東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

【2019年12月】「グローバルスタイル」おすすめスーツオプション特集

(最終更新日:2019.11.26)2019.11.26 # スーツの着こなし術

【2019年12月】「グローバルスタイル」おすすめスーツオプション

オーダーのこだわりや機能性があるオプションなど、人気はどれ!?

みなさま、こんにちは。早いもので2019年もあと1ヶ月となりましたね。新年に向けたスーツの準備はお済でしょうか。今回は、せっかくオーダーするなら「こだわりたい!」「オシャレにしたい!」等にお応えするオプション(通常有料)をランキング形式でご紹介いたします!

【1】さりげないオシャレ 「本切羽」

(引用:https://wealthy-class.com/)

オーダースーツのオプションと言えば、まずは「本切羽」ですよね。写真のようにあえて一つボタンを外して、さりげなくオーダーしたスーツとこだわりをアピールできますよ。

 

【2】オーダーならこだわりたい 「ボタン・裏地」

(引用:https://suit-lover.com/)
既製のスーツだとあまり選ぶポイントとならないボタンや裏地こそオーダーなら自分好みにしたいですよね。ボタンは、天然素材やデザイン性あるもの、裏地もシンプルなものから派手な色柄など、自分だけの1着となり愛着も湧くのでお勧めです。

 

【3】スタイリストの間でも人気 「脇尾錠」

(引用:https://ciao-bruno.com/)

クラシックな仕様が人気の中、スタイリストの間でも人気のオプションが「脇尾錠」です。イメージ写真のようにサスペンダーと合わせてクラシックスタイルにして周りの方と差をつけるオシャレ感の演出にいかがでしょうか。

 

【4】現代風のスタイル 「ダブルブレスト」

(引用:https://www.pinterest.jp/)

重量感あるダブルブレストも、ここ数年ご注文いただく方がとても多くなりました。着丈は短め、ウエスト周りも細めにするのが現代風ですね。20歳代の若い方にもとても人気があります。まだ、着用されたことが無い方は、1度トライしてみてはいかがでしょうか。病みつきになる方もきっといるはず!

 

【5】実用面で活躍! 「マーベルトゴム留め」

(引用:https://youfukuya.hamazo.tv/)

最後にご紹介は、実用面で活躍するマーベルトゴムです。スラックスに入れているシャツが腰回りから出ることが気になる方は、ぜひ一度お試しください。ゴムが滑り止めとなり、シャツが出にくくなります。一見地味ですが、とても人気のオプションですよ。

 

その他、人気のディテール(無料/有料あり)
LAPEL-襟デザイン

●ノッチドラペル(写真上)・・・シングルスーツに多く採用されるノッチドラペル。ビジネススーツはこの襟型がおすすめです。

●ピークドラペル(写真下)・・・ダブルスーツに多く採用されるピーク度ドラペル。一部のモデルを除いて、シングルスーツにもお選びいただけます。

▲ノッチドラペルは、今の時期「スリーピース」との組み合わせも上品な胸元を演出できます。また、グレンチェックなど、クラシカルな柄でもオシャレにまとまります。ピークドラペルは、ダブルスーツはもちろん、エレガントな装いにピッタリです。 ラペルはどちらも無料

 

SIDE POKET 脇ポケット

●フラップ付き(写真左)・・・最もオーソドックスなデザイン。埃や雨が入るのを防ぐためにフラップがつきます。

●フラップ無し(写真右)・・・タキシードなど室内のフォーマルスーツ基本デザイン。腰周りをすっきり見せる効果があります。

▲シンプルなフラップ付きは、着用シーンを選ばず安定感のあるスタイルになります。フラップ無しは、フォーマルなジャケットとの相性が良くパーティーやイベントにもオススメのデザインです。

—————————————-
●スラント“フラップ付き(写真右上)orフラップ無し(写真右下)”・・・乗馬用のジャケットとして採用されたデザイン。斜め(スラント)にすることで、シャープな印象になります。フラップ無しにすることで、よりシャープに見せることもできます。

