東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

30代におすすめのオーダースーツの選び方!予算やお店選びのコツ・流れを紹介–

(最終更新日:2023.12.04)2023.10.30 # スーツの着こなし術

30代になってからスーツ選びに困ったことありませんか?若さと初々しさがある20代から30代になると、20代まで着ていたスーツが「何か違う…」「若すぎる?」「どんなスーツを着たらいいのか分からない」などなど、悩みが尽きないと思います。部下や後輩が増え、お手本となる身だしなみをするために、より身丈にあったスーツを選んでみましょう。

そこで今回は「そもそもオーダースーツとは?」「30代のオーダースーツの予算」「選び方のポイント・お店選び」についてご紹介していきます。

< 目次 >-クリックすると各内容へ飛びます-

1.  そもそもオーダースーツとは?
2.  30代がオーダースーツを作る際の予算
3.  30代がオーダースーツを作る際のポイント
3-1.  おすすめの色・柄
3-2.  おすすめのシルエット・デザイン
3-3.  おすすめの生地の素材
3-4.  おすすめのサイズ
4.  30代がオーダースーツを作る際のお店選びのコツ
4-1.  生地の種類の取り扱いが豊富
4-2.  サンプル服の種類が多い
4-3.  プロのスタイリストがいる
5.  30代のオーダースーツにおすすめの生地
5-1.  おすすめ生地①:カノニコ
5-2.  おすすめ生地②:トラバルト・トーニャ
5-3.  おすすめ生地③:エンパイア・ミルズ
6.  30代がオーダースーツを作る際の流れ
6-1.  ①予約
6-2.  ②カウンセリング
6-3.  ③生地の選択
6-4.  ④モデルの選択
6-5.  ⑤採寸
6-6.  ⑥ボタン・裏地の選択
6-7.  ⑦仕様・ディテールの選択
6-8.  ⑧受け取り
7.  30代のオーダースーツならGlobal Styleにお任せください。

 

そもそもオーダースーツとは?

オーダースーツは既製品のスーツと違い、好きな生地・ボタン・仕様を選び、一人一人のサイズに合うよう採寸して作るスーツのことです。また一口にオーダースーツといっても、パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーと3種類あります。他にも既製品との違いは、採寸してからスーツが作られるので、仕上がりまで約1カ月程度かかってしまう点です。必要な時期が決まっている場合は、余裕を持ってオーダーすることがおすすめです。

①パターンオーダー
採寸をした後。採寸結果に最も合うサンプル服(ゲージ服)を試着して、着丈や袖の長さ・ウエストの絞りなどを調整する方式です。20代に既製品のスーツのみを着用していた方であれば着心地の違いに驚くことも少なくないでしょう。また比較的安価で、中には既製品のスーツと変わらない価格でオーダースーツを作れるお店もあります。

▽▽▽パターンオーダーについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック

関連ページ:スーツをオーダーする前に絶対に知っておきたいポイント7選

 

②イージーオーダー

イージーオーダーはパターンオーダーよりもさらに細かく「体型補正」ができる方式です。パターンオーダーでは解決できなかった身体の癖をカバーできるようになる可能性があります。ただし昨今ではパターンオーダーでも細かく「体型補正」を行っている専門店もあり、ほとんど違いがなくなってきています。

③フルオーダー

フルオーダーとは専用の型紙を一から作成し、完成までの間に仮縫いと呼ばれる工程を得て作られるオーダー方法です。仮縫いとは、型紙から切り出した生地に実際に使う芯地や肩パッドなどを取り付けた製作途中の物で、これを着用しながらより詳細に、細かく体型補正を行うものです。それ故にパターンオーダー・イージーオーダーと比べて高価格であり、仕上がりまでの日数も長いものが多いです。

 

30代がオーダースーツを作る際の予算

30代がオーダースーツを作る場合の目安の金額は30,000円~50,000円前後(ワンランクあげるなら50,000円~70,000円)がおすすめ。上を見ればキリがありませんが、価格の高いスーツ=高耐久・高品質ということは絶対ではありません。むしろ高級になればなるほど、デリケートな素材になり、毎日着用するスーツとしては心もとない場合もあります。

(左:日常シーン向け 右:特別なシーン向け)

 

