東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

スーツ用ハンガーの選び方~型崩れを防ぐおすすめの使用法とは?~

2018.07.19(最終更新日:2018.09.05) # お手入れ・豆知識

スーツ用ハンガーの選び方~型崩れを防ぐおすすめの使用法とは?~

スーツ用ハンガーについて

ビジネスマンにとって欠かせないスーツ。3~4着は持っているという方が多いのではないでしょうか?毎日同じスーツを着ていると傷んでしまうため、スーツはローテーションで着まわすのが良いでしょう。そんな時、持っておきたいのが“スーツ用ハンガー”

スーツ用ハンガー
今や種類が豊富なハンガーは、用途に合わせて選ぶことがポイントになってきます。せっかくのお気に入りのスーツを、ハンガー1つで残念なシルエットになってしまうのは勿体ないですよね。

スーツ用ハンガーの選び方
そこで今回は、着用時、綺麗なスーツスタイルをキープ!『スーツ用ハンガーの選び方~2つのポイント~』『ハンガーの種類と素材』『持ち運びに便利なスーツ用ハンガー』について見ていきながら、スーツ用ハンガーの選び方をご紹介していきます。

ハンガーの種類と素材
 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  スーツ用ハンガーは型崩れに注意!
2.  スーツ用ハンガーの選び方~2つのポイント~
2-1.  【1】正しいサイズのハンガーを選ぶ
2-2.  【2】目的・用途に合わせて選ぶ
3.  ハンガーの種類と素材
4.  Global Style オリジナルハンガー

 

スーツ用ハンガーは型崩れに注意!

スーツには“シワ”はつきもので、日常生活の中だけでもシワを引き起こしてしまう動きはたくさんあります。さらに、自宅で用途・サイズの合っていないハンガーに掛けてしまうと型崩れの原因となります。

スーツ用ハンガーは型崩れに注意!
ハンガーのサイズが大きすぎると、前の打ち合わせが斜めになり、袖の部分が出っ張ります。短すぎると、肩の部分が出っ張ります。また、平らなハンガーは、後ろの部分が突っ張ってしまいます。

スーツ用ハンガーの大きさによって、部分によって出っ張る
薄いハンガーや、針金ハンガーにスーツを掛けると、襟元が崩れ、シワができやすくなります。高級ブランドのスーツはもちろん、しっかりと収納・保管して長持ちさせるようにしていきましょう。シルエットが綺麗なスーツを着ると気持ちもグッと引き締まりますよね。

薄いハンガーや、針金ハンガーはシワがつきやすい
 

スーツ用ハンガーの選び方~2つのポイント~
【1】正しいサイズのハンガーを選ぶ

<ハンガーサイズの測り方と目安>
① スーツのサイズを測る、肩の縫い目と肩の中央の縫い目が交わる部分にメジャーを当て、洋服の両肩の肩先まで直線距離で測ります。

② 直線距離から2~4㎝差し引いた長さが、ハンガーの肩幅サイズの目安となります。

スーツ用ハンガーの選び方~2つのポイント~ハンガーサイズの測り方と目安
スーツのジャケット用のハンガーには、様々なサイズがあります。ジャケットの肩幅を意識して選ぶのがポイントです。また、スーツのジャケットは、他の衣類と違い肩の部分が人体のラインを意識した形、肩の丸みに沿って仕立てられます。肩先の厚みは4㎝以上がおすすめです。

スーツのジャケット 肩の丸みに沿って仕立てる
 平均的なスーツハンガーの肩幅サイズは42~43cmですが、40~50cmまで選べるハンガーもあります。自分に合ったサイズを選びましょう。

 

【2】目的・用途に合わせて選ぶ

スーツ用ジャケットのハンガーが重要なように、シャツやスラックスも同じです。

<ワイシャツのハンガー>
ワイシャツもジャケットと同じように、シワや型崩れがあると清潔感が無くなってしまいます。最近では、“ノーアイロン”など機能性のあるワイシャツもありますが、アイロン後もハンガーにかけることがほとんどになります。

