東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

葬式のネクタイ|選ぶべき色と結び方のマナーとは?

(最終更新日:2019.01.21)2018.12.18 # お手入れ・豆知識

葬式ネクタイについて

社会人になると“冠婚葬祭”での正しい振る舞いは、把握しておきたい。ですが、突然やってくる葬式は、「どんな服装でネクタイはどうすればいいのか」と分からなくなる方も多いようです。特に、葬式でのネクタイは、選ぶモノによって目立ってしまうため注意が必要になります。

そこで今回は、突然の葬式でも慌てない!『葬式ネクタイマナー・選び方』『葬式ネクタイの結び方』『ネクタイピン・小物の合わせ方』について見ていきながら、葬式でのネクタイの選び方・結び方についてご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  葬式ネクタイマナー・服装の選び方!
2.  葬式ネクタイの結び方
3.  ネクタイピン・小物の有無
4.  喪服とブラック(ビジネス)スーツの違い

 

葬式ネクタイマナー・服装の選び方!

<葬式での一般的なマナー>
ビジネスマナーがあるように、葬式の場にも服装の礼儀があります。まずは、一般的な葬式でのマナーについて知っておきましょう。葬式に参列する服装は“ブラックフォーマル”のスーツに、白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下・靴、というのが基本的なスタイルになります。

▲(左)喪服の着こなし(右)ビジネススーツの着こなし▲

<葬式でのネクタイ色柄の選び方・NG>

葬式でのネクタイは、光沢のない黒無地のネクタイを選ぶのが良いでしょう。また、白いワイシャツの襟型は、レギュラー・ワイドのシンプルなデザインがおすすめです。黒無地のネクタイは、1本揃えておくと便利です。

▲(右上)レギュラータイプの襟 (右下)ワイドタイプの襟▲

場の雰囲気や、遺族や親族に失礼にならないように、ストライプ柄・織柄・刺繍等が入っているモノは避ける。急遽、お仕事終わりに参列する場合でも、コンビニに寄り揃えることがスマートです。※葬儀場近くや、オフィス街・駅ナカのコンビニには置いてある場合がほとんどです。

 

葬式ネクタイの結び方

ネクタイの結び方にはいくつか種類がありますが、葬式でのネクタイは、最も一般的な“①プレーンノット”で、結び目を小さく全体をスッキリと見せると良いでしょう。結び目が、逆三角形になる“②ウィンザーノット”。この2つは、ビジネススーツと合わせるネクタイの中でもよく使用される結び方になります。

▲(画像上) 左:①プレーンノット 右:②ウィンザーノット
(画像下)ウィンザーノットの結び方▲

1つ注意したいのが「ディンプル(※1)」をつくらないこと。葬式でのネクタイには必要がありません

※1 ディンプルとは・・・ネクタイを結ぶ時にできる“結び目下のくぼみ”。あるとネクタイが引き締まり格好よく見えます。立体的に華やかに見せたい時に作ることが多い。葬式の場には、合わない。

 

ネクタイピン・小物の有無

ネクタイの装飾品としてあるのが“タイピン”。ジャケットを脱いだ時に、ネクタイがブラブラしないように固定させるアイテムで、お洒落のアクセントしてつける方も多いです。基本的に葬儀では、【マナーを守りながらお洒落をしない服装】が大切です。ネクタイピンは、光ものアイテムとして考えられ、葬儀では外すようにしましょう。

その他、カフスやチーフなども外しておきましょう。靴のデザインは、黒のプレーントゥやストレートチップが一般的となります。エナメルなど光沢があるモノは、NGとなります。葬儀の小物は、数珠・黒か白のハンカチ・香典袋(ふくさ)を用意しておくと良いでしょう。

 

喪服とブラック(ビジネス)スーツの違い

ここまで、葬式でのネクタイの選び方を見てきましたが、最後に、一般的なブラックスーツと喪服のブラックスーツとの違いを紹介。一番は、黒の強さ喪服の黒は、光沢・艶のない漆黒色。礼服として着用する黒よりも濃い色になります。その為、ビジネスで着用される一般的なブラックスーツは葬式ではNG、逆に式典などでは濃い色のブラックスーツはNGとなります。

▲左:喪服の黒 右:ビジネススーツの黒▲

▽▽▽その他、「礼服(喪服)とスーツの違い」について気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
礼服(喪服)とスーツの違いとは?種類・シーン別のマナーとネクタイの選び方

 

***
いかがでしたでしょうか?

スーツに欠かせないネクタイ。ビジネス・冠婚葬祭・葬式など、着用シーンによってマナーがあります。葬式のネクタイは、黒無地が基本です。まだ持っていない方は、この機会に、1本揃えておきたいアイテムになります。

 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事