジュアルコーデで気を付けることは?
2. 男性のオフィスカジュアルの着こなし方【夏編】
2-1. シャツのサイズは体型に合わせ程よくフィットさせる 
2-2. 色のイメージは涼し気な白や青色を取り入れる
2-3. ジャケットは夏仕様のもので軽快に
2-4. オフィスカジュアルな装いを年代別で考える
2-5. シーンに合わせて靴を揃える
3. 男性の夏のおすすめオフィスカジュアルコーデ6選!

 

男性の夏のオフィスカジュアルコーデで気を付けることは?

●オフィスカジュアルとは・・・社内でデスクワークなどの仕事がメインになる際の格好、動きやすさを考えたもう少しラフでカジュアルなコーディネート。具体的には、ベストやシャツなどにスラックスやパンツなどを合わせたスタイルが最適と言えます。

夏のオフィスカジュアルは、涼しく快適で見た目にも爽やかな印象にまとめると良いでしょう。ですが、基本的に薄着となるため、気を付けたいポイントがあります。涼しさを重視し肌の露出が多くなる “ハーフパンツ” は避ける。また、汗をかきやすい夏はインナー選びにも気を付けたい。汗染みが目立つ色のインナーは避け、目立ちにくいモノを選ぶようにしましょう。汗染みの対策は、クール素材・接触冷感素材のアイテムを選び、体感温度を下げることができます。

その他、ワイシャツやポロシャツの襟元からインナーが見えていたり透けてしまっていると、だらしない印象になるため注意が必要です。カジュアルファッションで増えている、オーバーサイズのアイテムは清潔感に欠ける印象となり、全体的なシルエットも崩れやすいので、オフィスカジュアルには適しません。

 

男性のオフィスカジュアルの着こなし方【夏編】

男性の夏のオフィスカジュアルはどんな着こなし方が良いのか、5つのテーマに分けて見ていきます。

【1】シャツのサイズは体型に合わせ程よくフィットさせる

夏のオフィスカジュアルの装いの中でも、メインアイテムとして着る機会が多くなるのがシャツ。だらしなさが出やすいシャツはサイズの合ったモノを選びたい。全体的にダボっとした装いは余計なシワも多くなり見た目の印象も悪くなってしまいます。ですが、あまりピッタリし過ぎのシャツは、汗染みやインナーが透ける原因になります。窮屈に感じるサイズは動きにくさにも繋がります。インナーとの合わせも考え、程よく体型に合ったシャツを選ぶようにしましょう。

【2】色のイメージは涼し気な白や青色を取り入れる

どんな服装でも取り入れる色が変わると印象が変わります。夏は、定番の白に加え、青色といった涼し気な印象の色を選ぶようにしましょう。特にシャツは、薄いブルー系がおすすめ。ストライプやチェック柄も爽やかなイメージにピッタリです。デザインは、大柄よりは小柄、派手さをおさえたのモノを選ぶと良いでしょう。

【3】ジャケットは夏仕様のもので軽快に

夏のオフィスカジュアルな装いでも、大事な商談や会議がある時はジャケットを着用し印象を良くしましょう。シャツやベストスタイルに比べると、重たい印象になることは避けられません。少しでも軽快に、ジャケットの色も明るいトーンのネイビーやグレー、ベージュなどを選ぶと夏らしくなります。ちょっとオシャレにチェック柄のジャケットを選ぶのも良いですね。

ジャケットの素材は、ポリエステル混の涼しい素材のモノや、ウールやコットンを選ぶときも薄手の夏仕様がおすすめです。夏は汗をかきやすいため、自宅で洗濯が可能なモノも選び方の一つです。また、ジャケットの裏地の背中部分が“背抜き仕様”になっているモノもあります。汗染みが気になる方は、“脇あて仕様”にし、蒸れやすい脇下の汗を吸収し服地への汗染みも防ぎます。

●背抜きとは・・・背中央あたりから裾にかけて裏地がない仕様。背中の通気性が良くなるので、夏用としておすすめです。

▲(左)総裏(右上)背抜き仕様(右下)脇あて仕様▲
 

【4】オフィスカジュアルな装いを年代別で考える

“スーツ着用” とされる職場が多い男性の場合は、仕事着と私服を別物として考えている方が多く、“オフィスカジュアル” と言われると困るという方も多いのではないでしょうか。特に、最も悩みやすいのが20代や30代と言っても過言ではないでしょう。例えば、20代はシンプルかつ落ち着いた色の組み合わせを選びたい。スラックスもベーシックなグレーで着回しを重視しても良いでしょう。ある程度年齢を重ねている30代は、チノパンツとの合わせでややカジュアルなスタイルを意識していきたい。

