東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

スーツスタイルが決まるサスペンダー(ブレイシーズ)の魅力とお洒落なコーディネート

(最終更新日:2021.10.01)2021.02.12 # スーツの着こなし術

サスペンダー(ブレイシーズ)とは

“サスペンダー” に対してどのようなイメージをお持ちですか。「古臭い・ダサい」「そもそも身につけたことがないから分からない」という方も多いのではないでしょうか。最近では “クラシカル(英国)” の装いに欠かせないアイテムとして愛用している方が増えています。そこで今回は、イメージが変わる!『スーツ×サスペンダー~着用するメリット~』『スーツ×サスペンダー~オススメ着用シーン~』『サスペンダー4つの種類』について見ていきながら、サスペンダーの魅力とコーディネートをご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  スーツスタイルでサスペンダー(ブレイシーズ)を着用するメリット
2.  スーツ×サスペンダー ~オススメの着用スタイル~
3.  スーツスタイルにおけるサスペンダー ~4つの種類~
4.  スーツ×サスペンダーのオシャレコーディネート

 

スーツスタイルでサスペンダー(ブレイシーズ)を着用するメリット

●サスペンダー・・・パンツに取り付け、肩で吊り下げるもの。イギリスではブレイシーズと呼ばれる。

サスペンダーの役割は、パンツを固定させズレ落ちを防ぐことが出来るアイテムとなります。ですが、スーツに合わせるサスペンダーの役割にはいくつかのメリットがあります。


■メリット■

・パンツの裾口、クッションと呼ばれる生地のたるみを整える
・ウエストや股上の位置を正しい位置に補正

1つ注意しておきたいのが、このようなメリットを感じる為には「パンツのサイズが体型に合っていること」が前提となります。パンツのサイズ感がダボダボだったり、野暮ったい印象のパンツに合わせてもサスペンダーを付けるメリットにはなりません。スーツスタイルは、シルエットの良さはもちろん相手に与える印象が大切になります。

 

スーツ×サスペンダー ~オススメの着用スタイル~

上記でサスペンダーのメリットをお分かり頂いたところで、次に気になるのが着用シーン。基本的にフォーマルシーンに着用するアイテムとなり、スリーピースでの着こなしがオススメとなります。

<フォーマル・スリーピーススーツ>
サスペンダーは、スーツ発祥のイギリスのドレススタイルからはじまっています。イギリスのスーツの主流は “スリーピース” となり、サスペンダーはベストとシャツの間に使用。基本的には、見せない(隠す)アイテムとなります。

サスペンダーの有用的な面では、スーツ全体のシルエットを綺麗に見せる役割がある事。スリーピーススーツを着用時、ほとんどの場合がパンツにベルトを通して穿きます。その時に、ジャストフィットが良いとされているベストと合わせた時に、ベルトのシルエットが見え、サイドからなどのシルエットが格好良く見えない場合があります。ベルトレスのサスペンダーを着用することで解消され、スリーピーススーツの着こなしをより洗練されたモノにしてくれます。

とはいえ、現代では一年中 “スリーピース” を着るわけではありません。ビジネスシーンにおいては “シングル” のスーツが一般的に多く、その場合の着こなし方も覚えておきたい。先程も触れたように、サスペンダーは基本的には見せない(隠す)アイテムとなります。その為、ジャケットの隙間からさりげなく見える程度での着用が良いでしょう。

最近では、ジャケットを脱いでシャツ一枚にサスペンダー、オシャレのポイントとして取り入れる方も増えています。ただし着用するシーン・マナーに気をつけることが大切です。

 


<カジュアルシーン>

カジュアルな装いに合わせる場合は、比較的自由に選べ着用することが可能です。サスペンダーは、様々な色柄のモノがあり、ネクタイの色、シャツの色との組み合わせを楽しむことが出来ます。「オススメの色柄はコレ!」というモノが特にありませんが、フォーマルなシーンでは、黒や白を選ぶのが無難です。

かなり華やかな柄もあるので、お好きな柄を選び着用したい場合は、プライベートやイベント(結婚式の二次会)などでの使用をオススメします。

 

スーツスタイルにおけるサスペンダー ~4つの種類~

スーツスタイルにも色々あるように、サスペンダーにもいくつかの種類があります。ここでは、覚えておきたい “H型・X型・Y型・ショルダーホルスター型” 4つの種類を見ていきます。

 

▲留め方は「ボタン留め(左)」「クリップ留め(右)」▲

▼ H型(左)
ベルトの前2本、後2本で留めるタイプ。H型の特徴は背中部分の4つのパーツで可動させる仕組み。着用していても調整がしやすい、機能面を重視したデザイン。


▼ X型(右)

ベルトの前2本、後2本で留め背中で交差させたタイプ。X型の特徴は、左右でのバランスが良く安定性に優れています。フロント部分とバック部分にある金具を調整することで長さや締め具合を変えることができるデザイン。

(引用:https://item.rakuten.co.jp/excy/ https://item.rakuten.co.jp/nupudupu/)

———————
▼ Y型(左)
ベルトの前2本、後1本で留めるタイプ。Y型の特徴は、背中部分のラインが1本となる為、スッキリとした見た目になります。最も主流のタイプとなり、どんなシーンにも合わせやすいデザイン。脱着時も簡単なので1つは持っておきたいところ。


▼ ショルダーホルスター型(右)

今までの3つの種類と比べると見た目に特徴があり、体の横2本で留めるタイプ。“サイド吊り型” とも呼ばれる。肩からズレ落ちにくくクリップ留めなので着脱も簡単。デザイン重視で選びたい方にもオススメ。

(引用:https://item.rakuten.co.jp/nupudupu/ https://item.rakuten.co.jp/style-equal/)
 

スーツ×サスペンダーのオシャレコーディネート

サスペンダーのあるスタイルは、シャツの色との組み合わせ方で印象が変わります。ビジネスシーンなどでは、スーツやシャツよりも派手さをおさえた色のサスペンダーを組み合わせるとオシャレです。タイドアップ、ノーネクタイ時の見え方も意識すると良いでしょう。

 

カジュアルシーンなどでは、ワイシャツの色柄にもこだわれるので、少し色味の強いサスペンダーをチョイスして華やかな印象を与えるスタイルがオシャレです。

 

オーダーでのこだわり

さらにオシャレにスーツスタイルを着こなしたい方には、自分の体型に合わせたサイズ感や着用シーンに合わせて好きな色柄でつくることのできるオーダースーツが人気ですが、そんな時にオススメの仕様の1つが “サスペンダーボタン付き” 。サスペンダーをボタン留めするための仕様。シルエットはもちろん、ボタン留めのサスペンダーは外れにくくなり、パンツの生地を傷めることも少なくなります。

 

***
いかがでしたでしょうか?

スーツと組み合わせるアイテムの中でも、なかなか着用する機会の少ないサスペンダー。着こなしの幅を広げたい方や、サスペンダーに魅力を感じた方は、是非、試してみては。
 
 
▼▼▼パンツのシルエットにこだわり、サスペンダースタイルに挑戦したい方はスーツのオーダーで

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

 


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ オンラインオーダーサービスへ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台)

人気の記事