東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

パターンオーダーで仕立てるスーツとは?~イージーオーダー・フルオーダーとの違い解説~

2018.10.18(最終更新日:2018.10.18) # スーツの着こなし術

オーダーメイドのパターンオーダーとは?

スーツと言えばオーダーメイド、ビジネスマンなら1着は持っておきたいのがオーダースーツ。既製服にはない、“サイズ・デザイン・色柄”が自由に選べ、自分に合った最適なスーツになります。オーダースーツは、同じ生地を選んでも仕立て・縫製工程によって違いがあります。その中でも、一番広く知られている「パターンオーダー」を中心に見ていきます。

●パターンオーダーとは・・・お客様のサイズに合ったベースとなるゲージ(見本)スーツを着用し、さらに、着丈や身丈、パンツなど好みに合わせたサイズ調整していく方式。

そこで今回は、初めてのオーダースーツにおすすめのパターンオーダーを中心に!『一般的な3つのオーダー方法との違い』『選ぶコツ・保証の確認』『-Global Style-パターンオーダーの流れ・人気モデル』について見ていきながら、それぞれのオーダーのメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  一般的な3つのオーダー方法との違い
1-1.  【1】パターンオーダー
1-2.  【2】イージーオーダー
1-3.  【3】フルオーダー
2.  3つのオーダーまとめ~縫製の違い~
3.  パターンオーダーを選ぶコツ・保証について
4.  -Global Style-パターンオーダーの流れ
5.  -Global Style-人気モデルの紹介

 

一般的な3つのオーダー方法との違い
【1】パターンオーダー

まず、オーダーの種類には大きく分けて“パターンオーダー”“イージーオーダー”“フルオーダー”の3つがあります。採寸方法の違いはもちろん、イージーオーダー以上になると型紙の数や細かな体型補正もできる為、価格も大きく異なってきます。ここからは、それぞれの特徴、メリット・デメリットを見ていきます。

パターンオーダーとは、ベースとなるスーツ(サイズゲージ服)の中から、自分の体のサイズにあったモノを試着する。そしてそこからより自分のサイズにフィットするように細かなサイズ調整をしていく。例えば、ジャケットは、着丈や袖丈の調整、パンツは、丈やウエストなどの部分の調整を行う。お店によってデザインや、オプションなどでアップグレードが可能。


<パターンオーダーのメリット・デメリット>
パターンオーダーのメリットは、初めての方でも安心の低価格からのオーダーが楽しめ、ゲージ服を着ることで、仕上がりに近くイメージが湧きやすい。デメリットは、特殊な体型など、人によってはサイズ感が合わない場合や、細かな“体型補正”ができないこともある。※バスト・ウエスト・ヒップ周りのサイズは対応しているが、いかり肩や撫で肩などの補正ができない場合が多い。

 

【2】イージーオーダー

イージーオーダーとは、パターンオーダーと同じように、ゲージ服を試着。そこからお客様の体型に合わせた細かな“体型補正”を行う。お店によって型紙補正や手裁断が行え、特殊なデザインにも対応。


<イージーオーダーのメリット・デメリット>
イージーオーダーのメリットは、“体型補正”が可能となり、体・癖などの悩みを解決し、より自分好みの1着になります。デメリットは、体型補正ができることで、細かい部分では、工場が持つシルエットの基準によって限度があり、フィッターとの完成イメージが合致していないと合わないスーツになってしまうこと。

 

【3】フルオーダー

フルオーダーとは、“仮縫い”をすることで、イージーオーダーよりも細かな“体型補正”が可能となります。基本的には、テーラーと呼ばれる方が採寸を行い、自由度の高い型紙から体型に合わせて一から作られます。


<フルオーダーのメリット・デメリット>
フルオーダーのメリットは、専属のテーラーと相談しながら決められ、“仮縫い”があることで、イメージと異なる部分の修正を行うことが可能です。デメリットは、知識や技量のないテーラーにあたってしまうと、仕上がりに大きく左右されてしまうこと。他のオーダーよりも、予算や時間が掛かる。