30代がオーダースーツを作る際のポイント

ここからは30代がスーツをオーダーする際のポイントについてご紹介していきます。20代とはまた違った大人なスーツを目指してみましょう。

おすすめの色・柄

30代のビジネスマンにおすすめするオーダースーツの色柄は“ネイビー”“ミディアムグレー”“ブラウン”、柄は“無地”“ストライプ”“バーズアイ”おすすめ。基本は外さないようにしながらも、20代よりも選択肢の幅を広げてみましょう。

♦ネイビー・グレースーツ

最も馴染み深く、既に複数着お持ちの方が多いのではないでしょうか。30代では同じネイビー・グレースーツでも、色の明暗・艶感・生地の質にこだわると、20代とは違った大人の雰囲気を纏うことができます。

 

♦ブラウンスーツ

ネイビーやグレーは既に持っていて他の色にも挑戦してみたい方には、アースカラーの一つである“ブラウンスーツ”がおすすめ。優し気で柔和な印象を与えるブラウンは、安定感のある頼れる雰囲気を演出し後輩や部下からの信頼も受けやすくなることでしょう。

 

♦無地・ストライプ(細い)・バーズアイ

柄は無地”“細めのストライプ”“バーズアイ※”から選ぶと程よい主張でおしゃれさを演出することができます。その他の柄を選ぶ場合は、スーツの色とのバランスを考慮して選びましょう。明るい色の場合、主張の強い柄を合わせてしまうとカジュアル印象になり、せっかく作ったオーダースーツでもクローゼットに眠ったままになんてもことも…。

(左:無地 中央:細いストライプ 右:バーズアイ)

※バーズアイ…鳥の目のような形をした生地の織りによって現れる柄です。スーツ生地の歴史の中では、非常に古い柄で、クラシックな装いの人気が高い今、非常に人気で需要の高い生地になっています。

おすすめのシルエット・デザイン

♦シルエット・サイズ感
30代のビジネスマンにおすすめなシルエットは、ベースは細身で若干のゆとりを持たせた品のあるシルエットのデザインがおすすめ。20代ではスリムでコンパクトなシルエットがフレッシュさを際立たせてくれましたが、30代が着用するスーツは落ち着きのあるシルエットのデザインが好まれます。

(左:フレッシュマンらしい細身のシルエット 右:程よいゆとりのある綺麗なシルエット)

♦デザイン
20代のスーツのデザインは、ジャケットのボタンが縦一列に配置された“シングルスーツ”が一般的ですが、30代になるとシングルスーツの他にボタンが二列に配置された“ダブルスーツ”も選択肢に入ります。大人の品格と男性のたくましさを感じさせるスーツスタイルを楽しむことができます。

(左:シングルスーツ 右:ダブルスーツ)

おすすめの生地の素材

30代におすすめなオーダースーツの生地素材は、ウール素材です。ポリエステルなどの化学繊維が多く含まれているものより、柔らかく上質な艶があり着心地も良くなります。

 

春夏にはトロピカルウールやモヘアなどの通気性がよい素材が混紡されたもの、秋冬は起毛したウール素材を選ぶなど、季節によって使い分けるのも◎

(上段:通気性の良いトロピカルウール 下段:表面が起毛したウール)

ポリエステル(化学繊維)がNGということではなく、化学繊維の特徴であるストレッチ性を活かした素材も、まだまだアクティブな30代にはおすすめの素材です。

 

おすすめのサイズ

30代に限らず、ジャストサイズのオーダースーツを仕立てることをおすすめします。無理なタイトシルエットや、ビックシルエットはスーツを傷めて寿命を短くしてしまったり、だらしない印象を与えてしまいます。オーダーする際は、担当スタイリストに自分の好みを伝えた上で、全体のバランスを調整しながら作っていきましょう。

 

30代がオーダースーツを作る際のお店選びのコツ

生地の種類の取り扱いが豊富

オーダースーツ店を選ぶ際に押さえておきたいポイントは生地の豊富さです。色や柄ももちろんですが、ご自身の予算から選べる生地が多いに越したことはありません。また着用シーンやシーズンに沿った要望も叶いやすくなります。事前にオーダースーツ店のホームページで確認したり、実際に来店する予定の店舗に問い合わせて確認してみましょう。

POINT…初めてオーダースーツを作る場合は、実際に使用する大きさの生地が置いてあるお店も検討してみましょう。多くのお店(特に小さなテーラーなど)ではバンチブックと呼ばれる生地見本のみを置いており、仕上がりのイメージが付きづらい場合があります。

