東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

スーツのサイズの測り方・選び方~自分のシルエットを知る方法とは?~

(最終更新日:2019.05.31)2019.05.31 # お手入れ・豆知識

スーツのサイズについて

スーツのサイズは、社会人になると特に敏感になるワードではないでしょうか。その背景には、スーツを通販で購入する方も増えてきており、“自分のサイズ”を把握しておきたい機会が多くなったことにあります。ですが、サイトによって測り方が違ったり、取り扱い生地(ブランド)によってサイズ感が違う為、「届いた商品のサイズが合わなかった…」という経験をしたことがある方も少なくないでしょう。

そこで今回は、自分のサイズを測り知ることで選び方をスムーズに!『自分のシルエット・サイズ感のイメージ』『スーツ(専門店)でのサイズの測り方とポイントを知る』について見ていきながら、スーツのサイズの測り方・選び方をご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  自分のシルエット・サイズ感のイメージ
2.  スーツ(専門店)でのサイズの測り方とポイントを知る
2-1.  【1】上半身のサイズポイント
2-2.  【2】下半身のサイズポイント
3.  -Global Style- オーダーの流れについて

 

自分のシルエット・サイズ感のイメージ

初めてスーツを買う方、2回目以降の購入する方でも、見た目の印象を左右するスーツは重要です。“自分のシルエット”を知ることで、事前に全体的なサイズ感のイメージがしやすくなります。日本では、日本工業規格(JIS)と呼ばれる、日本の工業製品に関する規格や測定法などが定められた国家規格があります。その中で、体型を区分する値があります。ファッション業界では、この数値を基準に各メーカーでサイズを決めています。

一般的なスーツのサイズ表(写真:下)「身長×ウエスト」の数字を、日本国内の「JIS規格サイズ」に当てはめることで、自分自身の「サイズ・シルエット」を知ることが出来ます。既製服のスーツのサイズタグにある“Y7・A4・AB5”といったアルファベットと数字の組み合わせの表記がそれにあたります。採寸のあるオーダースーツにはついていません。

(引用:http://www.fashionbiznavi.org/)
 

*****
自宅で出来るヌード寸法の測り方
身長や体重を含め、胸囲やウエストの寸法を測ることで、自分のシルエットの参考値が分かります。

<ヌード寸の測り方の手順>
① オーバーバスト ⇒胸の一番張っているところを上腕部分と一緒に測る
② バスト(胸囲) ⇒胸の一番張っているところを脇の下の周囲を水平に測る
③ ウエスト(胴囲) ⇒ベルト位置を水平に測る
④ ヒップ ⇒お尻まわりの一番大きなところを測る

(引用:https://www.rakuten.ne.jp/gold/)

ヌード寸を測っておくことで、スーツに限らずファッション全般のサイズ感のイメージと照らし合わせることが出来るので、控えておくと良いでしょう。

▽▽▽正しいビジネススーツの選び方が気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
正しいビジネススーツの選び方│サイズ・色柄のポイント

 

スーツ(専門店)でのサイズの測り方とポイントを知る
【1】上半身のサイズポイント

スーツの専門店で、特に重要視しているフィッティング。ここでは、“上半身”と“下半身”に分けてそれぞれのポイントについて見ていきます。

着心地や体型とのバランスが重要な上半身。肩は、ジャケットの肩山と肩のトップがちょうど合っているか。胸回りは、前ボタンを留めた状態でも、シワが出ていないかがポイントです。正面からの印象を左右する“Vゾーン”にも影響してくる部分となります。

全体の印象を左右しかねない着丈は、ヒップがちょうど隠れる長さが基本的な長さになります。最近では、細身のスーツがトレンドの1つとしてあり、総丈の約半分からマイナス2㎝での長さも好印象となります。

 

【2】下半身のサイズポイント

腰の位置をしっかりと決めることが大切なウエスト。ウエストの目安となるのが、ベルト着用の上でウエスト位置を決め、パンツとの間に拳1つ程度のゆとりがあると良い。サイズが小さいとポケットが開いてしまったり、大きいとベルトを締めた時にシワが寄ってしまいます。

パンツのサイズは、立つ・座るなどのを左右するヒップもポイント。かがんだ際に太腿に適度なゆとりをつくると動きやすさが増します。パンツ丈は、裾のシルエットが低くなると、残念な見た目になってしまうので、理想はたるみの少ないシルエットが良いでしょう。

 

-Global Style- オーダーの流れについて

オーダースーツ専門店『グローバルスタイル』では、“パターンオーダー”を基本とした採寸を採用しています。店舗にご来店いただき採寸。お客様のサイズに合ったベースとなるゲージ(見本)スーツを着用し、さらに細かくサイズ調整を行います。

●パターンオーダーとは・・・お客様のサイズに合ったベースとなるゲージ(見本)スーツを着用し、さらに、着丈や身丈、パンツなど好みに合わせたサイズ調整していく方式のこと。

<グローバルスタイルでのオーダーの流れ>
1.カウンセリング ⇒ 2.生地の選択 ⇒ 3.モデルの選択 ⇒ 4.採寸 ⇒ 5.ボタン・裏地などのディテールの選択

オーダースーツは、量販店の既製スーツだと体にサイズが合わない、自分好みのサイズに調整したい方や、ビジネスシーンに欠かせない“スーツ”が与える印象をオシャレに魅せたい方にぴったりです。是非、スーツをオーダーする時はトータルでの着こなしを意識していきましょう。

 

▽▽▽パターンオーダーのスーツが気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
パターンオーダーで仕立てるスーツとは?~イージーオーダー・フルオーダーとの違い解説~

***
いかがでしたでしょうか?

体型を維持することは、年をとるにつれて難しくなってきます。その為、スーツのサイズも少しずつ変わっていくかもしれません。自分のシルエットを知り、自分に合ったスーツでオシャレをしてみては。

 

 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)
⇒ 本日から2日後よりご予約可能!「ご来店予約」はこちら
【要予約】プライベートフィッティングルーム

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事