東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

お洒落なビジネスシューズ(革靴)の種類と選び方 | 人気ブランドのオススメアイテムを紹介!

(最終更新日:2019.12.06)2017.02.10 # お手入れ・豆知識

ビジネスシューズ(革靴)の種類

ビジネスシューズについて~オシャレは足元から!この言葉は本当です!!~

よくファッション雑誌やサイトなどで、「オシャレは足元から」といった言葉があるように、
服装はカッコ良くても似合ってない靴を履いていたり、または汚れていると印象が悪くなってしまいます。

足元は、身に付ける小物・アクセサリーと一緒で、性格や生活習慣が出やすい部分。ビジネスシューズ(革靴)も、場合によってその人柄を判断する材料のひとつとして重要視されてしまうことも…また、ビジネスだけではなく、冠婚葬祭・就活など履く機会は多くあります。

ビジネスシューズ(革靴)の種類

そこで今回は、普段多くの人が着用するスーツにフォーカスした、ビジネスシューズの基本から、「ビジネスシューズの種類」「シーン別での選び方」をご紹介していきます。

よりオシャレを楽しみたい方に向けた「オーダーシューズ」についても触れていますので、どんな靴を履いていけばいいのか迷ったことのある方、これから、新しいシューズをご検討している方は、是非、参考にしてみてください。

お洒落なシューズスタイル
 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  ビジネスシューズの基本とは?
2.  「内羽根」と「外羽根」2つの違い
3.  ビジネスシューズ4つのデザイン
3.  ビジネスシューズのサイズの選び方
4.  3つのシーン別でみるシューズ選び
5.  オーダーでつくるビジネスシューズ
6.  オーダーシューズコレクション

 

まず知っておきたい!ビジネスシューズ・革靴の基本とは?

一般的にビジネスシューズとは、スーツに合わせる革靴のことになります。カラーは、「ブラック」「ブラウン」が定番です。あると困らないのがブラックのシューズ。ブラウンは、人気のネイビーやグレーのスーツとの相性が良く、オシャレの幅がグッと広がります。

ブラックとブラウンのビジネスシューズ(革靴)
形には、先が丸い「ラウンドトゥ」と先が長い「ロングノーズ」があります。長く愛用したい方はクラシカルなラウンドトゥ、色気のある形が好きな方はロングノーズがオススメです。また、紐については、ビジネスシューズの場合は紐付きを用意しておくとよいでしょう。ラウンドトゥはイギリスの革靴に、スクエアトゥはイタリアの革靴に多い傾向にあります。

ビジネスシューズの形
※(左)ラウンドトゥ(右)ロングノーズ 引用: http://shoes.bamboo-creation.jp/
 

ビジネスシューズ・革靴のマナーについて

冒頭でも少し触れたように、ビジネスシューズにはいくつかのマナーがあります。スーツにおける足元は、よく見られる場所としてマナーの良し悪しが出やすいので、しっかりと押さえておきましょう。

◇押さえておきたいマナー◇
・スーツの革靴は紐靴
・革靴の種類はストレートチップ・プレーントゥ
・革靴のカラーは黒・ダークブラウン・明るい茶色

ビジネスシューズのマナー/スーツの足元
ダークネイビー・グレーのスーツには黒の靴。ネイビー・グレーのスーツには、茶色。靴の色が決まると、ソックスは基本的に同色系で揃え、全体の統一感を出すようにするのが良いでしょう。スーツの足元は、スラックス(パンツ)の長さも重要になります。一般的には、靴を履いた時の裾がヒールの上から3~4㎝(標準の参考)。靴下の長さは、座った時に素肌は見えない長さにする。

ビジネスシューズのマナー/スーツの足元・靴下・長さ
▲スラックスのパンツがシワになってしまうのはNG▲
(引用:https://www.ny-onlinestore.com/)

スーツと同じように、「自分に合ったサイズ感」「清潔感」などは常にキープできるようにしていきましょう。TPOに合った靴選びも必要になりますが、まずは基本的なマナーを押さえた失敗のない靴を数足用意して置くことが大切です。

スーツの足元/清潔感
 

知っておきたい「内羽根」と「外羽根」の2つの違い

内羽根とは?
靴ひもを通す穴(羽根)が、甲より前に潜り込んでいる靴。羽根が開かないため紐の締め付け(調整)が、少しアバウトになってしまいますが、見た目が良く上品な印象になります。

