東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

無地のスーツで魅せる着こなし!イタリアとイギリスのブランド3つで見る~無地柄特集~

2017.02.15(最終更新日:2017.12.20) # スーツの着こなし術

Plain20170214

シーンを選ばず着用できる無地スーツ!

「スーツ=無地」この印象は、まだまだ強い傾向にあります。カラーは、濃いネイビーやグレーが一般的。また、1着持っていると、シーンを選ばず、ビジネスシーン・フォーマルシーン(黒無地)にも着用できます。

そこで今回は、無地スーツの着こなしに重要な“色の濃淡と一見無地のようで実は織柄の生地”として楽しめるスーツ生地を「無地生地がオススメのブランド」と共にご紹介していきます。

Plain201702141

スーツは「生地選び」が重要!知っておきたい、イタリアとイギリスの違い

Plain201702142
※左:イタリア 右:イギリス

まず、はじめに知っておきたい生地の種類と特徴について簡単に触れていきます。スーツに使用される生地には、大きくイタリア系とイギリス系の2つがあります。

▼それぞれの特徴はこちら▼
イタリア系ブランド…生地は柔らかく、色艶が鮮やかでドレープ感のあるモノが多い
イギリス系ブランド…生地にはハリコシがあり、重厚感のあるモノが多い

Plain201702143
▽▽▽イタリアとイギリスのスーツについてもっと知りたい方はこちらチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
理想のスーツに出会える2つのスタイル!イギリスとイタリアのスーツの違いと特徴

 

無地スーツの着こなしに重要な「色の濃淡」!

スーツ生地を選ぶときに、色の濃淡さは全体の印象に繋がる重要なポイントになります。特に、柄が入っていない無地の生地は、違いがハッキリと出ます。

色が淡い…華やかで、爽やかさのある印象
色が濃い…ドレッシーで、しっかりとした印象

Plain201702144
今回は、ビジネスシーンにおいて定番のネイビーカラーで比較しています。

Plain201702145
※シャツとの色の違いをみるとよりわかりやすくなります

また、デザイン選びに困った時、無地に落ち着かせるのがオススメです。そこで、定番のスーツカラーで見る雰囲気の違いを見ていきます。

 

【ネイビーカラー】
ビジネススーツの中でも最も定番カラーの1つ。先述にあるように、色の濃淡によって印象が変わりやすいネイビーは、色が濃いめのスーツを選ぶと良いでしょう。

Business201612292
 

【 グレーカラー】
ネイビーの次に定番のカラ―。大人の落ち着いた男性を演出できます。グレーは、ネクタイの色柄を問わず合せることができるので、オシャレを楽しみたい方へもオススメです。

Business201612293

 

【ブラウンカラー】
温かみのある暖色系の1つとして、特に秋冬の訪れと共に人気が出てきます。全体的に少し重みを感じさせるブラウンは、シャツ・ネクタイで色味のアクセントをつけて着こなすと良いでしょう。

Business201612294
 

一見無地のようで実は織柄がある!よりオシャレに見えるスーツ生地

【1】ピンチェック(バーズアイ)
ピンチェックとは、ピンのような極小の針先でひっかいたようなデザイン。細かい格子柄、または2色の糸を細かく格子柄に織られており、一見無地のように見えるほどの細かいチェックになります。

Plain201702146
▲針先を少し大きくしたデザインは、バーズアイと呼ぶ場合あります
 

【2】シャークスキン
縦、横に白糸と色糸を1本ずつ交互に織った綾織。サメの肌のように見えるのが名前の由来。柄の中でも、派手さがなく、無地に近いスーツが欲しい方にオススメです。

Plain201702147
▲シックさが魅力的なグレーはビジネススーツに最適です
 

【3】ヘリンボーン
ヘリンボーンは、ニシンの骨という意味があり、織がニシンの骨のように見えるデザイン。日本では“杉綾”と呼ばれる。明るいカラーになるほど、遠目からは無地に見えます。

Plain201702148
▲クラシカルなオシャレさを楽しみたい方にオススメ
 

-Global Style- 無地生地がオススメのブランド3つ

【1】『Loro Piana -ロロ・ピアーナ- 』~イタリア~

WM★0809-201702141
最高級カシミアとウールを生み出す、イタリアを代表する最高級の服地メーカー。「最高級の原料から最高級の製品を作り出す」をポリシーに、その高い品質は世界各国のスーツブランドからも絶賛されています。

Plain201702149
※左から(TRAVEL PRO) ⇒ (TWISTER) ⇒ (FOUR SEASONS) ⇒ (ELEGANZA)

『Loro Piana -ロロ・ピアーナ- 』
生地の特徴は?
ロロピアーナの名前が世界に知らしめるキッカケとなったコレクションが「タスマニアン」。生地に蒸発性、断熱性、耐久性、軽さ、快適さ、という独特の特徴があります。
「FOUR SEASONS」は、1年を通して着用でき、強いハリと美しさを兼ね備えた生地は、ビジネススーツとして特に人気です。

Plain2017021410

「TASMANIAN Super150’s WooL 」は、ロロピアーナの服地の中でも、ちょっとランクの高い生地。生地の厚さがありながらも柔らかい質感を楽しめるので、生地の良し悪しがでる無地にはもってこいのコレクション!
その他にも「ZELANDER」「TRAVEL PRO」は、伸縮性がありシワに強いので、出張などが多いビジネスマンに愛用してもらいたい生地になります。

 

▽▽▽ロロ・ピアーナが気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
ロロ・ピアーナのスーツ生地はこちら

■ 関連ページ:
最高級カシミアと最高級ウールを生み出す『Loro Piana -ロロ・ピアーナ-』のスーツの魅力とは?

