東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの生地ブランド紹介

【2021年7月】「グローバルスタイル」~オールシーズン用としておすすめ!スーツ生地特集~

(最終更新日:2021.06.30)2021.06.30 # スーツの生地ブランド紹介

【2021年7月】「グローバルスタイル」
~オールシーズン用としておすすめ!スーツ生地特集~

ぜひ持っておきたいオールシーズン用のスーツに最適な生地をご紹介します!

みなさま、こんにちは。日中の日も長くなり、夏はもうすぐですね。このような前振りですが、今回は早くも秋物をご紹介。その秋物の中でもオールシーズンご利用いただけるおすすめの生地ですのでご検討いただければと思います!

▲(左)オールシーズン(右上)春夏(右下)秋冬▲
 

【1】 ドーメル アマデウス365 【Made in England】

(引用:https://www.leon.jp/)
はじめにご紹介するのは、ドーメルのアマデウス365となります。その名の通り、365日ご着用頂きやすい生地として定番のシリーズとなります。

適度な生地の厚みですが打ち込みがしっかりとしている生地ですので、仕立てた時も型崩れしにくく、長年ご利用いただけると思います。長年ご愛顧いただける、ネイビー無地などは特におすすめです!


ネイビー無地は、シャツやネクタイに柄モノを取り入れやすい色でもあり、通年通して人気があります。

 

【2】 ロロピアーナ フォーシーズンズ【Made in Italy】

続いてご紹介のブランドは、ロロピアーナのフォーシーズンズです。こちらも先にご紹介のドーメルのアマデウス365同様、適度な生地の厚みで通年ご利用いただきやすく、人気のあるシリーズとなっております。イタリア生地らしい艶感あるグレイなどおすすめ!色気のある1着として、いかがでしょうか。


派手過ぎないチェック柄は、秋冬でも季節ずれを起こさずオシャレに着れます。

 

【3】 ホーランドシェリー【Made in England】

(引用:https://www.pinterest.de/)
グローバルスタイルの自社仕入れブランドの中でもトップの人気を誇るホーランドシェリーの通年モノをご紹介。生地の厚みも265gと通年ご利用いただきやすく、長いシーズンお楽しみ頂けると思います。おしゃれ感あるブラウンのストライプスーツで、周りと差をつけてみてはいかがでしょうか。


ダーク系のストライプでは、ライン色にこだわることで印象が大きく変わります。

 

【4】レダ シルキーエフェクト【Made in Italy】

(引用:https://www.mens-ex.jp/)
最後にご紹介は、シルク混紡のような艶感で人気のシリーズ、レダのシルキーエフェクトの生地をご紹介。こちらもオールシーズンご利用いただきやすい厚みの服地で、1着あると大活躍すること間違いなし。普段のビジネスシーンはもちろん、ドレープが綺麗に出るため通年使えるパーティーシーン用としてもおすすめです。


しっかりとシルクが混紡されているモノもあり、光の当たり方で艶の輝き方も変わります。艶のあるスーツが欲しい方は是非参考にどうぞ。こちらの生地ブランドはドーメルの“ウール&シルク”コレクションとなります。

 

-Global Style- ~カラー別で分かる!
オールシーズン用スーツ~

オールシーズンできる場合は、スーツの色には気を付けたい。明るすぎると秋冬には目立ちすぎてしまい、暗すぎると春夏に重たい印象を与えてしまいます。定番からや季節感のあるカラースーツ選びの参考にどうぞ。

 

<ネイビースーツ>
ビジネススーツの定番であるネイビー。色幅が一番多いカラーでもあり初めてオールシーズン用のスーツを考えている方にオススメです。柄を取り入れてワンランク上のスーツスタイルも楽しめます。

 

<ブルースーツ>
最近、ジワジワと人気が高まっているブルー。爽やかさに加え洗練された上品さを演出できます。ワントーンコーデでスタイルに統一感を出したい方は組み合わせが比較的しやすい色となります。

 

<グレースーツ>
落ち着いた大人のイメージのあるグレー。場の雰囲気に馴染みやすい色として人気があります。ダーク寄りなチェック柄のスーツは他の方と差をつけれる1着になります。

 

<ブラウン&グリーン>
今まで紹介してきた色と比較すると、季節感を演出したい時に着られることが多い“ブラウン”や“グリーン”。ここ最近では、定番ともう1着オシャレな色で雰囲気を変えたいと人気が高まっています。ここ数年でスーツスタイルがカジュアル化していることもあるかもしれません。選びたい色は明るすぎず暗すぎない色。両方ともアクセントカラーで組み合わせをアレンジしやすいのでオシャレの幅も自然と広がります。

 

<ブラックスーツ>
ビジネス用とは違い、シーズン問わず行われる“冠婚葬祭”に向けたブラックもオススメ。シワが入っていたりサイズ感の合っていないスーツはだらしなく見えてしまうため、マナーが問われる場所では、シルエットが綺麗なスーツを1着持っておきたい。

 

*****
華やかな印象のあるレディーススーツ、メンズと同様にカラー選びには気を付けたい。メンズのインナーはワイシャツが多いですが、レディースはインナーで季節感を演出してみるのも良いかもしれません。また、スカートやパンツによってもイメージが変わる為、着るシーンに合わせてどうぞ。

 

いかがでしたでしょうか。

お得なフェアも開催中でございますので、一足先に秋の装いをご検討頂いてはいかがでしょうか。
 
 
▼▼▼グローバルスタイルでは、1年を通してオールシーズンの生地を豊富にご用意。

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

 


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ オンラインオーダーサービスへ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台)

Supervisor - この記事の監修者

営業部 商品グループ
稲葉真也

1978年生まれ、大阪府出身。90年代のスニーカー・ジーンズブームをきっかけにファッションに興味を持つ。
大学卒業後、広告代理店の営業として4年勤務、27歳の時にオーダースーツ業界に転職。その後、グローバルスタイルで店長・SVなどを歴任し、現職に至る。

この監修者が書いた記事を読む

人気の記事