東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの生地ブランド紹介

ツイード生地とは? 『ハリス・ツイード(HARRIS TWEED)』の着こなし方

(最終更新日:2020.11.19)2020.11.19 # スーツの生地ブランド紹介

冬の素材について

オシャレにおいて “季節感のある装い” はワンランク上のスタイルとして欠かせません。中でも『ツイード』や『フランネル』などの冬の素材は「高級感」「気品」「大人の落ち着き」といった印象にも繋がります。この印象は、イギリス・イタリアのスタイルの特徴によっても変わります。

そこで今回は、世界中に知られる『HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-』に注目!『ツイードとは』『HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-の魅力』『HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-のおすすめ生地や色柄』『ツイードのジャケットスタイル』について見ていきながら、ツイードの魅力についてご紹介していきます。最後には、もう一つ冬の素材で知っておきたい“フランネル”についても触れていきます。お時間のある方はそちらも参考にしてみてください。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  まずはじめに『ツイード』とは?
2.  世界中に知られる-HARRIS TWEED -ハリス・ツイード
3.  -ハリス・ツイード-のおすすめ生地
4.  -ハリス・ツイード-のおすすめ色柄3選!
5.  -ハリス・ツイード-ジャケットのコーディネート
6.  Global Style のオススメ!ツイードジャケットブランド

 

まずはじめに『ツイード』とは?

ツイードは、イギリスやスコットランドが発祥。太く短い羊の毛を使用した「紡毛糸」を用いて織られ、表面は粗っぽい毛織物のこと。紡毛糸とは、繊維があちこち向いた感じになりツヤは出ないが中に空気がたくさん入り軽くて暖かい糸になります。ツイードは暖かく防寒性が高いことから、秋冬の素材として代表的な存在。高級感のある冬用のコートやジャケット地として人気があります。


<ツイード生地の特徴>
一番の特徴は、羊毛を使用しているため、保温性が高いのが特徴。また、基本的に生地は分厚く、耐久性もあります。生地の表面は、同じ秋冬素材の「フランネル」のような毛羽立っている生地とは違い、起毛を行わないため、織り目がよく見えるのが特徴です。

ツイード生地のスーツ・ジャケット

<ツイード生地のバリエーション>
ツイード生地は、糸を先染めにし、カラーを何色も使うことで細かい色柄に仕上がります。その中でも、代表的なのが『ヘリンボーン』。ニシンの骨という意味があり、魚の骨や杉の葉のような模様になっています。ウィンドウペンやチェックなども色柄も様々なものがあります。

ツイード生地のバリエーション
※写真(左上)ヘリンボーンの生地
***
ツイード発祥の地「英国」で生まれた自転車とツイードのイベント『ツイードラン』が日本で開催されるなど、より身近な存在として親しまれています。

ツイードラン
(引用:https://www.fashion-press.net/)

今回ご紹介する『HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-』は、ツイードブランドの1つになります。そこでここからは、ハリス・ツイードの魅力についてご紹介していきます。

 

美しい生地として世界中に知られる『HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-』

100年間守られ続けてきた伝統
『HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-』
世界でも唯一の国会の制定法で保護されている生地ブランド

<HARRIS TWEED>-ハリス・ツイード- とは?
ハリス・ツイードとは、イギリスのスコットランドにあるハリス島で作られるツイードです。1906年、ストーノウェイ(Stornoway)の会議で決められた紡績機械を使って作られたツイードを本物のハリスツイードとし、検査にパスした商品は本物の証明としてマークをつけることで合意したことで、統一性と生地のブランド化に成功しました。数あるツイードの中でももっとも品質がよく、丈夫かつ発色の美しい生地として世界中に知られています。スコットランドの北西に位置するアウターヘイブリディーズ諸島のハリス地方で伝統ある職人の手によって織られるものだけを特にハリスツイードと呼び、厳しい品質基準をクリアした生地には、1909年設立の英国ハリス・ツイード協会(ロンドン)より、英国王室からの使用が許可された宝珠の入ったマークがつけられます。

ハリス・ツイード生地のスリーピース
ハリスツイードは世界でも唯一の国会の制定法で保護されている生地です。その目的は生地自体の保護と生地を作る文化の保護という二つになります。100%子羊の新毛だけを島民の家で紡がれたものだけが対象になる、その羊もスコットランドのある特定の場所で飼育された羊たちで有機栽培の草を飼料としている羊のみ。またウールの選別も手作業で行う、など細かく規定されています。機械化したものでない所が最近の自然志向とも相まって多くのデザイナーなどに高く評価されています。

ハリス・ツイード生地の生誕100周年記念ラベル
ハリスツイードは、生誕100周年記念としてシリアルNo入りの“Centenary Label”が付けられました
ハリス・ツイード生地の色柄
 

HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-のおすすめ生地

ハリスツイードの生地の特徴の1つは素材が固くゴワゴワしていることにあります。その独特なゴワゴワ感や手織りの雰囲気がノスタルジックな味わいが魅力的です。また、弱撥水性と強い耐久性があり、メンテナンスを行うことで20年程は普通に着る事が出来ます。

ハリス・ツイード生地

凹凸感のあるざっくりとした生地は、杉綾や格子柄などの古典的な柄が多く、独特の風合いと色味があり、防寒性はカシミヤにも負けないほどの暖かさがあります。オーソドックスな色柄のハリスツイードであれば、スーツ地を選ばず、カジュアルでもその肉厚な暖かさは秋冬の時期のアウターとしても最適です。

 

HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-のおすすめ色柄3選!

