東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

あきよ編集長が行く

【Loro Piana (ロロ・ピアーナ) 工場見学レポート】 あの高級カシミアを扱うラグジュアリーブランドの生地工場へ!

2016.10.01(最終更新日:2018.07.06) # あきよ編集長が行く

lolo

ロロ・ピアーナ社のビエラ地区工場見学に行ってきました!

皆さま、こんにちは。ENJOY ORDER!! MAGAZINE 編集長のあきよです。

前回の『【ミラノ・ウニカ 2017年秋冬レポート】 来年の紳士服生地トレンドは!?』に続きまして、今回もイタリアでの視察レポートを書いていきたいと思います!

今回は、あの世界的ラグジュアリーブランド『Loro Piana (ロロ・ピアーナ) 』生地の工場見学に行ってきました!

DSC03829

▲ ロロ・ピアーナ本社

ロロピアーナの本社は、ミラノからさらに北へ車で1時間ほど、ビエラ地区のクアローナという小さな街にあります。
ビエラ地区といえば、数々のイタリア名門服地メーカーが工場を置く高級織物産地として有名です。
クリーンな環境のこのビエラ地区で、緑との調和を図っているロロピアーナ社のオフィス。1924年の創業以来ずっとここに本社を置いているんだとか。緑に囲まれ、なんとも美しい環境ですね。

DSC03830
DSC03870
緑の山々に囲まれています。
 

ロロ・ピアーナの歴史を語るショールーム

私たちが最初に案内されたのは、本社のショールーム。

ショールームには、ロロピーアーナの創業1924年からの長い歴史を物語る、創業当時の生地見本やトレンドブックなどが展示されていました。

DSC03837

資料室には、創業当時からの生地見本がアーカイブされています。
 

DSC03858

ロロ・ピアーナの最大の特徴は、原毛の調達~紡績(糸作り)~毛織(生地作り)~仕上げまで、すべて一貫生産している 世界でも数少ない高級毛織物メーカーという点です。

糸を他社から購入して生地を生産する(原毛の調達や紡績は行わない)メーカーが多い中で、ロロピアーナは原毛や紡績の過程にも厳しいチェックを重ねて、徹底的に品質を追及してきました。

そんなロロピアーナの歴史が詰まったショールームでした。

DSC03846

 

ロロ・ピアーナといえば、なんといってもカシミア!
CASHMERE(カシミア)とBABY CASHIMERE(ベビー・カシミア)

ロロピアーナといえば、なんといっても最高級のカシミアですね。

DSC03854

ショールームに置かれている、2種類の白い袋。
この中には、カシミア(カシミアヤギ)の原毛が詰まっていました。

 

まず「CASHMERE(カシミア)」の原毛を触ってみると… ふわふわ!!

「繊維の宝石」とも呼ばれるカシミアは、毛が細く、肌触りがよく、そして暖かいのが特徴です。
これは紡績前(糸にする前)の原毛なのでふわふわなのは当たり前といえば当たり前なのですが、カシミアの毛は特に細いため、他にはない驚くほどのふんわり感があるのです!

次に「BABY CASHMERE(ベビー・カシミア)」の原毛を触ってみると… さらにふわふわ!!!!

「結局どっちもふわふわかい!」と思われた皆さま、どうかご容赦ください… 事実、どちらもふわふわだったのです。ただ、ベビーカシミアは通常のカシミヤよりさらに柔らかく、とろけるような触り心地でした…!例えるなら、綿あめでしょうか。触ると消えてしまいそうな繊細さがありました。

ベビー・カシミアとは、生後3カ月から12カ月までの子ヤギから採取した毛のことを指します。1頭から採取できる量はわずか約30~40g、ヤギの一生のうち1回しか採取できない希少な素材なんだそうです。

通常のカシミアよりもさらに繊維が細く、軽さと柔らかさ、そして肌触りが格段に違うとのこと。
実際に原毛を触った私からしても、その違いは歴然でした!

袋の中に入っている、カミシアの原毛
 

カシミアの上をいく、最高級素材『Vicuna (ビキューナ)』

皆さまは、最高級素材と呼ばれる「Vicuna (ビキューナ) 」をご存知でしょうか?

