東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

ボタンダウンシャツの気を付けたいマナーと選び方!

(最終更新日:2020.08.31)2017.06.22 # お手入れ・豆知識

着用する人が増えている“ボタンダウンシャツ”

ビジネスマンの正装と言えば、ネクタイを締めてスーツを着用するのが、一般的なマナーとされています。近年では “ノーネクタイ” スタイルが推奨される「クールビズ」の期間があり、ボタンダウンシャツの知名度は一気に広がりました。最近では、フォーマルにもカジュアルにも魅せることができます。

着用する人が増えている“ボタンダウンシャツ”
そこで今回は、ボタンダウンシャツの魅力とは!『ボタンダウンシャツの魅力とマナー』『3つのシーン別で見る!ボタンダウンシャツの着こなし』『ボタンダウンシャツのスーツ・ジャケパンスタイル』について見てきながら、ボタンダウンシャツの着こなし方をご紹介。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  ボタンダウンシャツの魅力とマナー
2.  3つのシーン別で見る!ボタンダウンシャツの着こなし
2-1.  クールビズでの着こなし
2-2.  ビジネスシーンでの着こなし
2-3.  フォーマルシーンでの着こなし
3.  ボタンダウンシャツ×スーツ・ジャケパンスタイル

 

ボタンダウンシャツの魅力とマナー

~そもそも「ボタンダウンシャツ」とは?~
元々は1900年頃に、アメリカ(ニューヨーク)の紳士服の老舗“ブルックス・ブラザーズ”の創業者、ジョン・ブルックスによって開発されました。ジョン・ブルックスがポロ競技の観戦中にユニフォームの襟が風でパタパタするのを動かないようにボタンで留めていたのを見て取り入れたと言われています。伝統的な装飾などよりも、実用性を求めるアメリカらしい発想で生まれました。

ボタンダウンシャツ・ポロシャツも英国発祥の馬上競技「ポロ」から始まっています
▲ポロシャツも英国発祥の馬上競技「ポロ」から始まっています▲
(引用:http://dacapo.magazineworld.jp/ http://u-s-blog.com/)

ボタンダウンとは “ボタン留め” という意味があり、襟の先端をボタンで固定したシャツになります。襟をボタンで留めることにより、一般的なシャツ襟の場合に起こる、ネクタイを外した時の襟の崩れをなくしてくれます。そのため、シャツ1枚で魅せる “クールビズ” には、必須のアイテムとして人気があります。


知っておきたいマナーについて

▼襟先のボタンは必ず留めるようにする▼
襟の形を綺麗に保てるというボタンダウンシャツの魅力を最大限に引き出すために、ネクタイを締めて着るときも、ノーネクタイで着るときも、ボタンは留めるようにしましょう。はずしてしまうと、襟の形だけでなく、ボタンだけが浮いてしまい印象も悪くなってしまいます。

▲写真 左:ボタンを留めた状態 右:ボタンを留めていない状態▲
(引用:http://www.jb-voice.co.jp/)

▼ノーネクタイで着る時は、第1ボタンを外す▼
カジュアルファッションにおいては“キレイめスタイル”として、ボタンを全部締めることで真面目さを出したりしますが、ビジネスよりのスタイル“ノーネクタイ”の場合には、第1ボタンを外すことで襟上の部分が軽くロールし、下部分のシルエットに美しいシルエットを作ってくれます。ネクタイを締めた時は、全体的な雰囲気がスッキリとした首元を演出してくれます。

(引用:http://mens-cat.com/)
 

3つのシーン別で見る!ボタンダウンシャツの着こなし
【1】クールビズスタイルにオススメ

クールビズスタイルで、ジャケット・ネクタイを着用しなくなる場合は、シャツ1枚での印象が大切になります。そこでビジネスにおいて“清潔感”は重要です。先程のマナーの中でも、お伝えしたとおりノーネクタイで着る時は、第1ボタンを外すようにしましょう。襟が立つことで清潔感と、襟元に華やかさが生まれ、好印象なスタイルを演出できます。


