東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの生地ブランド紹介

【2021年8月】「グローバルスタイル」~先を見越して・秋口から着用できるスーツ生地特集~

(最終更新日:2021.08.19)2021.08.01 # スーツの生地ブランド紹介

【2021年8月】「グローバルスタイル」
~先を見越して・秋口から着用できるスーツ生地特集~

皆様こんにちは。

暑さが増す日々が続いていますね。ジャケットを着て仕事をしていると滝のように汗が出てきます。外回りの方等私より大変かと存じますので是非ご自愛ください。夏真っ盛りですが今回のご紹介は21秋冬の新作です。こんな暑い時期に、、、となりそうですがオーダーの場合、仕上がりにどうしても日数を頂いております。

夏物を注文したけど秋口で着る機会が少ないなとならない為にも、少し先を見越してオーダーするのがおすすめです。仕上がりはおおよそ20日程度ですので秋口から着用できる生地を、ピックアップしておりますので是非ご覧ください。

 

【1】カノニコ【Made in Italy】

1936年創業のウール織物で有名なイタリア北西部のビエラ地区の中でも名門の機織メーカーで高品質の高級ウールを主に産出する。原毛をオーストラリアより直輸入し、最新鋭の紡績機械・織機を使い、糸の紡績から生地までを一貫して生産している。高品質でコストパフォーマンスに優れた商品は世界各国で高い評価を得ています。生地の特徴としては、軽くて、柔らかく、発色の良さがあります。

程よい生地感と生地のしなやかさが素晴らしいコレクションです。PERENNIALシリーズで夏以外の期間着用可能な生地となっております。無地、ストライプ、チェックと幅広く揃ており、ほしい柄が無い等のミスマッチは、ほぼほぼ起きないでしょう。

▼一番のオススメはグレー地にオレンジのストライプがデザインされたこちらの生地▼
普通では中々見かけない色使いでありながら派手過ぎず、地味すぎずのいい塩梅です。秋からはベストつけての三つ揃いが渋くて格好いいんじゃないでしょうか!

 

【2】 レダ【Made in Italy】

1865年創業のイタリアを代表する名門服地メーカーです。約150年もの歴史をもつレダは、原毛の調達から生地の完成に至るまで、すべての工程を直接管理しています。徹底的に管理された生産工程、完璧な糸を求め続ける探求心。それがレダの製品を常にトップの品質に保ち続けている理由です。定番となるクラシカルなデザインから、時にはファンシーなものまで、平均2,500種ものデザインを毎シーズン世の中に送り出しています。

カノニコに並ぶイタリアの大メーカー。レダは毎年展開しているシルキーエフェクト(艶出し加工)からカノニコと同じく幅広く色柄も展開しております。画像のような一見グリーンだけど表裏で糸を変えることで角度によって色が変わるソラーロも準備しております。仕事着としては着こなしづらい所がありますがOFF用として中にニットを合わせたり、軽い着こなしをすると、かなり様になる生地です。

ソラーロもおすすめではありますが、個人的にはネイビー×ホワイトのウインドウペン。普段はモスグリーンや微妙な色合いのベージュなんかを着ているので、久々に正統派な三つ揃えスタイルが気分です。

 

【3】トレーニョ【Made in Italy】/ジョンフォスター【Made in England】

GSでは定番ブランドして展開しておりますが、今シーズンは久々にインポートブランドらしい“オルタネイトストライプ”をご準備。異なる2本の線でストライプを構成しておりデザイン性が高く通常のスーツとは違う雰囲気が出せますよ。

 

<トレーニョ【Made in Italy】>
創業は1900年、100年以上続くイタリアの紡績メーカーです。イタリアの高級毛織紡績産地として有名なビエラで設立。日本の織物産業が盛んな都市桐生市とも姉妹都市提携しています。ヨーロッパのみならず世界のファッションをリードするブランドに生地を提供し続けており、歴史ある地区で作られていますが、老舗的な地味なものより、色、素材、柄ともに新しい印象を受けます。紡績メーカーとしては世界中で有名ですが、一般的にはあまり知られていないのもポイント。

▲ベースとなる生地とは異なるライン色や、同色系で統一感のあるデザイン▲
 

<ジョンフォスター【Made in England】>
イギリス、ウェストヨークシャー州のブラッドフォード郊外クイーンズベリーにて生地を生み出してきた。1819年創業のブランドです。グレートエキシビジョン(ロンドンバンコク博覧会)でジョン・フォスターはモヘア生地で一等を、糸では金メダルを獲得しています。ジョン・フォスターで作られる細番手の生地やモヘア生地は世界的に品質を認められ、1世紀半以上にわたり世界のアパレルメーカーやテーラーなどに生地を使われ続けています。

▲ストライプ好きなら1着は仕立ててみたい、奥行のあるオシャレを楽しめます▲
 

-Global Style- ~おすすめスーツスタイル~

最後に、今回ご紹介のブランド生地で仕立てたその他秋冬モノのスーツを見ていきます。秋口・(冬・真冬)と、どの時期に着たいのか考えながら、お好きな色柄を選ぶ参考にどうぞ。グローバルスタイルでは、レディーススーツの取り扱いもございます。

 

<カノニコ-メンズスーツ>
カノニコは、とにかく色柄のバリエーションが豊富、色や柄にこだわりがある方や、他の方と差をつけたスーツが欲しい方にもオススメ。また、秋冬生地でも発色の良さに定評があり上品なイメージになります。

==============
レディーススーツ
インナーとのカラーバランスで華やかにもシックにも見せれるレディーススーツ。秋色のブラウンに、グリーンや鮮やかなブルーで季節感のある装いをどうぞ。カノニコは、明るい色の生地が豊富なので組み合わせのバリエーションが広がります。

 

<レダ-メンズスーツ>
レダは、正統派のスーツ生地から、エレガントな装いにピッタリのセレモニー用まで充実。ビジネス・カジュアル・冠婚葬祭・プライベートと、着用シーンに合わせたスーツをつくれます。

==============
レディーススーツ
メンズ・レディースともにオススメなのが、スーツの裏地。普段見えない部分ですが、さりげないオシャレさをアピールできる場所としてこだわりたい。ダーク系の色が自然と増える秋冬、明るい色を入れてバランスを整えるのも良いかもしれません。新作生地紹介でも登場した“ソラ―ロ”に近い、華やかなワインレッドでワンランク上の装いもオススメ。

 

<トレーニョ&ジョンフォスター>
カノニコやレダは、スーツ生地ブランドの中では、比較的知名度の高いモノとなります。イタリアのトレーニョや、イギリスのジョンフォスターは、2着目のオーダーやブランドの歴史を肌で感じたい方にオススメ。


いかがでしたでしょうか。

このほかにも随時新柄の生地は入ってきておりますので、一度店舗に生地を見に来て下さい。ほしくなる生地多数揃えておりますので見ているだけでも楽しいですよ!皆様のご来店お待ちしております。では次回に。

▼▼▼今回ご紹介の生地も対象「上質なインポート生地で仕立てる本格オーダースーツ」はこちら

イタリア・イギリスのオーダースーツ

 イタリア・イギリスの特徴を感じられるスーツに仕上がります!
▶インポート生地のオーダースーツをまとめ買いでお得
 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌・仙台)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌)

Supervisor - この記事の監修者

営業部 商品グループ MD
田口雄太

1990年生まれ 大阪府出身。学生時代にスーツスタイル、オーダーメイドに興味を持ちグローバルスタイルに入社。大阪の店舗で店長を歴任し、現在は生地を扱うMDとして日々奮闘中!

この監修者が書いた記事を読む

人気の記事