(左:バンチブック 右:大きめの生地見本)

サンプル服の種類が多い

サンプル服(ゲージ服)を利用して作成するパターンオーダーやイージーオーダーの場合、サンプル服の種類が多いオーダースーツ店を選びましょう。サンプル服を着用し、そこから全体のサイズを調整していくため、種類が多いほど精度の高いオーダースーツを仕立てやすくなります。

POINT…店内のマネキンやトルソーが飾られたスーツのサンプルの数にも注目してみましょう。サンプルのスーツが多ければ仕上がりのイメージがつきやすく、「思ったより派手だった」「イメージと違った」などの失敗も防ぐことができます。

プロのスタイリストがいる

例外はありますが、ほとんどの場合担当のスタイリストが付きます。ご自身の理想や好みのデザインを伝えた上で、プロのスタイリストが様々な提案をし、擦り合わせしながら納得のいくオーダースーツを作ることができます。また何度も同じスタイリストとオーダースーツを作成し続けると、サイズやシルエット、好みの生地感などを加味して提案してくれるようにもなります。

 

POINT…ホームページや公式のSNSで、どんな年齢層のユーザーが多いのか事前に調べてみるのと良いでしょう。30代よりも上や下の世代が多く来店されているお店を選んでしまうと、要望が上手く伝わらず、イメージと違ったスーツができてしまう可能性があります。

▽▽▽テキスト

関連ページ:東京のオーダースーツ店おすすめ11選!都内でコスパよくお洒落なオーダースーツを作るには?

30代のオーダースーツにおすすめの生地

おすすめ生地①:カノニコ

軽くて柔らかく、スタンダードな色柄からファンシーな色柄まで幅広いラインナップが特徴。また春夏向けや秋冬向けといったコレクションも豊富で、オーダースーツを何度も経験しているユーザーからも愛されるイタリアブランド。30代で初めてオーダースーツを作られる方は、必ずと言っていいほど好みの生地が見つかるでしょう。

特におすすめな方…オーダースーツを初めて仕立てる方

 

おすすめ生地②:トラバルト・トーニャ

イタリア生地特有の柔らかさ・艶感を持ちつつ、防シワ性・優れたストレッチ性を備えた生地が特徴。また「エストラート」コレクションは薬品での処理をせず、身体に安全な染料にこだわって作られている為、スーツ着用時のかゆみなどにお悩みの方にもおすすめです。まだまだアクティブな30代に最もおすすめな生地と言えるでしょう。

特におすすめな方…外回りが多い方・出張が多い方

 

おすすめ生地③:エンパイア・ミルズ

英国生地らしいハリ・コシを保ちながら、しなやかな質感が生地が特徴。英国生地ながらも程よい艶感を持ち、ビジネスに使いやすい色柄を多く揃えています。英国生地の入門ともいえる生地ブランドです。30代になり、部下や後輩を持ち安定感・信頼感のある印象を与えるには英国生地がぴったりです。

特におすすめな方…堅実なご職業、会社にお勤めな方・スーツに耐久性を求める方

30代がオーダースーツを作る際の流れ

ここではパターンオーダーでオーダースーツを作る際の流れをご紹介していきます。流れを事前に知っていれば、当日にはスムーズかつ失敗のないオーダースーツ作りができます。

①予約

オーダースーツを作るお店が決まったら、日時を指定して予約しましょう。中には予約不要のお店もありますが混雑していたり、スタイリストが少ないタイミングに来店すると待ち時間が発生しやすいです。また、初めてオーダースーツを作る場合は、1時間半~2時間超かかることもあるので、予約時間の後にはなるべく用事を詰め込まないようにするのがベストです。

POINT…来店する際は、普段スーツに合わせている靴・シャツを着ていくか持っていきましょう。ジャケットの袖丈やスラックスの丈の長さを決めやすくなります◎

②カウンセリング

担当スタイリストとの顔合わせ後、カウンセリングを行います。ここでは「予算」や「いつ」「どこで」「どんな時」に着用するのか、好みの色柄・サイズ感を伝えます。この後の生地選びやモデルの選択に大きく影響してくるため、遠慮せずに要望を伝えることが大切です。

③生地の選択

オーダースーツの醍醐味と言えばスーツ生地選び。自分で選ぶ他に、カウンセリング内容を基にスタイリストが生地をピックアップします。お店によっては大きめの生地見本を置いているお店もあるので、その場合は鏡の前で肩にかけて仕上がりのイメージを確認すると良いでしょう。またスーツの価格の大部分はこの生地選びで決まってきますので、予算と理想のバランスをとって選びましょう。

