東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

ビジネスシャツの選び方~襟型(デザイン)の種類を知ろう~

2017.01.15(最終更新日:2018.05.11) # お手入れ・豆知識

ビジネスシャツの選び方~襟型(デザイン)の種類を知ろう~

スーツスタイルにおいて重要なのはシャツ

スーツに欠かせないワイシャツ。気付くといつも同じ様なデザインになりがちですよね。また、せっかくスーツにはこだわっているけど、シャツは二の次なんて方も多いのではないでしょうか?

ストライプシャツスタイル
そこで今回は、スーツを選ぶときに一緒に揃えるアイテムとして重要なシャツの選び方を『シーン別で選ぶ、襟型デザイン』をご紹介していきます。実はスタイル全体の印象が変わってしまうほど、シャツの存在は大きいものなります。ぜひ、これからのシャツ選びの参考にしてみてください。

スタイル全体のイメージが変わる豊富なシャツの種類
 

これだけ抑えておきたい!襟の形を代表する5つのシャツ

シャツにおける襟の形の違いの多くは、襟の開きの大小や先端のデザインによって違いがあります。
例えばワイドカラーを例にすると、ブランドによっては同じワイドカラーでも「Gワイド」「Fワイド」「Kワイド」などと様々な種類があり、襟のデザインはかなりの種類になります。

なので、ここでは抑えておきたい、『代表的な襟の形を5つ』に絞ってみていきます。

代表的なビジネスシャツの襟5つの種類
▲こちらは「グローバルスタイル」オリジナルのシャツカラーを一例として挙げています▲
 

【1】レギュラーカラー

【シャツ襟の種類】レギュラーカラーデザインのシャツ
シャツの中でも、最も広く知られている襟の形が「レギュラーカラー」。長さや開きがスタンダードなデザインで時代によって変化をしています。レギュラーカラーは、TPOを問わず様々シチュエーションで使え、どんなジャケットやネクタイとも組み合わせれるスタイルです。

レギュラーカラーシャツと合わせたスーツスタイル
レギュラーカラーシャツと合わせたダブルスーツスタイル
 

【2】ワイドカラー

【シャツ襟の種類】ワイドカラーデザインのシャツ
レギュラーカラーと並んでスタンダードな襟の形が「ワイドカラー」。襟が程よくキレイに開いているので、首回りがスッキリして見えます。ビジネスシーンやカジュアルに着たい場合にもオススメのスタイルです。

ワイドカラーデザインのシャツと合わせたスーツ・ジャケットスタイル
ワイドカラーシャツと合わせたストライプ柄のスリーピーススーツスタイル
 

【3】ホリゾンタルカラー

【シャツ襟の種類】ホリゾンタルカラーデザインのシャツ
ホリゾンタルは、水平であるさまという意味の通り、シャツ襟の開きが最も大きな形が特徴的なのが「ホリゾンタルカラー」。太めのネクタイと相性がよくネクタイとの組み合わせ方のバリエーションが広がります。色柄によって、上品なスタイル、カジュアルなスタイルにも見せることができ、人気のあるスマートなスタイルを楽しめます。

ホリゾンタルカラーデザインの(クレリック)シャツと合わせたスリーピース・ダブルスーツスタイル
ホリゾンタルカラーシャツと合わせたストライプ柄のグレーのスリーピーススタイル
 

【4】ボタンダウンカラー

【シャツ襟の種類】ボタンダウンカラーデザインのシャツ
襟の先端部分をボタンで留めており、レギュラーカラーと同じ大きさの「ボタンダウン」。

襟立ちが良いので、ノーネクタイやクールビズによるノーネクタイスタイルにも合せられることから、1枚は持っておくと便利です。レギュラーカラーやワイドカラーに比べると襟の形が高くなるので、フォーマルな場面ではNGになります。イギリスのポロ競技の選手が着ていた形がモデルのため、スポーティーな印象を与えられるスタイルです。

ノーネクタイやクールビズにおすすめのボタンダウンカラーシャツスタイル
ボタンダウンカラーシャツと合わせたジャケパンスタイル
 

【5】ウィングカラー

【シャツ襟の種類】ウィングカラーデザインのシャツ
お祝いのシーンでよく見かける襟の形の定番として一般的なのが「ウィングカラー」。鳥の翼のように襟先が折り返され開いていることからウィングカラーと呼ばれています。蝶ネクタイやアスコットタイとの相性が抜群のため、フォーマルシーンにオススメのスタイルです。

