東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

【2019年春夏トレンド】春夏のスーツはカラーの復活やリゾートテイストの台頭・ドレスシーンの変化の兆し!

(最終更新日:2019.04.12)2019.02.07 # スーツの着こなし術

2019年春夏スーツトレンドは・・・新しい流れとしてカラーの復活やリゾートテイストの台頭

ビジネスマンはもちろん、シーン別によって着る機会の多いスーツですが、着こなし方で、「清潔感」や「誠実さ」を出せます。そこに、トレンドを取り入れることで、オシャレな印象をプラスしてスーツスタイルに変化をつけることができます。

トレンドといっても、毎年のように変化し、テーマがあります。そこで今回は、2019年春夏のトレンド情報をみていきましょう。

▼2019年春夏トレンド傾向▼
『昨シーズンからの、アメリカンやアイビーなどのテイストは継続されながらも、新しい流れとしてカラーの復活やリゾートテイストの台頭など、変化の乏しかったドレスシーンにも変化の兆しが出てきている。』

では、スーツアイテムではどのようになるのか?

▼キーワードで見る5つの傾向がこちら▼
【1】COLOR(カラー)
ブラウンやテラコッタ、グリーン、ブルーやライトグレーなどのベースカラーに。アクセントカラーとしてイエロー、ピンク、オレンジ、パープルなどがトレンド。

【2】SUIT(スーツ)
スタイルの変化よりもカラーの打ち出しが多い。

【3】JACKET(ジャケット)
リゾート感あふれるストライプ柄のジャケットがトレンド。

【4】PANTS(パンツ)
タック入りパンツの打ち出しが更に増えて、ウエストゴムのショーリングタイプも増えている。カラーパンツの復活がトレンド。

【5】SHIRT&TIE(シャツ&ネクタイ)
シャツは、オープンカラー・ワンピースカラーなどの打ち出しが増えている。ネクタイは、ヴィンテージタッチのプリント柄やアメリカンなレジメンタイなどがトレンド。

いかがでしょうか?
「アメリカンやアイビー」のテイストは継続されながら、カラーの復活やリゾートテイストなどを軸に、ドレスシーンにも変化の兆しが春夏のトレンド傾向といえます。

そこで、ここからは先述にある<2019年春夏トレンドの傾向>を、6つのアイテム毎にご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  GENERAL TREND ~19年春夏一般的(全般)なトレンド~
2.  SUIT TREND ~19年春夏トレンド~
3.  COLOR TREND ~19年春夏6つのカラートレンド~
4.  19年春夏トレンド-JACKET(ジャケット)-
5.  19年春夏トレンド-PANTS(パンツ)-
6.  19年春夏トレンド-SHIRT&TIE(シャツ&ネクタイ)-

 

GENERAL TREND ~一般的(全般)な19年春夏トレンド~
SUIT COLOR・STYLING TREND

まずはじめに、2019年春夏トレンドのキーワードとなる『なぜ、ドレスシーンなのに、リゾートスタイルやバカンスなのか?』についてもう少し詳しく見ていきます。

春夏シーズンという事もあり、日本のクールビズを始めとした世界的な地球温暖化に対する対応や変化に乏しかったドレスシーンもカジュアル化の傾向が進み、ファッションをより楽しむ流れになっている。

(引用:https://strasburgo.co.jp/)

スーツスタイルも今までの様なイタリアやイギリス、アメリカなど、それぞれの国のトラディショナルのルールに縛られるのではなくイタリア×アメトラやドレステイスト×カジュアルテイストなど、それぞれのテイストをミックスしてオリジナリティを表現していくミックススタイルが主流になってきている。モノや様々な情報がたくさん溢れて流されがちな今だからこそ、個久が自分らしいスタイルをつくっていく時代に入ってきていると言えます。

(引用:http://tokyogents.main.jp/ https://www.sir.se/)

●トレンドテーマ・・・ブラウン系、グリーン系カラー、リゾートテイストなどが台頭

(引用:https://www.cinqueclassico.com/)

春夏シーズンは、“クールビズ”夏場の軽装となり、鮮やかなブルー系など涼し気な服装が多くなります。そこに今季は、ブラウン系やグリーン系など、木や土、植物などの自然物をイメージさせるアースカラー、ラフさの中にお洒落さを感じさせる“リゾートテイスト”がトレンドとなります。

