東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

お手入れ・豆知識

ジャケットに合わせたいインナーとは?~シャツやカットソーとの見た目・着こなし方の違い~

2018.11.15(最終更新日:2018.12.07) # お手入れ・豆知識

ジャケットに合わせたいインナーとは?

ジャケットのインナー

普段スーツを着用している方の中で、休日もジャケットにシャツを合わせ、デニム・チノパンツと“ドレスカジュアルな服装”をしている方も多いのではないでしょうか?ビジネスジャケット(スーツ)のインナーと言えば、シャツ(ワイシャツ)ですが、カジュアルなジャケット(テーラードジャケット)となると、インナーの種類も豊富になり、着こなしの選択肢も多くなります。

カジュアルなジャケットとブラックスーツ
そこで今回は、ジャケットと合わせてオシャレに!『ジャケットに合わせる定番シャツ・カットソー』『シャツ以外のインナー(秋冬)アイテム』『シーン別で見るジャケットの着こなし方』について見てきながら、ジャケットの着こなし方・インナーの合わせ方をご紹介していきます。

ジャケットの置き撮り
(引用:https://sputnicks.jp/)
 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  ジャケットに合わせる定番シャツ・カットソー
2.  シャツ以外のジャケットのインナーアイテム
2-1.  【1】秋冬にはセーター・ニットと合わせる
2-2.  【2】秋冬にはカーディガンと合わせる
3.  シーン別で見るジャケットの着こなし方

 

ジャケットに合わせる定番シャツ・カットソー

メンズファッションにおいて、スーツ以外でのジャケットと言えば、「テーラードジャケット」。合わせるインナーには、シャツやカットソーが定番となります。しかし、実際に合わせるとなると、なかなかうまくいかず着こなせていないような…とモヤモヤしてしまうアイテムでもあります。テーラードジャケットをオシャレに着こなすためには、インナーとのバランスが大切です。

ジャケットに合わせるインナー シャツ

◇合わせ方のポイント:色柄・素材◇

ジャケットに合わせる定番のシャツ・カットソーは、色柄によって見た目の印象が違ってきます。“ドレスとカジュアル”バランスよく魅せることを意識すると、綺麗な合わせ方になります。


<シャツ×ジャケット>

無地の白シャツと合わせると、ドレスライクな表情になります。シャツの襟を変えると少しフォーマル感が出ます。柄モノのシャツと合わせるとカジュアルな雰囲気に。柄モノによっては、落ち着いた着こなしを楽しめます。

シャツ×ジャケット
(引用:https://sputnicks.jp/)

<カットソー×ジャケット>

シャツとの合わせ方と同じように、スッキリとした無地のカットソーと合わせると、ドレスライクな表情になります。素材によって見た目が変わるカットソーは、色味の違いでカジュアルにまとめることもできます。また、プリントの大きさによって個性を出す楽しみ方もできます。

カットソー×ジャケット
(引用:https://www.jiggys-shop.jp/ https://www.minority-ev.jp/)
 

▽▽▽その他、「スーツのインナー」「テーラードジャケットとスーツジャケットに違い」について気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
失敗しないスーツインナーの選び方とは?~好印象なメンズ下着の種類・デザイン~

メンズのテーラードジャケットの着こなし方とは?~おすすめコーディネート~

 

シャツ以外のジャケットのインナーアイテム
【1】秋冬にはニット・セーターと合わせる

上記で紹介した“シャツやカットソー”は、季節問わず合わせることができる汎用性の高いアイテムとなります。ここではさらに、季節アイテムとしておすすめのカーディガンやセーター・ニットとの合わせ方を見ていきます。

ジャケットのインナー カーディガンやセーター
ニットソーのような、“ニットの中でも薄手のモノ”や“Vネックのセーター”は、ジャケットのインナーとしてオススメです。柄は、シンプルな無地、季節感を出したい時は、ワイン・ブルーなどと合わせるのが良いでしょう。

Vネックのセーター
(引用:https://sputnicks.jp/)

セーターやニットと合わせる時に気を付けたいのが“サイズ”。ボリュームのあるセーターやニットと合わせる時には、サイズの違いでシルエットに大きな違いが出てきます。

ボリュームのあるセーターやニット
(引用:https://shop.menz-style.com/)

▽▽▽その他、「セーターとニットの違い」について気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
スーツに合わせるセーターの選び方~おすすめの着こなし術とは?~

 

【2】秋冬にはカーディガンと合わせる

シャツ×カーディガンの組み合わせは、薄手のカーディガンであれば、重ね着が可能となり、シャツ・ジャケットとの合わせを楽しむことができます。厚手・丈の長いカーディガンの場合は、ジャケットと同じアウターとしての着こなしになります。ショールカーディガンは、人気デザインの1つ。

シャツ×カーディガン
(引用:https://sputnicks.jp/)

カーディガンと合わせる時に意識したいのが“Vゾーン”。スーツスタイルでオシャレを演出するのと同じように、胸元の印象によって表情が変わってきます。

カーディガンと合わせる時に意識したいのがVゾーン
(引用:https://shop.menz-style.com/)
 

シーン別で見るジャケットの着こなし方

<カジュアルシーン>
ジャケットスタイルの中でも、ラフ・リラックスといった好印象な着こなしがオススメ。ビジネスジャケットと合わせにくい「ブラックシャツ」で大人の雰囲気を演出するのも良いでしょう。オフィスカジュアルな服装が求められる場所では、シャツとの合わせが良いでしょう。

カジュアルシーンでのジャケットの着こなし

<かしこまった場所(ホテル・レストラン)>

ホテルでのディナーや、高級なレストランでは、ジャケットに合わせるインナーは、清潔感のあるシャツがオススメ。寒い時期は、シャツと合わせやすいVネックセーターで防寒対策もしっかりとしながらオシャレに決めていきましょう。

かしこまった場所で合わせるジャケットのインナー
ビジネスでもカジュアルでも使える“ジャケパン”は、仕事終わりでもすぐに向かえるお洒落なスタイルになります。基本的には、合わせるシャツは無地で落ち着いた雰囲気に。ジャケットを柄モノにしたい場合はダーク系が良いでしょう。

ビジネスでもカジュアルでも使えるジャケパン

***
いかがでしたでしょうか?

ジャケットに合わせたいインナーとは?
ジャケットには、ミリタリー・デニム・レザー・ダウン・イタリアンカラーなど、種類が豊富にありますが、今回は、ジャケットの中でも定番の「テーラードジャケット」を中心に。普段から、ビジネスジャケットにシャツスタイルが多い方は、特に真似しやすいインナーを見てきました。是非、オン・オフ両方をオシャレに着飾れる大人の余裕を見せていきましょう。

 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事