ビジネスシューズ(革靴)の内羽根
※羽根が外側に開かない作り 引用: http://shoes.bamboo-creation.jp/

内羽根のシューズがオススメのシーンは、フォーマルシーンや、大切なビジネスの場によく選ばれます。締め付けの調整が難しいタイプではありますが、スッキリとエレガントな印象を醸し出し、落ち着いたスタイルに適しています。いわゆる、ドレスシューズ・フォーマルシューズによく使われているデザインです。

外羽根とは?
靴ひもを通す穴が、外で開いている靴。内羽根に比べ、着脱がラクなため、フィット感の調整が行いやすい特徴があります。

ビジネスシューズ(革靴)の外羽根
※羽根が外側に開く作り 引用: http://shoes.bamboo-creation.jp/

外羽根のシューズがオススメのシーンは、ビジネス・カジュアルなシーンの両方に適しています。内羽根よりもカジュアルな印象なりますが、一般的なシューズにもこちらのデザインが多く取り入れられています。疲れにくく、動きやすいので、毎日の通勤などアクティブなビジネスマンにオススメです。スポーティな靴の形状、ワークブーツやチャッカブーツなどによく使われているデザインです。

 

抑えておきたい!ベーシックなビジネスシューズ・革靴の4つのデザイン

【1】ストレートチップ

横一文字の切り替えがつま先に入っている靴。切り替えがあることで、つま先にシワが付きにくいため、綺麗な形状を保ってくれます。

ストレートチップのブラックシューズ

黒のストレートチップは「最もフォーマル」な形状で「クロスト」と呼ばれています。ビジネスシーンはもちろん、冠婚葬祭な場でも着用できる万能さがあり、一足は持っておきたい靴になります。

ビジネスシーン、冠婚葬祭な場でも着用できるシューズ
※紐付きの革靴の中でもフォーマル度が高い、メダリオン仕様(切り替え部分に穴飾り)

【2】プレーントゥ

つま先や甲に飾りがないシンプルな靴。際立ったデザインがないため、靴のフォルムや革の良し悪しが表れやすい特徴があります。

プレーントゥのブラウンシューズ

「プレーン」なデザインは、ストレートチップほどフォーマルさはないが、ビジネスシーンにおいてスタンダードなシューズです。全体の中の細かい部分や色にこだわれば、全く違った印象になるので、プライベートでも履ける靴になります。

スタンダードなビジネスシューズ(革靴)
 

【3】モンクストラップ

「モンク」とは、修道士の意味があり、修道士が履いていた靴を原型としたデザイン。バックル止めのストラップ(甲を締める)が印象的で、紐なしの中では唯一ビジネスシューズとして履ける靴です。

モンクストラップのブラックシューズ

プレーントゥよりも、少しカジュアルさが欲しい時にオススメです。2つのストラップがついた「ダブルモンク」と言ったデザインもあり、エレガントな雰囲気にピッタリです。

ダブルモンクのシューズ

【4】ウイングチップ

つま先の切り替えがW字型で、鳥の翼のようなデザインが縫い付けらている靴。

ウィングチップのブラックシューズ

メダリオンが多く施されたデザインが多く、クラシックな雰囲気を演出してくれます。カジュアルな印象も強いので、冠婚葬祭やリクルートには向きません。ジャケットスタイルとの相性がよく、オシャレな印象になります。

ウィングチップのブラウンシューズ
 

ビジネスシューズ(革靴)のサイズの選び方

スーツの選び方で、着心地が変わるように、自分にピッタリ合うビジネスシューズを選ぶことで、体力の消耗の仕方や、仕事の効率にも繋がってきます。ここでは、シューズを選びで知っておきたい事と、サイズ選びで押さえておきたいポイントについて見ていきます。

ビジネスシューズ(革靴)のサイズの選び方

<ビジネスシューズ選びで知っておきたいポイント>

① 足がむくむ時間帯のを把握 ※一般的に、足が最もむくむ時間帯の「夕方」に選ぶのが良い
② 革靴のサイズは、スニーカーよりも1.0㎝程小さめ ※あらかじめ捨て寸が設定されているため
③ 薄手の靴下を履いていく ※選びたい革靴のデザインによって変える
④ 着用シーン・TPOに合わせる