 

 

【2】『CANONICO-カノニコ-』~イタリア~

WM20170203-1-201702143
テキスタイル屋としての創業は1663年。350年以上の超老舗ブランド。イタリアの一流ブランドとして世界的に有名で、バーバリーやアルマーニ、ラルフローレンといった多くのアパレルに生地を提供。

Plain2017021411
 

『CANONICO-カノニコ-』生地の特徴は?
イタリア系の生地は、柔らかさに加え、艶があり手触りが良いのが特徴。程よい光沢感やしなやかさを楽しめます。その中でも、カノニコの生地は発色の良さからネイビー人気は他ブランドよりも高い傾向にあります。

Plain2017021412

カノニコの生地は、濃淡の違いから選べるカラーのバリエーションがとにかく豊富なので、自分好みのカラーでお仕立てしたい方にオススメです。
また、トロピカルやモヘア系の春夏生地、フラノの秋冬生地など、色味が少し暗くなりがちな素材でも綺麗で鮮やかな生地を提供。愛用者の多いイタリアブランドとしても有名です。

 

▽▽▽カノニコが気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
カノニコのスーツ生地はこちら

■ 関連ページ:
愛用者の多い『CANONICO-カノニコ-』のスーツ!安定したパフォーマンスが魅力。

 

 

【3】『HOLLAND & SHERRY -ホーランド&シェリー-』~イギリス~

WMIMG_1533-201702142
創業以来170年以上という世界で最も長い歴史を持つこの英国最大の織物商は、イギリス王室をはじめ、本国イギリスの老舗高級テーラー、パリのオートクチュールハウスや高級衣料メーカーなど、幅広く供給されています。

Plain2017021413
※左から(CITY SUITS) ⇒ (COOL BREEZE) ⇒ (CLASSIC WORSTED) ⇒ (SOUTH PACIFIC)
 

『HOLLAND & SHERRY -ホーランド&シェリー-』生地の特徴は?
ホーランド&シェリー生地は、とにかく豊富なコレクション数を誇ります。中でもオススメなのが「TARGET GABERDINES」、なんと全てが無地で統一された珍しいコレクションになります。少し色味を抑えた生地や独特の色彩を備えた生地まで、バリエーションは驚愕の51種類!

Plain2017021414

コレクションの中でも最も長く継続している定番素材「CLASSIC WORSTED」は、トラベルスーツとして人気です。圧倒的な機能性と英国の伝統を感じられ「CITY SUITS」。高温多湿な日本の夏に合う通気性に富んだ「COOL BREEZE」など、年間平均3000パターン以上の生地を生産するホーランド&シェリーならではの生地が人気です。

 

▽▽▽ホーランド&シェリーが気になる方はこちらもチェックしてみてください。

■ 関連ページ:
ホーランド&シェリーのスーツ生地はこちら

■ 関連ページ:
英国No.1の豊富な生地コレクションを誇る『HOLLAND & SHERRY -ホーランド&シェリー-』のスーツ

 

さらにオススメ!美しい無地生地が楽しめる
-Global Style-オリジナル『織技1960』~Made in Japan~

WMinaba1128-1-201702155
100年の歴史を持つ岐阜県「葛利毛織」とのコラボレーションによる、1960年代の復刻柄シリーズの登場です。「グローバルスタイル」専属デザイナー、マーチャンダイザーが「葛利毛織」の職人達とコラボレーションし、1900年代のパターンから厳選した織り生地を再現させました。

Plain2017021415
※左から(2 WAY STRETCH) ⇒ (KEEP LOOK) ⇒ (SILK WOOL)

『織技1960』生地の特徴は?
世界的に現在数が少ないションヘル低織機を駆使し、手作業に近い方法で丹念に織り上げられた毛織りは国内外に高い評価を得ています。
特に「2WAY STRETCH」は、ストレッチ=ヨコ伸びを、タテ方向にも伸びるという新開発された2WAYストレッチ仕様になります。スリムラインのスーツでもスタイリッシュに着こなすことが出来ます。

Plain2017021416
夏素材の定番“モヘヤ”を使用し、表面に形状記憶加工を施した「キープルック」は、長時間着用でもシワになりにくく、ビジネスシーンにオススメ。春夏用の生地は、手織りのような柔らかい風合いを楽しめるコレクションとして人気があります。

 

***
いかがでしたでしょうか?

Plain2017021418
無地で仕立てたスーツは、季節に合わせた素材感や色味によって違いが出てきます。

Plain20170214

ネイビーやグレーのように、濃淡によって印象の変わる無地のスーツは、ビジネスシーンはもちろん、様々なシーンに合わせた着こなしを楽しめます。
今回ご紹介したオススメの生地ブランドの他にも、「無地」はどのブランドでも取り扱う生地なので、より自分好みのスーツを作りたい時にはずせません。

この機会に、2着以上あっても飽きの来ない無地のスーツをご検討してみては。

 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事