目的・用途に合わせて選ぶ:ワイシャツのハンガー
また、クリーニング後のハンガーをそのまま使い続ける方も多いかと…あくまで簡易的なモノになります。ワイシャツ用のハンガーは、ジャケットと同じように“肩先に厚み”のあるハンガーがおすすめです。襟の型崩れがなく、ワイシャツのショルダーラインも綺麗になります。

ジャケットと同じように“肩先に厚み”のあるハンガーがおすすめ

<スラックスのハンガー>
スーツのジャケットとは違い、1年を通して着ることが多いスラックスは、着用ジワがつきます。スーツと一緒にかけるタイプもありますが、なかなか取れないスラックスのシワには、スラックスを吊るし挟むタイプのハンガーがおすすめです。

スラックスのハンガー
(引用:http://www.nakatahanger-shop.com/)

シワがとれない場合は、シワ取りのスプレーや、温かいお湯を入れた霧吹きスプレーをシワ部分に吹き、風通しの良い場所に陰干しするとシワが伸びます。

スーツのシワ取りスプレー
(引用:http://guard.lion.co.jp/style/)
 

ハンガーの種類と素材

<木製のハンガー>
硬く均質で節も少ないブナの木は、最もハンガーに適した材料になります。特にスーツのジャケット用には、丈夫で型崩れしない木製ハンガーがおすすめです。自然な素材で温かみを感じさせる上品な雰囲気は、インテリアの1つとしても楽しむことができます。

ハンガーの種類と素材:木製のハンガー
(引用:http://www.nakatahanger-shop.com/)

<プラスチック製のハンガー>

木製のハンガーより軽量なモノが多く、水に強く丈夫なプラスチック製のハンガー。雨の日や湿気のある日に着たスーツ用に、プラスチック製を選ぶ方も。

ハンガーの種類と素材:プラスチック製のハンガー

******
持ち運びに便利なスーツ用ハンガーやバッグを使用!

出張時や冠婚葬祭時には、スーツの持ち運びに便利なスーツ用のガーメントバックを使用すると良いでしょう。ハンガー付きのモノが多くシワになりにくいのが特徴です。ガーメントバックにピッタリ、収納に便利なトラベル用ハンガーなどもおすすめです。

(引用:https://www.amazon.co.jp/)
 

-Global Style- オリジナルハンガー

スーツをより大切にご愛用いただけるよう、グローバルスタイル各店舗にて、Global Styleオリジナルハンガーの販売を行っています。是非、オーダースーツと一緒にいかがでしょうか?オーダースーツのグローバルスタイルだからこそのこだわり。オーダースーツを美しく保つ工夫を凝らした、オリジナルハンガーです。

持ち運びに便利なスーツ用ハンガーやバッグ
① Plastic Hanger・・・コストパフォーマンスに優れた、オリジナルのプラスティックハンガー。

② Luxury Wooden Hanger・・・天然素材の木の温もりが美しい、型崩れしにくい上質な木製ハンガー。

-Global Style- オリジナルハンガー
▲(左から)Luxury Wooden Hanger→Plastic Hanger▲
 

***
いかがでしたでしょうか?

スーツ用ハンガーの選び方~型崩れを防ぐおすすめの使用法とは?~
スーツ用のハンガーは、スーツのジャケットに特化したデザインとなり、スーツをより長く綺麗なシルエットを保つために必要不可欠なアイテムとなります。まずは、お気に入りのスーツに合ったハンガーを一つ用意してみましょう。

 

スーツをより大切に!Global Style~オリジナルハンガー~

Global Styleオリジナルハンガー

スーツをより大切にご愛用いただけるよう、グローバルスタイル各店舗にて、Global Styleオリジナルハンガーの販売を開始しました。スーツを状態良く保管するためには、肩巾の合った肩先に厚みのあるハンガーが最適です。是非、オーダースーツと一緒にお求めください。

 

***

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”
そんな想いから、「ENJOY ORDER!!」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店の『Global Style-グローバルスタイル』。より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包みましょう。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事