(引用:https://www.cinqueclassico.com/ https://www.lubiam.it/)
 

【1】SUIT TREND ~スーツトレンド~

●トレンドテーマ・トータル・・・ブラウン系、グリーン系、ブルー系、ライトグレー系スタイリングが目立つ

トータルなスタイリングでは、シャツやネクタイをシンプルに。カラーや柄の組み合わせで魅せるスタイルがお洒落です。春夏を思わせる“白シャツ×ノーネクタイ”“ジャケット×白パンツ”など、ジャケットのカラーを軸にした装いはワンランク上のセンスを感じさせます。

(引用:http://www.mikadopersonalstyling.com/ http://mensfashionpost.com/ http://www.theflorentine.net/)

●トレンドテーマ・着こなし・・・アメトラ×イタリアのミックススタイリングが旬

昨シーズンから続くアメリカルーツのアイビーテイストと、アメトラ×イタリアのミックス感。金ボタン使いブレザーなどに、チノパンツを合わせ“アメリカトラディショナル”な装いに注目。また、それだけに縛れれることなく、イタリア男のセクシーさ、色気のあるスタイリングがトレンド

(引用:https://www.beams.co.jp/ https://www.beams.co.jp/)

また、オープンカラー・リゾートタッチなスタイリングが目立つのもトレンドの象徴となります。オープンカラーとは、胸元が開いた襟の総称。開襟シャツとも呼ばれます。スーツやジャケットにオープンカラーシャツを合わせるスタイリングは、1980年代から1990年初めのバブル時代に流行。流行に左右されない自由な組み合わせもトレンドを楽しむ大切な要素です。

(引用:https://info.cinqueclassico.com/ https://ameblo.jp/ https://www.pinterest.jp/)

▼-Global Style- STYLING(スタイリング)トレンドイメージスタイル▼

ブラウンスーツに青シャツで春夏らしい涼し気にスタイル、チェック柄でカジュアルに。都会的な雰囲気から少し引いたラフさのあるスタイルがおすすめ。ジャケパンスタイルは、白パンツでリゾートテイストに。白シャツ×ノーネクタイ×ブラウンで、シンプルな着こなしも良いでしょう。

 

【2】COLOR TREND ~6つのカラートレンド~

カラーの復活が1つのトレンドとなり、色鮮やかなカラースタイリングに注目が集まっています。どのスタイルも、カラーだけではなく、カジュアルさ・リゾート・バカンスなどトレンド要素が見受けられます。


① 昨年に続きブラウン系

自然でナチュラルなブラウンは、ジャケット・ベスト・ネクタイと、どんなアイテムに取り入れても、存在感のあるスタイルを楽しめます。オープンカラーのシャツと爽やかに決めるのも良いでしょう。チェック柄のジャケットは、クラシカルな装いにもピッタリです。

(引用:https://info.cinqueclassico.com/ https://ameblo.jp/beams-class/)

② テラコッタ系やオレンジに近いブラウン系

渋さの中にヴィンテージ感のある独特な雰囲気を持ったテラコッタ(土を焼いた状態を示す)は、カラーの濃淡によって表情が変わります。ダブルスタイルでカラーを前面に出すのもお洒落です。柄いらずのトレンドスタイルです。

(引用:https://www.mens-ex.jp/ https://precious.jp/)

③ グリーン系

カジュアルファッションのアウター系に多いグリーン。濃いカラーや爽やかなブルーの色合いと相性がよくまとまります。パンツとの色合わせにメリハリをつけ、足元からもセンスの良さをアピール。ブラウンやネイビーとは違う、こなれ感を出せるカラーです。

(引用:http://tokyogents.main.jp/ https://www.sir.se/ http://v-olta.com/)

④ 明るめのネイビーやブルー系

誰もが一度は来たことのあるネイビー・ブルー系。明るめのネイビーは、洗練された大人スタイルに。少し濃いブルーのジャケットに、白パンツを合わせトレンドのリゾートテイストを楽しむのも良いでしょう。ネイビーやブルーは、カラーバリエーションが多く、ワントーンで統一するお洒落も人気があります。

