東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

ネクタイピン(タイバー)の選び方で変わるオシャレさ!~正しい付け方や位置・種類を解説~

2018.03.02(最終更新日:2018.03.09) # お手入れ・豆知識

ネクタイピンの付け方と選び方

ネクタイピンの役割と魅力について

ビジネススーツに合わせるファッションアイテムと言えば“ネクタイ”。そしてネクタイに合わせるアイテムと言えば“ネクタイピン(タイバー)”。実は、便利で実用性が高く、正しい付け方や位置を知ることでオシャレの幅も広がります。一般的なビジネスマナーの一つに「上着(ジャケット)を着ない時は、ネクタイをネクタイピンで留める」というマナーもあります。

ネクタイとネクタイピン
ネクタイピンにも、様々な種類があり、いざ付けるとなると、「どんなネクタイピンを選べばいいのか?」「スーツを着用するシーンによって付け方が違うのか?」など、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

ストライプ柄のネクタイとネクタイピン
(引用:https://voi.0101.co.jp/)

そこで今回は、ネクタイとセットでスーツスタイルに取り入れておきたい!ネクタイピンについて『ネクタイピンの使い方・位置』『ネクタイピンの種類』『シーン別での付け方』について見ていきながら、さりげなくオシャレなネクタイピン(タイバー)の魅力をご紹介していきます。

シーン別ののネクタイピン
 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  ネクタイピンの使い方と付ける位置
2.  ビジネスシーンにオススメ!ネクタイピンの種類
3.  シーン別で見るネクタイピンの合わせ方
4.  ネクタイピンスタイル【スタイリスト編】

 

ネクタイピンの使い方と付ける位置

ネクタイピンの使い方は、ネクタイがブラブラしないように固定させるアイテムで、多くのビジネスマンが身に着けています。特に、ジャケットを脱いでいる時、ネクタイがブラブラしてしまい、不便に感じてしまうこともありますよね。。。 ※食事・手洗いに、ネクタイが汚れるのを防ぐためにもネクタイピンは重要です。

ネクタイがブラブラしないように固定

<ネクタイピンを付ける位置>
ネクタイピンは、付ける位置が間違っていると、全体のイメージを崩しかねません。正しい位置でネクタイピンを楽しめるように、“ジャケット・ワイシャツ”着用時の、2つの場面で見ていきます。

ジャケットありの場合⇒「ジャケットの第1ボタンから少し上の位置」
出張・商談など、相手に与える印象が大事な場面でネクタイピンを付ける場合は、ジャケットからさりげなく見えると上品な雰囲気になります。付けているからには、お洒落のアクセントとして楽しむのも良いでしょう。

ジャケットと合わせるネクタイピンの位置
(引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/)

ワイシャツのみの場合⇒「ワイシャツの第4ボタンと第5ボタンの中間の位置」

主に、ジャケットを脱ぎオフィス内で過ごす方やデスクワークが多い方は、覚えておきましょう。スッキリとスマートに見え、前屈みやしゃがんだ時など何気ない動きにネクタイがブラブラするのを防ぐことができます。

ワイシャツと合わせるネクタイピンの位置
(引用:http://zozo.jp/)

ベスト着用時は、基本的には必要がありません。就職活動中、リクルートスーツを着用するときの身だしなみを整える小物としても活躍してくれます。

 

ビジネスシーンにオススメ!ネクタイピンの種類

スーツに合わせるネクタイに様々な種類があるように、ネクタイピンにもいくつかの種類があります。ここでは特にビジネスシーンによく使われる「タイクリップ」と「タイバー」の違い、特徴を見ていきます。

 

<タイクリップ(ワニロ式)>
最も標準的なタイプでよく見かけるネクタイピン。バネの力を加えて、ネクタイの大剣・小剣とワイシャツを挟むように使用します。様々なネクタイの厚さに対応しながら、落ちづらく、扱いやすい特徴があります。

タイクリップ(ワニロ式)
(引用:http://zozo.jp/)
 

<タイバー(クリップ式)>
タイクリップとは違った、シンプルな見た目がスマートなネクタイピン。バネを使わず、金属そのものの力で挟むように使用します。ニット・ウール生地など厚さのあるネクタイを控えることをオススメしますが、シンプルなデザインが多いのが特徴です。

タイバー(クリップ式)
 

<その他のネクタイピン>
上記の挟むモノとは異なり、ピンで止めるタイプもあります。ネクタイに穴をあけ使用し、ピンが衣類に引っかかってしまう場合があるので、ビジネスシーンには避けることをオススメします。

(左上)タイタック(右下)タイチェーン
▲(左上)タイタック(右下)タイチェーン▲
(引用:https://item.rakuten.co.jp/)
 

シーン別で見るネクタイピンの合わせ方

ネクタイピンは、数少ないオシャレポイントとなるアイテム。スーツと合わせた時の役割を考えると、ネクタイにボリュームを持たせること、オシャレのアクセントとして楽しむなど、見た目での違いを出すことができます。

<ビジネスシーンのネクタイピン>
ビジネスシーンでは、ネクタイピンはシンプルなものが良い。清潔感のあるタイクリップタイプがオススメ。

ビジネスシーンのネクタイピン×赤ネクタイ
▲ボリュームをつけるとネクタイにキレイなドレープが出る▲
(引用:http://zozo.jp/)
 

<結婚式シーンでのネクタイピン>
結婚式など、華やかなシーンにオススメなのが、タイタック。ワンパターンになりがちなスーツスタイルでも、ジュエリーのようなネクタイピンが相まって、こだわりのオシャレスーツスタイルが楽しめます。

結婚式シーンでのネクタイピン
(引用:http://www.netprice.co.jp/)
 

-Global Style- ネクタイピンスタイル【スタイリスト編】

ネクタイピンは、スタイリストの間でも人気があります。特に、個性的なネクタイ柄に合わせ、アクセントとしてオシャレさを演出したり、他の人とは違った見せ方、付け方をするのもありですね。

ネクタイピンスタイル
 

***
いかがでしたでしょうか?

ネクタイピンの付け方と選び方
意外と付けている人が少ないネクタイピン。ビジネスマナーを意識しながら、上品さ・華やかさを演出できる数すくないアイテムです。是非、お気に入りのネクタイやスーツ全体の雰囲気に合わせて、大人のビジネススタイルの参考にしてみてください。

 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

Tags: ネクタイ

おすすめの記事