▲シルエットを重視したい方にオススメなのが「スラント」。視覚的にもスッキリとシャープな印象に。無地・柄モノ関係なく、スタイリッシュな装いになります。他のスーツカラーより装飾が目立つグレースーツでもバッチリ決まります。

—————————————-
●チェンジポケット“フラップ付き(写真左右どちらも)”・・・小さいポケットが追加されたデザイン。釣銭(チェンジ)を入れたことからこのように呼ばれ、クラシックな印象に。フラップを無しにすることで、腰回りをすっきりと見せることもできます。チェンジポケット仕様のスラント(写真右)は、よりすっきりとシャープになり“ブリティッシュスタイル”などにオススメのデザインです。

▲チェンジポケットは、デザインの中でも見た目の変化が一番大きくでます。クラシックな印象や紳士的な装いを楽しみたい方は、こだわりの1つとしてどうぞ。 ポケットは、チェンジ以外はすべて無料

 

VENT ベントデザイン

●センターベント(写真左)・・・ベントは上着の動きやすさを求め、裾に切り込みを入れたもの。センターベントは中央に切り込みが入ります。

●フックベント(写真右)・・・ベント上側がカギ型(フック)に曲がったセンターベントの一種。アメリカントラッドの特徴定なデザイン。

▲スーツ着用時、ジャケットの前身頃も大切ですが、ベントは後ろ身頃の印象に大きく関わってきます。最も基本的なデザインは「センターベント」ですが、「フックベント」と比較してみると違いがハッキリでます。

—————————————-
●サイドベンツ(写真左)・・・左右に2本の切り込みが入る仕様。ブリティッシュスタイルに多くみられ、ダブルスーツは基本サイドベンツとなります。

●ノーベント(写真右下)・・・切り込みが入らない仕様、屋内での着用を想定したデザインで、基本フォーマルスーツに多い。

▲重厚感のあるダブルスーツには、動きのある「サイドベンツ」が基本です。前閉じで着用するダブルはサイドが開いていることで着心地も軽やかになります。ノーベントは、ビジネススーツではあまりみないスタイル。 ベントは、どのデザインも無料

 

STETCH-ステッチ

●ステッチ無し(写真左)・・・ステッチを入れない仕様、礼服の場合は、ステッチを入れないのが基本とされます。

●AMFステッチ(写真中央)・・・手縫い風のステッチ。襟の芯地を止める役割と、手間のかかった縫い目がアクセントになり、おすすめの仕様。

●ミシンステッチ(写真右)・・・AMFステッチと比べてステッチがはっきりと入ります。ステッチを強調したい方はこちら。

▲ビジネスマンの印象を左右するといっても過言ではないスーツのVゾーンに関わるステッチ。スーツの着用シーンやテーマによって変えてみると良いでしょう。普段あまり意識しない場所でも、ちょっとしたデザインの違いで見た目が変わってきます。ミシンステッチは、カジュアルなジャケットにおすすめです。 ステッチは、一部有料あり

***
いかがでしたでしょうか。

今なら冬期間限定特典として、有料オプションアップグレードプレゼントのフェアも開催中!!ぜひこの機会に新年用のスーツを、周りと差を付けるお洒落で格好良い1着にしてはいかがでしょうか。


▼お得な「【冬の期間限定特典付き!】2着コンビフェア」も開催中▼

それでは、次回もお楽しみに!

【冬の期間限定特典付き!】人気No.1!オーダースーツ2着48,000円~

20年春モノ新作生地をいち早くご用意
オーダースーツ2着48,000円~

 
グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

Global Style 公式サイト
店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)
⇒ 本日から2日後よりご予約可能!「ご来店予約」はこちら
【要予約】プライベートフィッティングルーム

 

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルとは!

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

おすすめの記事