(引用:https://www.beams.co.jp/ http://v-olta.com/ https://www.gqitalia.it/)

⑤ ライトグレー×ホワイト

落ち着いた雰囲気を醸し出すライトグレーに、カラーの良さを引き出すホワイトがトレンド。ドレスシーンに使用されるホワイトが、ライトグレーと交じり合うことで、リゾートテイストに。グレンチェック柄で、クラシカルさをプラスすると、よりセンスのある雰囲気になります。

(引用:https://www.mens-ex.jp/ https://www.beams.co.jp/)

⑥ イエロー、オレンジ、ピンク、パープルなどがアクセントカラー

イエローやオレンジといったビビットカラーは、お洒落のアクセントとして。ピンクやパープルのスーツスタイルで個性的に、春夏らしさを一目見て感じさせる装いもたまには良いかもしれませんね。

(引用:https://www.sir.se/ http://www.theflorentine.net/ https://ameblo.jp/beams-class/)

▼-Global Style- COLOR(カラー)トレンドイメージスタイル▼

ビジネスシーンにも着用できる、ネイビー・ブラウン・ベージュのスーツがおすすめ。スタイリッシュな印象になるストライプ柄は、1着揃えておきたい。カジュアルなジャケットに多い「アウトポケット」で、ディテールに変化をつけることで、今までとは違ったスタイルを楽しめます。

 

【3】JACKET(ジャケット) トレンドスタイル

●トレンドテーマ・・・リゾートタッチのストライプ柄のジャケットがトレンド

スーツの柄に欠かせないストライプ柄は、スタイリッシュさが人気です。トレンドは、やや幅広のラインに、リゾートタッチの色が入ったストライプ柄がトレンド。ジャケット1着でトレンドを楽しみたい方におすすめ。また、ブラウンやテラコッタなどトレンドカラーとの組み合わせもはずせません。

(引用:https://ameblo.jp/beams-class/)

また、リネンやリネン混なナチュラル系ジャケット、アメリカンテイストの影響を受けシアサッカーがトレンド。軽やかな着用感と清涼感のあるリネンのジャケットは、ナチュラルなベージュやアイボリーがおすすめ。最近流行りのジャージージャケットにも使用される“シアサッカー”は、独特な凹凸感と、爽やかな雰囲気がありトレンドの一つとして注目されています。

(引用:https://togetter.com/ https://www.beams.co.jp/)

▼-Global Style- JACKET(ジャケット)トレンドイメージスタイル▼

「リゾート」「バカンス」など、全体的に明るい雰囲気を連想させるようなカラースタイリングを軸に楽しむ。ライン幅の広いストライプ柄や、春夏になると必ず注目される“シアサッカー”でナチュラルにまとめるのも良いでしょう。ホワイト×ブルーは、はずさないトレンドカラーとしてあります。

 

【4】PANTS(パンツ) トレンドスタイル

●トレンドテーマ・・・シルエットに大きな変化はないがカラーパンツやイージーパンツがトレンド

春夏のパンツスタイルといえば、カジュアルシーンによく使用される“白パンツ”がありますが、スーツトレンドとなるカラーの復活に合わせてパンツのカラーも華やかに着飾るスタイリングがトレンド。ストライプ柄のジャケットと合わせた“ジャケパン”スタイルでお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。


◇イージーパンツ◇
イージーパンツとは、ウエスト部分が紐やゴムになり、締め付け感が少なくゆったりと着用できるパンツ。素材はコットンなど、穿き心地を良くする素材を使用していることが多くなります。また、イージーパンツの多くは、ベルトをする必要がなく、リラックス感のある装いになります。もちろん、ベルトを通して穿きこなすタイプもあります。

(引用:https://calsa.jp/ https://ameblo.jp/)
 

【5】SHIRT&TIE(シャツ&ネクタイ)トレンドスタイル

●SHIRT-シャツ-トレンドテーマ・・・シャツは、オープンカラーやワンピースカラー、カラーシャツ・プリントシャツなどがトレンド

<オープンカラー>
胸元が開いた襟の総称。開襟シャツとも呼ばれる。首回りの締め付けがなく風通しがよいので、リゾート地や温かい地域で着られることが多い。スーツやジャケットにオープンカラーシャツを合わせるスタイリングは1980年代から1990年初めのバブル時代に流行をしていた。

