東京・大阪・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

ビジネスマナー×スーツ

初めてオーダースーツを作ってみた。

2017.09.01(最終更新日:2017.11.20) # ビジネスマナー×スーツ

オーダースーツって、作ってみたいけど敷居が高いと思いがちですよね。
私も仕事で毎日スーツを着るものの、オーダーはまず価格が高そうだし、変にお洒落すぎても似合わないのでは…?と不安でした。

ところが実際に行ってみると、選べる幅も広くて、自分に合ったものが作れるし、料金もリーズナブルということが分かりました!
今回はオーダースーツの流れやメリット・デメリットなどをレポートしてみました。

今回この記事を書いた人

hiro
ヒロ(職業:ライター)
「 ライターですが、スーツはよく着ます。
オーダーは初めてなのでちょっと緊張します…」

まずはオーダースーツ専門店へ。

ということで…早速、オーダースーツ専門店に来ました!

とてもオシャレな雰囲気!!
オーダースーツというと、まず店に入りづらいイメージを持っていました。でも一階で道路に面しているからか、不思議と入りづらさは感じませんでした。(雑居ビルの上階に入ってる小さいお店とか、絶対入りづらいですよね…)

DSC04629

ちなみにこちらの店舗は最近オープンしたばかりらしいです。すごく綺麗なお店でした。
飾られているスーツを見て、一気にテンションが上がります…!

さて、ここからは実際にオーダーした時の『オーダーの流れ』をレポートしていきます。

オーダーの流れ①|カウンセリング

DSC02807

【カウンセリング】

オーダースーツを作るのが初めてで正直不安だったので、最初に「オーダーは初めてなのですが…」と伝えました。
すると、一人のスタイリストさんが「では、お客様の好みやご希望をお聞かせください。」と言ってくれ、相談をしていきました。
「今回はどういったシーンをお考えか」「普段はどういったスーツが多いか」「お悩み」「色や形のお好み」などを聞かれ、そのイメージに沿ったスーツを一緒に作っていきます。

オーダーの流れ②|スーツ生地を選ぶ

【生地選び】

「それでは、最初にお客様に合った生地を一緒に選んでいきましょう」と言われ、さっそく生地選びへ。
最初は、カウンセリングをした中で私に合うと思われるオススメの生地を見せてもらいました。おお、まさに好みの生地がありました!
既製のスーツとは違い、まだスーツになる前の生地…。実際に手に取ると、一つ一つ生地の色合いや触り心地の違いがあってビックリ。

DSC02788
また、皆さんが気になっていると思われる価格について、
スーツの価格は、大きくはこのスーツ生地で決まってくるので、予算と理想のバランスをとって選んでいきます。
実際、最安のスーツ生地でも、ビジネススーツとしてベーシックな色柄が沢山選べました!

オーダーの流れ③|スーツモデルを選ぶ

DSC04551_B

【モデル決め】

生地を選んだら、次にスーツのモデル決めをしていきます。(下の写真のように、店内には各モデルが飾られていました。)


スーツモデルというのは、ベースになるスーツのデザイン。
モデルは大きく2つに分けると、イギリスとイタリアのスタイルがあるそうです。イタリアはラフでセクシーな感じ、イギリスはかっちりした感じ、がざっくりとしたイメージです。
その2大スタイルを軸にオリジナルモデルがいくつか用意されて、好みのものを選んでいくシステムでした。

オーダーの流れ④|採寸してもらう

【採寸】

いよいよ採寸に入ります!
採寸も今までしてもらったことがなかったのでドキドキでしたが、さすがは慣れたスタイリストさん。こちらの緊張をよそに、あっという間に終わっていました(笑)
普段あまり気にしないサイズまで測っていくことになるので、貴重な経験ですね。

自分のベースとなるサイズのスーツを試着しながら、丈や幅などを調整していきます。
私は比較的一般的な体型なので、少し丈や幅を調整してもらい、その他の細かい補正はしませんでしたが、人によっては細かな体型補正をしたりするそうです。

オーダーの流れ⑤|ボタン・裏地を選ぶ

DSC04580

【裏地・ボタン】

最後に、仕上げのボタン・裏地選び!
生地と同様で、見たこともないようなデザインも含めてかなり種類があります。。裏地やボタンにまでこだわれるのは、オーダーならではの楽しさですね。この仕上げのステップ、かなり楽しかったです。

botton

有料のものと無料のものどちらもありますが、無料のものでもバリエーションは充分あるので、予算を抑えたい人はスーツ生地のイメージに合わせてベーシックなものを選べばいいと思います。
私の場合、ボタンはスタイリストさんのオススメを選び、裏地はシンプルにスーツ生地と合わせた色味のものを選びました。
個人的に、次回はえんじ色(濃い赤)の裏地なんかを選びたいですね。カッコいいです!

オーダーの流れ⑥|仕上がりまで待つ。
(仕上がりまでは大体1カ月前後)…ちょっと長い。でも楽しみです。

DSC01456

【仕上がりまでは1カ月前後】

オーダーの最終確認と支払いを済ませたら、あとはスーツの完成を待つだけ!
仕上がりは大体1カ月前後。レシートに書かれた仕上がり予定日を目安にして、完成まで待ちます。
※ スーツの納期は、大きくは③のスーツモデルによって変わってくるそうです。

オーダーの流れ⑦|スーツ完成 ⇒ 受け取りにいく。

【受け取り】

仕上がり予定日の少し前の日に、お店からスーツが仕上がってきたという電話連絡が来ました!
早速、仕事帰りに受け取りにいきました。スーツを試着してみて、問題がないか確認。…ぴったりです!!

仕上がりはこんな感じです!!

【仕上がり】

緊張して固い感じになっていますが、実際にオーダーしたスーツを着て撮影してみました。
どうでしょうか!

ボタンを閉じた時にしっかりと胸周り・肩回りのフィット感があって、着心地が良く、大変満足のいく仕上がりです!!
写真だと分かりづらいのですが、生地はブラウン系です。裏地やボタンはベージュにして、統一感を出してみました。

DSC04669B

【感想】

正直、初めは不安な気持ちがありましたが、自分好み・自分にぴったりのスーツを仕立てられた時の喜びは、吊るしのスーツでは味わえないと改めて感じました。
一度オーダーを体験すると、絶対また利用したくなると思います。とにかく楽しかったです。
スタイリストの方が自分に合いそうなスーツを提案してくれるので、オーダースーツが初めての方もそこまで緊張せずにオーダーできると思います。

皆さんも是非、一度オーダーしてみることをオススメします!

今回実際にオーダースーツを作った店舗がこちら。「グローバルスタイル」

DSC02844

今回お伺いしたのは、オーダースーツ専門店「グローバルスタイル」のGINZA グローバルスタイル 銀座本店・新館 です。

このグローバルスタイル、なんとオーダースーツ2着48,000円~(!)というコスパ価格のオーダースーツ専門店を、東京・大阪・名古屋・福岡で展開しているそう!
銀座の一等地でオーダーできて、この品揃え、この価格・・・結構本気で驚きました。

オーダースーツ2着が48,000円〜 ≪37%OFF≫
季節モノが自由に選べる!

 

Global Style(グローバルスタイル)とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから、「ENJOY ORDER! ~全ての人にオーダースーツを楽しんでいただく~」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包んでほしい。

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・名古屋福岡

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事