ビジネスシューズとスニーカー 靴下

<ビジネスシューズ:サイズ選びのポイント>

① 踵(かかと)をヒールに合わせてフィットさせる(アキレス腱が圧迫も確認)
② 爪先に余裕があるか(捨て寸)をチェックする
③ 靴の横幅と指の位置が合っているか(小指が面で当たっているのが良い)

ビジネスシューズ サイズ選び
④ 甲周りのフィット感をチェックする (※1 ワイズと呼ばれる表記がある)
⑤ くるぶしが履き口に当たっていないか
⑥ 土踏まずがフィットしているか
⑦ 羽根の開き具合をチェックする (サイズ調整ができる5㎜~10㎜が理想)

ビジネスシューズ サイズチェック
ビジネスシューズの選び方で重要なポイントは、幅のサイズを合わせること。一般的な幅のサイズ表記で多いのが「EE」と呼ばれるサイズ表記(※1)があります。幅を小さくしたい場合は「E」サイズ、幅を広くしたい場合は「EEE」サイズのものを選びましょう。

ビジネスシューズを選んで、サイズ感を確認した後は、歩いて最終確認を必ず行うようにしましょう。

 

3つのシーン別で見る、おすすめのシューズ・革靴選び

【ビジネスシーン】
おすすめのシューズデザイン:ストレートチップ・プレーントゥ・モンクストラップ

毎日スーツを着る方は、種類や色の違う靴を用意しておくことで、スタイルや季節に合わせた着こなしを楽しむことができます。カジュアルな印象があるシューズは、一般的なシーンでは不向きになり、また、スウェード素材の靴なども避けておきましょう。

役職によっては、「モンクストラップ」のシューズでオシャレに着飾るのも良いでしょう。

人気のスーツカラーと合わせたブラックのビジネスシューズ
※左から:ストレートチップ⇒プレーントゥ⇒モンクストラップ

【リクルート】
おすすめのシューズデザイン:ストレートチップ(内羽根)・プレーン

就職活動や面接の時、以外と見られている足元。あまりラフな印象になりすぎない、紐靴を選ぶと良い。
ビジネススーツに合わせる場合は、ブラック・ブラウン共に問題はありませんが、リクルートスーツに合わせる場合は、ブラウンカラーの靴は避けておきましょう。

リクルートスーツにおすすめのブラックのビジネスシューズ
 

【結婚式・二次会(パーティー)】
おすすめのシューズデザイン:ストレートチップ(紐付き)・ウィングチップ

結婚式での基本はストレートチップを選ぶのが基本になります。メダリオンのようなデザインは避けておきましょう。マナーとして、親族の結婚式やスピーチを頼まれている時は、ブラックカラーのシューズがあると無難です。

二次会(パーティー)では、ブラウンカラーや、ウィングチップのシューズで華やかに、いつもと違った印象が良いでしょう。

結婚式・二次会(パーティー)におすすめのブラックビジネスシューズ

主に3つのシーンに分けてご紹介しましたが、万能さがあるのが「ストレートチップ」のシューズです。とりあえず、一足は持っておきたいシューズと言えます。

そこで、長く履きたい場合に覚えておきたいビジネスシューズのお手入れ方法を知ることで、より長く愛用することができます。

 

▽▽▽ビジネスシューズのお手入れ方法が気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
ビジネスシューズ(革靴)のお手入れ方法 -基礎-

 

オシャレを追及したい方にオススメ!オーダーでつくるビジネスシューズ・革靴で出来る事とは?

Made in Japan ブランドのグローバルスタイル ~オリジナルシューズブランド「GINZA647」~

オリジナルシューズブランド「GINZA647」
GINZA647シリーズとは?
インポートブランドシューズなどの生産を手掛ける、長い歴史を持つ秋田県シューメイカーで製造しております。長年受け継がれてきた職人技と最新の流行を融合させることにより、時代にマッチした完成度の高い靴作りを続ける日本屈指の工場です。

繊細で美しいラインと日本人の足にぴったり合った至極の履き心地は日本人の足をしりつくした職人達のハンドメイド仕上げならではの事です。

「パターンオーダーシューズ」の流れ

グローバルスタイルが提供する「パターンオーダーシューズ」は、お客様にあったサイズ・製法から、オーダーを楽しむことができます。

~オーダーの流れ~
サイズの確認 ⇒ モデル・製法セレクション ⇒ 革素材のセレクト ⇒ カラーリング ⇒ ソールのセレクト

 

オーダーシューズ・革靴の構造をつくる2つの製法!