(引用:https://www.mens-ex.jp/ https://www.cinqueclassico.com/)

<ワンピースカラー>

ドレスシャツにはある台衿がないシャツのこと。イタリアンカラーとも呼ばれている。台衿が無い為、身頃から襟へと続いているので襟が軽く開き涼しげな襟元を演出できるのが特徴。

(引用:https://www.mens-ex.jp/)

▼-Global Style- シャツモデルトレンドイメージスタイル▼
オープンカラーやワンピースカラーのカジュアルなエッセンスとドレスシャツのエッセンスを取り入れているグローバルスタイルのシャツが「オープンワイド」や「オープンカラーボタンダウンシャツ」になります。特徴は台衿が付いてドレッシーさはあるけど、衿も軽く開くのでビジネスでも着れるキレイめなカジュアル感があるのがポイントです。

▲第一ボタンがなく胸元が開いているのでノーネクタイにもおすすめ▲

*****

春にオススメのオックスフォードシャツ
通気性の良いオックス生地は、ふっくらとした風合いがベタつく汗の広がりを抑えてくれます。春はシャツの上に羽織ったり、ジャケットのインナーとして、1枚持っているだけで着こなしの幅が広がります。また、夏のクールビズシーズンにもオススメ。スッキリと上品にまとめるオックスフォード生地で首元にこだわった着こなし方も良いかもしれません。

●TIE-ネクタイ-トレンドテーマ・・・ネクタイは、アメリカンを感じさせるレジメンタイやドット柄が旬となり、ヴィンテージをテーマにしたペーズリーなどのプリント柄がトレンド

(引用:https://ameblo.jp/beams-class/ https://info.cinqueclassico.com/)

スーツカラーや着用シーンに合わせて、トレンドとなるアクセントをきかしたネクタイを選んでみてはいかがでしょうか。

**

いかがでしたでしょうか?

春夏は、スーツとしては短い期間となってしまいますが、トレンド要素をどれか一つ取り入れるだけで、ワンランク上のスタイルになります。今季は、特にカラーの縛りがなく自由なスタイリング、「リゾートテイスト」「ドレスシーン」など分かりやすいキーワードが出てきています。是非、参考にしてみてください。

 

2019年春夏スーツのトレンドをアイテム別でおさらい

▼キーワードで見る5つの傾向がこちら▼
【1】COLOR(カラー)
ブラウンやテラコッタ、グリーン、ブルーやライトグレーなどのベースカラーに。アクセントカラーとしてイエロー、ピンク、オレンジ、パープルなどがトレンド。

【2】SUIT(スーツ)
スタイルの変化よりもカラーの打ち出しが多い。

【3】JACKET(ジャケット)
リゾート感あふれるストライプ柄のジャケットがトレンド。

【4】PANTS(パンツ)
タック入りパンツの打ち出しが更に増えて、ウエストゴムのショーリングタイプも増えている。カラーパンツの復活がトレンド。

【5】SHIRT&TIE(シャツ&ネクタイ)
シャツは、オープンカラー・ワンピースカラーなどの打ち出しが増えている。ネクタイは、ヴィンテージタッチのプリント柄やアメリカンなレジメンタイなどがトレンド。

今年の春夏、スーツを新調する際は、今回ご紹介した春夏のトレンドを取り入れてみてはいかがでしょうか?

▽▽▽選べる色柄が豊富なオーダースーツ。トレンドスーツを、イタリア・イギリスの生地で作れるフェア開催中!★★★

19年秋モノ新作生地入荷!イタリア・イギリスのオーダースーツが2着78,000円〜

期間限定開催中! 19年秋モノ新作生地入荷!
▶インポート生地のオーダースーツ2着78,000円~

 

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

Global Style 公式サイト
店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)
⇒ 本日から2日後よりご予約可能!「ご来店予約」はこちら
【要予約】プライベートフィッティングルーム

 

Global Style (グローバルスタイル)とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから、「ENJOY ORDER! ~全ての人にオーダースーツを楽しんでいただく~」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包んでほしい。

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

Global Style 公式サイト
店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

おすすめの記事