 

④モデルの選択

モデルとは、ベースになるスーツのデザインのことで、大きく分けるとイギリス・イタリアの2種類に分けられます。ご職業や、どんな印象に見られたいかなどを考慮して選択しましょう。

イタリア…柔らかく洗練されたイメージ。スーツを軽く着こなしたい方・商社や広告代理店・ディーラー等の洗練されたイメージが重要なご職業の方におすすめ。主な特徴は肩から自然につながる様なナチュラルショルダー。全体的に柔らかな仕立てで、中性的で華やかさのあるスタイル

(グローバルスタイルのイタリア仕立てモデル:モダンクラシック)

 

イギリス…かっちりとして誠実なイメージ。クラシックスタイルが好きな方・公務員や行員・士業等の堅実なご職業の方におすすめ。主な特徴は、ジャケットのシルエットで重要なパッドがしっかり入り、ハリのあるショルダーライン。堂々としたブリティッシュスタイルの象徴的な仕立てで、固い馬の毛を使った毛芯の使用など、丈夫なスーツは基本的なスタイルです。

(グローバルスタイルのイギリス仕立てモデル:モダンブリティッシュ)

▽▽▽職業別スーツスタイルのおすすめが気になる方はこちらもチェック

関連ページ:職業別で分かるスーツスタイル~TPO別の服装と着こなし~

 

⑤採寸

モデル選択と前後する場合もありますが、まずは自身の寸法を測り、それに合ったサンプル服を着用し調整していきます。この時に「もう少し着丈が長い方が良い」「裾は長めで」などの要望があれば伝えましょう。スタイリストが希望に沿って対応してくれます。

 

⑥ボタン・裏地の選択

生地に続いてオーダースーツといえばボタンや裏地選びでしょう。生地同様に様々な種類のものがあり、ご自身のお好みやスタイリストと相談しながら決めていきましょう。

POINT…ベストもセットになったスリーピーススーツを仕立てる場合、ベストの裏地にはジャケットと同じものが使われることが多いので、ペイズリー柄やパープル等の派手目な裏地を選ぶ場合は注意しましょう。

⑦仕様・ディテールの選択

最後にスーツの仕様を選んでいきます。「袖のボタンの数」「ベントの種類」「ポケットの種類」など細かく決めることができ、様々なオプションもあります。

■ポケットの種類

■ベントの種類

■ボタンの数や本切羽仕様など

■裏地の面積・有無など

POINT…お店によって多種多様なオプションがあり迷ってしまいがちですが、カウンセリングで要望をしっかり伝えれていればスタイリストが要望に沿った提案をしてくれます。

⑧受け取り

お店から仕上がり連絡がきたら、受け取りに来店しましょう。ここで最後のポイントです!

POINT…お店について仕上がりを確認したら、必ず試着することをおすすめします。希望通りのサイズになっているか・着心地はどうか確認し、もしサイズが合わない等があればそのままお店に修理をお願いすることができる場合があります。

 

30代のオーダースーツならGlobal Styleにお任せください。

グローバルスタイルでは20代~60代以上の方まで幅広いお客様にご支持いただいております。生地や採寸などの専門知識はもちろん、カラーコーディネーターなどファッションのコーディネートに役立つ資格もったスタイリストや、トレーニングが趣味のスタイリストなど、あらゆるお客様のお悩みにもお応えします。

グローバルスタイルの特徴
-FUTURES-

■本格オーダースーツをリーズナブルな価格で

■約5,000種以上の生地から選べる

■10型以上のスーツモデルをご用意!

■専属スタイリスト常駐!

 

***
いかがでしたでしょうか?

30代というビジネスマンとしてとても大事な時期を、こだわりのオーダースーツで部下・後輩・上司からも一目置かれる存在になってみませんか?

▼▼▼ワンランク上のスーツが欲しい・今までスーツのサイズに妥協してきたといった方はこちらをどうぞ。

23年秋冬モノ新作生地も対象で本格オーダースーツを

【年内最後!】選べる豪華特典付で本格オーダースーツがお得!
▶本格オーダースーツ2着¥48,000~(税込¥52,800~)

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡)

⇒ ⇒ 「ご来店予約」はこちら
⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡)

人気の記事