 

3つのオーダーまとめ~縫製の違い~

左から、価格(相場)⇒縫製⇒特徴  ※価格は、選ぶ生地のランクや、お店によって異なります。

<パターンオーダー>
20,000円~60,000円 ⇒マシンメイド・ミシン縫い(一部ハンドメイド)
⇒ベースとなるゲージ(見本)スーツを着用

<イージーオーダー>
50,000円~200,000円 ⇒マシンメイド・ミシン縫い(一部ハンドメイド)
⇒ベースとなる型紙から細かくサイズ調整

<フルオーダー>
200,000円~ ⇒ハンドメイド(手縫い)・マシンメイド+ハンドメイド
⇒仮縫い状態で試着しながらサイズ調整


<縫製の違い>

マシンメイド・・・機械縫製、ミシンを使用し縫い上げる方法
ハンドメイド・・・職人さんが手縫いで仕上げる方法

ハンドメイドは、アイロンでクセ取りをし、生地を曲げた後に縫うことができるため、体によりフィットしやすいように丸く仕上げることができます。

 

パターンオーダーを選ぶコツ・保証について

パターンオーダーを選ぶコツは、ゲージ服の多さにあります。多ければ多いほど、自分に合ったサイズのスーツに出会える可能性が広がります。また、お直しの確認・保証についても事前に確認しておくと良いでしょう。

 

-Global Style-パターンオーダーの流れ

オーダースーツ専門店「グローバルスタイル」では、今回ご紹介の“パターンオーダー”を基本としたシステムを採用。店舗にご来店いただき採寸。お客様のサイズに合ったベースとなるゲージ(見本)スーツを着用し、さらにサイズ調整を行います。


<グローバルスタイルでのオーダーの流れ>
1.カウンセリング ⇒ 2.生地の選択 ⇒ 3.モデルの選択 ⇒ 4.採寸 ⇒ 5.ボタン・裏地などのディテールの選択

スーツは、トータルでの着こなしが大切です!グローバルスタイルでは、スーツに合わせるシャツ、コートやシューズのオーダーもあります。

 

-Global Style-人気モデルの紹介

グローバルスタイルでは、約5000種類以上の生地、全10型以上のスーツモデルをご用意しております。ここでは、そんな中でも特に人気のモデルをご紹介。


<Modern Classic Model-モダンクラシック>

従来より低めに設定された釦位置により深めのVゾーンを強調し、フロントのカッタウェイラインがエレガントさを表現。クラシックの部分とセクシーさを融合したモデルです。

スーツ生地:テーラー&ロッジ

<Modern British Model-モダンブリティッシュ>

従来からある重厚な英国風仕立てを アレンジして薄めのパットやソフトな毛芯を用いています。ブリテッシュスタイルの新しい息吹を体感できます。

スーツ生地:ゼニア(エレクタ)

<Michelangelo Sartoria Model-ミケランジェロサルトリア>

上質な毛芯とマシンとハンドが絶妙に融合された仕立てにより生み出される極上の着心地感が特徴です。体を丸く包み込むような曲線の美を一度体感して下さい。

スーツ生地:ゼニア(エレクタ)
 

***
いかがでしたでしょうか?

オーダーメイドの中でも、よく知られている「パターンオーダー」。是非、スーツを仕立てる際の参考にしてみてください。

 

▽▽▽グローバルスタイルでは、お得にパターンオーダーのスーツを楽しめるフェア開催中!

オーダースーツ業界の常識を変える、グローバルスタイルとは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

【先着順】新店オープン記念特典付き!オーダースーツ2着48000円~


オーダースーツ2着コンビフェア48,000円~
 
グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)
お近くの店舗のご来店予約・店舗情報はこちら(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

おすすめの記事