【5】シーンに合わせて靴を揃える ・シーンに合わせてシューズも揃えよう

靴は、ビジネスシーンならローファーやスリッポンの革靴が合わせやすいでしょう。カジュアルなシーンでは、組み合わせるパンツに合わせて色を変化させるとオシャレさが上がります。紐で結ぶタイプの革靴よりもカジュアルですが、夏のオフィスカジュアルには使いやすいモノを一足は持っておきたい。

 

▽▽▽さらに詳しくオフィスカジュアルや夏のスタイリングについて気になる方はこちらもチェック。
関連ページ:メンズのオフィスカジュアルの基本ルール!アイテムの選び方やおすすめコーデを紹介!
関連ページ:夏に向けた清涼感のあるスーツ・ジャケットスタイリング~色・素材の組み合わせを意識~

 

男性の夏のおすすめオフィスカジュアルコーデ6選!

<紺ブレスタイル>
オフィスカジュアルの中では、フォーマル度は高いがおすすめなのが紺ブレスタイルです。紺ブレはアメリカントラッドの王道スタイル。軽やかな織で発色の良いブルー無地の爽やかに。肩パットや芯地を排したアンコンモデルのジャケットで軽快に。カジュアルと相性の良いボタンダウンとベージュのスラックスでカジュアルにまとめています。


<シアサッカースタイル>

紺ブレと並んでアメリカントラッドの代表的アイテムがシアサッカーのジャケットスタイルです。夏に着るサマージャケットとして定番的アイテムで爽やかさがあります。涼し気な質感のシアサッカーに、清涼感のあるブルーストライプが入ったスタイル。ブルーやネイビーと合わせて清潔感のあるコーディネートにしています。カジュアル度が高いので事前に服装などのルールを把握した上で選びましょう。


<チェックジャケットスタイル>

スーツとは違う見た目のカジュアルさを表現した人におすすめなのが、チェック柄のジャケパンスタイルです。チェックのジャケットにノータイでボタンダウンシャツ、紺や白、ベージュのコットンパンツを合わせるスタイリングがオススメです。着こなし方のポイントは、チェック柄の選び方にあります。あまり大柄すぎるものや配色の派手過ぎるタイプだと悪目立ちしてしまうので初心者の方は柄の配色が同系色で馴染んでいるようなモノを選びましょう。


<ベスト×シャツスタイル>

オフィスカジュアルの中でドレス度が高いのがベストを合わせたスタイルです。シャツ&パンツのスタイリングが一般的なクールビズにおけるオフィスカジュアルスタイルですが、ベストを合わせることでエレガントさが増します。またデスクワークでの室内の冷房が利いた空間に長時間いることでの体温調節効果にも活用できます。


<長袖シャツ×パンツスタイル>

クールビズ期間におけるオフィスカジュアルの定番が長袖シャツ×パンツスタイルです。基本的にノーネクタイとなる為、シャツの襟型は、ボタンダウンシャツ、カッタウェイなどがおすすめです。襟の開きが横方向に開いているワイドタイプも良いでしょう。パンツ選びのコツは、太ももから裾に向かって細くなっている“テーパードシルエット”でスタイリッシュに。


<ポロシャツ×パンツスタイル>

ビジネスシーンのカジュアル化の影響によって変化したのが、ポロシャツ×パンツスタイルです。環境省・官房庁も筆頭にポロシャツがOKな職場も増えてきています。ただ、こちらもカジュアルでの着こなしとは差別化する上での大事なポイントがあります。ポロシャツの襟ですが、襟元が立っているデザインの方がシャープに見え、プライベートでのポロシャツと差別化できます。サイズ感も適度にフィットしたシルエットで着丈も長すぎない丈がバランスがよく見えます。

(引用:https://bananarepublic.gap.co.jp/)
 

▽▽▽夏のジャケットコーデについて気になる方はこちらもチェック。
関連ページ:サマージャケットのメンズ夏コーデ!~クールビズにも合うお洒落な着こなし~
関連ページ:クールビズにジャケットは不要?最適なジャケットの選び方とお洒落なコーデ

 

***

いかがでしたでしょうか?

オフィスカジュアルの装いは、スーツに比べると自由度が高く着こなし方が難しいと考える方も多いようです。ジャケットやベスト、シャツなどの基本アイテムを揃えておきコーディネートを明確にしていきましょう。
 
 
▽▽▽オフィスカジュアルやビジネスカジュアルの装いをオーダーで楽しみたい方はこちら。

着こなしの幅が広がるビジカジオーダーフェア

着心地が良く快適なのに、オーダーメイドだからきちんと見える
そんなビジカジスタイルに大人気のフェア

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡)

⇒ ⇒ 「ご来店予約」はこちら
⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡)

人気の記事