~クールビズスタイルでの着こなしイメージ~
クールビズには欠かせない“ボタンダウンシャツ”は、身頃か柄または色無地で襟を白無地にした「クレリックシャツ」で合わせると、人とは違ったお洒落をつくれます。ネクタイを締める場合は、夏らしい爽やかな色柄を選ぶと季節感のあるシャツスタイルになります。

 

▽▽▽クールビズの着こなし方が気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
クールビズにオススメ!ジャケットスタイルとワイシャツの着こなし方~

 

【2】ビジネスシーンでの着こなし

ネクタイを締める場合はNGとされがちですが、近年はスーツのスタイルが多様化しており、ボタンダウンシャツにネクタイを合わせるのは、一般的なスタイルの1つとして認識して良いでしょう。そこでビジネスシーンでは、大きめの襟を選ぶのがオススメです。襟を持ち上げることで、立体感のあるスッキリとした見た目になります。

ビジネスシーンでのボタンダウンシャツの着こなし
▲ワイドタイプ(写真右上)やスナップボタン(写真右下)(※1)▲
(※1)スナップボタンとは?・・・レギュラーカラーのワイシャツと同じですが、襟の裏にスナップボタンが襟を固定できるシャツ。ボタンが見えない分、ドレッシーな印象が強くなります

 

~ビジネスシーンでの着こなしイメージ~
ボタンダウンシャツは、ビジネスにもカジュアルにも見せれるシャツなので、ビジネスシーンで着こなす場合は、会社のドレスコートの決まりを確認すると良いでしょう。はじめは、白でシンプルなボタンダウンシャツを着用するのが良いでしょう。

 

【3】フォーマルシーンでの着こなし

冠婚葬祭時、フォーマルな正装やドレスコードがあるシーンでは、ボタンダウンシャツはNGになります。もともと、ドレスシャツというより、カジュアルシャツとしての位置づけなので、避けると良いでしょう。

ボタンダウンシャツ・フォーマルではNG

~2次会やパーティーシーンでの着こなしイメージ~
冠婚葬祭など、いわゆる”正装”でなければならないシーンではボタンダウンシャツはNGですが、ニ次会やパーティーなどの華やかな場面では着用して問題はないと言えます。スポーティな雰囲気のボタンダウンシャツは、キマリすぎないけどしっかりとした服装が求められる場所では、便利なシャツになります。

 

ボタンダウンシャツ×スーツ・ジャケパンスタイル

▼ボタンダウンシャツ×ブラウンスーツ▼
うっすらチェックがお洒落なブラウンカラーで大人の落ち着いたスーツスタイル。シンプルな白のボタンダウンシャツに、ノーネクタイスタイルと涼し気な印象を演出。

 

▼ボタンダウンシャツ×ネイビースーツ▼
シンプルな無地のネイビースーツにボタンダウンシャツを合わせ、スポーティーな雰囲気がオシャレなスタイル。控え目なカラーのストライプ柄のネクタイで、カラーバランスをスッキリ見せると良いでしょう。


▼ボタンダウンシャツ×ジャケパンスタイル▼
カジュアルな印象の強いボタンダウンシャツに、個性的な色柄でアクセントをつけたジャケパンスタイル。シャツの色味やネクタイとの組み合わせでドレスライクな表情もつくれます。


***
いかがでしたでしょうか?


ボタンダウンの歴史は古くも、クールビズなど、時代の流れと共にデザインのバリエーションも増え続けています。ビジネス・カジュアルシーンにも合せられるボタンダウンシャツは、まさに、スーツのお洒落さや印象を変化させるアイテムです。1枚でもスタイルをカッコ良くきまる、便利なシャツをご検討してみてはいかがでしょうか?

 
▼▼▼ボタンダウンシャツが気になる方はこちら。オーダーならではのデザインでお得に作れます。

まとめ買いでお得!オーダーシャツトライアルセット

美しいシルエットのオーダーシャツ
まとめ買いでお得になりました!
 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡)

人気の記事