▼定番の「ヘリンボーン」
ツイード生地の定番といえば「ヘリンボーン」(ニシンの骨を思わせるような山形と逆山形が入り混じった模様)。柔らかな風合い、ちょっとした高級感があり、大人の渋い魅力を引き出してくれます。上品な英国紳士のようなスタイルにもオススメの柄になります。

 

▼カジュアルな「チェック柄」
先程のへリンボーンはダークトーン系が多く、少し渋さが強い印象になります。そこで、カジュアルな雰囲気を楽しみたい人にオススメなのが「チェック柄」、独特な素材感が他の生地とは違った表情になり、ライン1つ1つの柄も立体的でオシャレさが際立ちます。

 

▼季節感を楽しむ
耐久性の強さや暖かな風合いを楽しめるツイード生地は、ジャケットやコートにオススメです。色柄が豊富なので、人と差をつけたい方やプライベートで着たい方へも良いでしょう。

色柄豊富なツイード生地
 

HARRIS TWEED -ハリス・ツイード-ジャケットのコーディネート

▼あたたかみ・素材感の強いハリスツイード。細やかなチェック柄がオシャレなジャケットスタイル。脇ポケットはアウトではなくフラップ付きにしています。ヘリンボーンとラインの組み合わせが絶妙な柄モノもツイードならではの楽しみ方。

▼ハリスツイードは、ベストスタイルもオススメ。シングルベストは色んな所で目にするので、ベストの形もダブルでスタイリッシュに。

ハリス・ツイード生地のベスト
▼伝統的にしっかりとしたイギリス生地を、さらに重厚感のある柄モノで楽しむ。バスケットボタンでカジュアルな装いを活かし、やんわりとした雰囲気も残したスタイル。

重厚感のあるハリス・ツイード生地
▼存在感のあるブラックウォッチのジャケット、同じ柄のボウタイと合わせて遊び心を。

ハリス・ツイードのブラックウォッチのジャケット
 

Global Style のオススメ!ツイードジャケットブランド

<MOON-ムーンのジャケットスタイル>
837年設立のMOON社は英国を代表する歴史のある生地ブランドです。ファッション性の高い織柄と絶妙な色合いを醸し出す糸使いで、世界中のファンを唸らせる生地を毎シーズン提供。

時代の流れと共に、現代的でスマートなチェック柄のデザインは今期注目のラインナップです。合わせるパンツは、シンプルな無地モノで存在感のあるジャケットを全面にアピールしていきましょう。ベストをはさみネクタイをするとフォーマルな装いにも変化。


<FOX BROTHERS-フォックスのジャケットスタイル>
2世紀以上に亘り、Fox Brothersは英国サマセット州ウェリントンで紡毛・梳毛地を生産。伝統的な製造過程とアートデザインの技術を結び付け、最高級の紡毛・梳毛地を世界に向けて創り出しております。

英国伝統の“グレンチェック”で、ツイードデザインを楽しむ。カジュアルな装いに合わせ“ラウンドカラー”の白シャツや“ニットタイ”でアイテム1つ1つにこだわりを感じられるスタイルです。

 

冬の素材で知っておきたい『フランネル』

ツイードは、主にジャケットにオススメのスタイルになります。最後に、冬素材をスーツでも楽しみたい方にオススメの『フランネル』についてご紹介。


<フランネルとは>

フランネル素材は、ウールを起毛加工させた、柔らかくて暖かな毛織物のことを指します。平織り、または綾織りのウール生地を縮絨(シュクジュウ)して起毛加工する「フランネル」は、別名「フラノ」とも呼ばれ、暖かく柔らかい肌触りが特徴です。最近では、キメの細かさや軽い着心地を楽しめる“ライトフランネル”なモノも増えています。

最近では、キメの細かさや軽い着心地を楽しめる“ライトフランネル”なモノも増えています。スーツにした時の着心地の良さはもちろん、秋冬らしい季節感が溢れる着こなしに仕上がります。

 

▽▽▽素材の違い梳毛やの紡毛について詳しく知りたい方はこちら

■ 関連ページ:
スーツ生地の素材・種類~初心者でも安心の選び方とは?~

 

Global Style のオススメ!フランネルスーツスタイル

フランネルで仕立てたいスーツの定番色は、ネイビー・グレー・チャコールグレーがオススメ。柄は無地でシンプルにまとめるとフランネルならではの起毛感がオシャレに決まります。柄モノで欲しい方は、クラシカルな雰囲気となるチェック柄がオススメです。

<カノニコのスーツスタイル>
フランネルスーツで1着持っておきたいネイビースリーピーススーツ。ベスト付なので、ジャケットを脱いでもオシャレな雰囲気を残しながらフランネルの良さを堪能できます。程よい艶感があると上品な印象にもなります。


<テーラー&ロッジのスーツスタイル>

シンプルなグレーカラーのフランネルスーツ。素材感をおさえられたライトフランネルで優しい雰囲気のある装い。ネクタイやチーフを無地で揃え、ポップなチェック柄のシャツでセンスよくまとまています。


<グアベロ(左)-ロロピアーナ(右)のスーツスタイル>
季節感のあるキャメルやラインの色味に特徴があるチェック柄など、他の人と差を付けたい方にオススメスタイルです。


**

いかがでしたでしょうか?

冬の素材を代表する「ツイード」「フランネル」。ハリス・ツイード生地は、ハリス&ルイス島の島民たちが自分の家の織機で、生地を織るホームスパン。職人1人1人の思いがあるからこそ生まれる、伝統と高い品質を守り続ける美しい生地でオシャレの幅を広げてみてはいかがでしょうか?

 
 
▽▽▽冬の素材を堪能したい方は是非スーツやジャケットのオーダーでどうぞ。

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

 


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌・仙台)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ オンラインオーダーサービスへ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌)

人気の記事