フォーマルシーンにおすすめのウィングカラーシャツ
フォーマルシーンにおすすめのウィングカラーシャツスタイル

▼その他に、襟先を大きく丸く柔らかい印象を作り出す「ラウンドカラー」や、襟やカフスは白無地・身頃は色物や柄物で作られた「クレリック」など、
遊び心あるエレガントな襟の形が特徴のシャツもあります。

左:ラウンドカラーシャツ・右:クレリックシャツ
左:ラウンドカラーシャツ・右:クレリックシャツ
 

3つのシーンに合わせた襟の形を選ぶオススメシャツ!

先述で紹介したとおり、代表的な襟の形を簡単にご紹介してきましたが、ここでは、実際どんな時に着ると良いのかを『3つのシーン』で見ていきます。

【1】ビジネスシーンでネクタイと合わせる

ビジネスシーンで着る場合のオススメは、レギュラーカラーシャツ。真面目で誠実なイメージを与えることができます。ネクタイにあまり厳しくない所では、襟の開きが大きくネクタイとの相性が良い、ワイドカラーやホリゾンタルカラーのシャツがオススメです。

ビジネスシーンで着る場合のオススメは、レギュラーカラーシャツ
スーツスタイルには、スーツの印象を整える「Vゾーン」ジャケット×シャツ×ネクタイから成る、上半身のV字のゾーンがありますが、ネクタイの収まりが良い、シャツを選ぶとよりスーツ全体の雰囲気がよくなるので、こちらも覚えておくと良いでしょう。

ジャケット×シャツ×ネクタイから成る、上半身のV字のゾーン
 

【2】ノーネクタイで、クールビズやカジュアルシーンで着る

ノーネクタイで着る場合のオススメは、ボタンダウンカラーシャツ。シャツと襟先がボタンで留められているため、襟の形をキレイに保つことが出来ます。形の崩れが少ないので、クールビズスタイルでは爽やかな印象を作り、色柄のシャツでカジュアルにスタイルを作るのに最適なシャツになります。

ノーネクタイで着る場合のオススメは、ボタンダウンカラーシャツ
カジュアルなおボタンダウンスタイル
 

【3】フォーマルシーンで着る

結婚式やパーティーで着る場合のオススメは、ウィングカラーシャツ。主に、タキシードやモーニングスタイルに合わせて着るシャツとなります。蝶ネクタイやアスコットタイなどの小物も、ほとんどがこの襟の形との組み合わせです。

結婚式やパーティーで着る場合のオススメは、ウィングカラーシャツ。
 

襟の形はもちろん、自分の身体にフィットしたシャツは「オーダーシャツ」がおすすめ!

オーダーシャツは、既製品と違い、首への“締め付け”が無く、快適な立体的な襟元を実現できます。また、体型に合わせて腕回り、ウエスト回り、アームホールのフィット感を自由に変えられるので、スマートなシルエットで心地よい着心地をご体験いただけます。既成シャツでは味わえない、オーダーシャツを1枚持っておくと良いでしょう。

豊富な襟の形や色柄から選べるオーダーシャツ
襟の形のバリエーションやカフスデザインも幅広い形から選ぶことができます。また、色柄で個性を出したい方は、生地・素材からもこだわれるので、お気に入りのシャツとして毎日でも着たくなること間違いなしです。

豊富なシャツの種類
 

***
いかがでしたでしょうか?

今まで、シャツに対して興味がなかった方、着るシーンやシチュエーションに合わせたシャツに悩んでいた方、是非、これからのシャツ選びの参考にしてみてください。

ビジネスシャツの選び方~襟型(デザイン)の種類を知ろう~

▽▽▽今回ご紹介したデザインのシャツをはじめ、自分だけのこだわりを形にできるオーダースーツがおすすめです!詳しくはこちらでどうぞ。

まとめ買いでお得!オーダーシャツウィークリープラン5枚28,000円~

 ***

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”
そんな想いから、「ENJOY ORDER!!」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店の『Global Style-グローバルスタイル』。より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包みましょう。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

Tags: シャツ

おすすめの記事