【1】マッケイ製法
軽量さにこだわり、足元を上品に演出!

シンプルな構造上、ソールの返りが良く、どんな柔らかい革でも靴にできる製法です。履き込んでいくうちに足を包み込むような感覚はマッケイ製法ならではの特徴です。

ソールの返りが良いマッケイ製法

【2】グッドイヤー製法
履くほど足に馴染み、履き心地が良くなる!

マッケイ製法と比べると構造が複雑で、ガッチリとした重厚感のある靴になります。その分丈夫で、修理などのメンテナンスもしやすい点が特徴です。履き込んでいくと、自分の足により馴染んでゆくのが特徴で、ソールはりかえもできるので長く愛用してゆけます。

履き心地が良くなるグッドイヤー製法
 

オーダーシューズで選べる靴底の2種類

【1】レザーソール
ドレスカジュアルな雰囲気、革のみで作られたソール。通気性・弾力性が高く、反りが良いファッション性のある仕上がりになります。

【2】ゴムソール
実用性と見た目を兼ね備えたバランスの良いソール。耐久性に優れ、歩きやすさが特徴で長持ちする、外に出る機会の多いビジネスマンにオススメ。

sオーダーシューズで選べるレザーソールとゴムソール
 

-Global Style- 人気オーダービジネスシューズ・革靴コレクション

【1】ワンピースメダリオン
一枚革で作られたドレスシューズ。上品なデザインはビジネスシーンでも活躍。

ワンピースメダリオン/ブラウンのビジネスシューズ

【2】ウィングチップ(ラウンド)
クラシックな雰囲気を演出するシューズ。外羽根式なので、スーツにもジャケットにも合せられます。

ウィングチップ(ラウンド)/ベージュシューズ
 

【3】プレーントゥ
つま先に飾りのないシンプルなシューズ。ビジネスシーンでオールマイティに対応できます。

プレーントゥ/ブラック・ブラウンのビジネスシューズ
 

【4】ダブルモンクストラップ
オン・オフ共用で使用できるダブルモンクストラップ。スーツでもジャケットスタイルでも幅広くコーディネートができます。

ダブルモンクストラップ/シューズコーディネート

ダブルモンクストラップ(ラウンドトゥ)
スーツならタイドアップしたスタイルに。ジャケットスタイルならラフな着こなしに。オールマイティに使える、一足は持っておきたいデザインです。

ジャケットスタイルのシューズコーディネート
 

【5】紐タッセルスリッポン
ジャケットスタイル、カジュアルにもご使用いただけるモデル。ビットではなくあえて紐タッセルにしているので重すぎないライトな感覚。

紐タッセルスリッポン/カジュアルなシューズスタイル

【6】チャッカブーツ(ラウンドトゥ)
ジャケットスタイルやカジュアルスタイルなどのくずしたスタイルにとてもマッチします。ブーツ初心者にもスタイリングしやすいデザイン。

チャッカブーツ/カジュアルなシューズスタイル
 

***
いかがでしたでしょうか?

ビジネスシューズ(革靴)の種類
「オシャレは足元から」といった言葉があるように、まず、毎日スーツを着る方は、スタイルに合わせたビジネスシューズを履いていきましょう。また、種類によって違った印象を演出することもできるので、複数のバリエーションがあると尚良いでしょう。

意外と女性の方は、“靴は必ず見る”なんてデータもあるようです…これからは、シューズを軸にオシャレを考えることも良いかもしれませんね。

 

▼▼▼グローバルスタイルでつくる、オーダーシューズが気になる方はこちらもチェックしてみてください。

オリジナルシューズブランド「GINZA647」
グローバルスタイル オリジナルシューズブランド「GINZA647」
 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)
⇒ 本日から2日後よりご予約可能!「ご来店予約」はこちら
【要予約】プライベートフィッティングルーム

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事