※ 希少価値が非常に高く一時絶滅の危機にもあったビキューナについては、今もなお供給が安定しておらず、ロロピアーナ社のテキスタイル事業(生地の販売)では2016年9月現在、ビキューナ100%の生地は取り扱っていないそうです。当社グローバルスタイルでも取り扱いはありませんが、今回はせっかくなのでビキューナについても触れていきます。

ビキューナは、アンデス地方に生息するラクダ科の小さな動物です。
ビキューナの毛は、獣毛の繊維のなかで最も細く、最も柔らかく、あらゆる毛製品のなかでも最高級素材(!)とされています。

つまり、カシミアよりもベビーカシミアよりもさらに上をいく、柔らかく繊細な素材なんですね。
実際に触ってみても、驚くほど柔らかく、極上の肌触りでした…。

DSC03851

希少価値が高く、とても高価なビキューナ。
ロロピアーナでは、このビキューナの原毛を安定的に調達できるよう、ペルーにビキューナの保護区を設立して保護育成に取り組んでいるそうです。

 

本社オフィスと繋がっている、毛織工場の見学へ

ロロ・ピアーナ本社のレセプション
 

次に、本社オフィスと繋がっているクアローナ毛織工場を見学させていただきました!
残念ながら撮影NGとのことでしたので写真は掲載できませんが、古き伝統と新しい技術の両方が詰まった大規模な工場でした。

中には、まるで巨大インクジェット機のような染色機械、コンピューターで7,000箱以上もの糸を在庫管理している保管庫(ウェアハウス)、素早く丁寧に糸を生地にしていく毛織機など、業界の最先端をいく巨大な機械がいくつもありました。

ただそんな中、出来上がった生地は人が細かくチェックしていき、職人の手で丁寧に手直しを行っていたのが印象的でした。どうしても機械化できない部分(すべきでない部分)があるのですね。

アザミの実(引用:http://www.thetattoohut.com/)
 

さらに驚きだったのが、カシミア生地の仕上げには、アザミ(キク科の花)の実でブラッシングして起毛させているそう!
機械化を進めて確実に生産していく一方で、生地を美しく仕上げるために、昔ながらの職人技術が入る工程も守り続けているようです。

オフィス入口に飾られている、創始者ピエトロロ・ロピアーナ氏の像
 

最高級のカシミアを扱う、紡績工場とラボ(研究所)を見学

DSC03863

次に連れていただいたのが、クアローナから少し離れたロッカピエトロという場所にある、カシミアの紡績工場とラボ(研究所)。
残念ながらこちらも工場内は撮影NGとのことで、写真無しのレポートとなります。

DSC03868

大きな工場ですが、本社と同じく緑との調和が特徴的でした。「豊かな環境でなければ美しい生地は作れない」と、工場周りの環境もとても大事にしているそうです。

まず案内されたラボにあったのは、35,000倍(!)に拡大できる超高倍率の顕微鏡。
ロロピアーナでは、中国・モンゴルからカシミアの原毛を調達しているそうですが、この顕微鏡を用いてカシミアの原毛の強度や長さや太さ、キューティクルの高さ(肌触りの良さに関わるそう)を測定していき、高い水準の原毛のみを買い取っているそうです。

「良い生地は良い糸から、良い糸は良い原毛から」

ロロピアーナの代名詞であるカシミア… その品質の高さの裏には、徹底された品質管理がありました。

エントランスにあるのは、1924年創業当時の紡績機械
 

90年以上の歴史がある、貴重な紡績機械ですね。
 

最後に、クアローナの街に少しだけ立ち寄りました。

DSC03875

ミラノに戻る前、ロロピアーナ本社のあるクアローナの街に少しだけ立ち寄りました。
もともと小さな街なので、小規模なホテルやレストランが数件並ぶくらいでしたが、とても可愛らしい雰囲気でした♪

DSC03876
DSC03883

山に囲まれ、普段はすっきりしない天気が多いというビエラ地区。
この日は運よく天気が良くて、とても気持ちのよい日でした!

 

以上、ロロ・ピアーナの工場見学レポートでした!

lolo

ロロ・ピアーナというと、高級生地のみを扱うラグジュアリーブランドです。

その生地を使用したスーツやコートは、私含め一般的な消費者には、決して安いとは言えません。
ただ、今回ロロ・ピアーナのポリシーである『妥協のない最高品質の維持』の裏側が分かり、むしろ安いくらいなのでは…と感じるようなりました。その価格には、充分納得できる価値があると思います。

最高級のカシミア、一度は試してみたいですね。
是非この機会に、皆さまもロロ・ピアーナの魅力を再発見していただければ幸いです。

お招きいただいたロロ・ピアーナ社の皆さま、ありがとうございました!

 

■ 関連ページ:

グローバルスタイルのブランド生地一覧(ロロ・ピアーナ)

■ 関連ページ:

最高級カシミアと最高級ウールを生み出す『Loro Piana -ロロ・ピアーナ-』のスーツの魅力とは?

 

最高級ブランドのオーダースーツをこの価格で《最大37%OFF》

最高級生地オーダースーツが68,000円~
 

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)
お近くの店舗のご来店予約・店舗情報はこちら(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

Global Style (グローバルスタイル)とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから、「ENJOY ORDER! ~全ての人にオーダースーツを楽しんでいただく~」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包んでほしい。

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

Global Style 公式サイト
店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

おすすめの記事