東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

ビジネスマンにオススメ!秋冬オーダーコートの魅力

2016.11.02(最終更新日:2017.10.06) # スーツの着こなし術

2016coat11TOP

秋冬のスーツスタイル!ビジネスマンに欠かせないコート

スーツの重ね着シーズン、寒さが厳しくなり欲しくなるのがコート。しかし、カジュアルなファッションとは違いインナーの組み合わせがほぼ決まっているスーツは、オシャレのバリエーションが少なくなります。そこで今回ご紹介するのが、自分の好きなこだわりを生地・サイズ・モデルからカスタマイズできるオーダーコートです。

2016coat1101
中でもオススメなのが「チェスターコート」と「ステンカラーコート」の2つ。
もちろん、既製品の中にもオシャレなモノが多く十分に楽しめますが、他の人とは違ったオシャレを楽しみたい方は是非参考にしてみてください!

2016coat1102
2016coat1100

まずはじめに「チェスターコート」・「ステンカラーコート」とは?

コートといっても、ダッフル・モッズ・ピーコート・N-3B・ダウンコートなどなど種類は豊富にあります。
その中でも今回は、ビジネススーツと合せるとよりカッコ良くオシャレにきまる「チェスターコート」・「ステンカラーコート」についてご紹介していきます。ルーツや特徴を知ることで、より自分に合ったコートを見つける1つのキッカケになりますよ。

コート-thumb-320x218-5369
引用:http://3nomiya.net/
■チェスターコートとは
チェスターコートは、19世紀にチェスターフィールド伯爵が最初に着用したことが名前の由来とされています。
正式なものは比翼仕立て(表からボタン穴やボタンが見えないようにボタン留めの部分を二重に合わせたもの)であったり、襟の裏に別布をつけていたりします。わかりやすくいうと基本的には“襟がテーラードジャケットの形をしている”コートになります。丈は長くても膝上あたりとし、ややジャケットよりも長い丈であるのが基本的なスタイル。最近では、よりフィット感がタイトなシルエットのコートが人気です。

2016coat1103

■シングル・チェスターコートとダブル・チェスターコートの違い
チェスターコートは、気品さと風格のあるコートなので、ビジネスシーンのコートとしてはもちろん、フォーマルシーンでも活躍してくれます。そこで、知っておきたいのがシングルとダブルの違いです。
シングルの場合は、前ボタンは比翼仕立ての仕様になっており、襟型はノッチドラベル(下襟の先が下がったデザインでもっともポピュラー)になります。ダブルの場合は、襟型はピークドラベル(下襟の先が上がったデザイン)になっております。

2016coat1104
1着欲しい方は、シングルタイプがオススメ。ビジネスシーンでもプライベートでも着まわすことができます。また、色柄や丈を変えることで、様々な印象になるのもシングルタイプの特徴です。ダブルタイプは、重厚感がありカチッとした雰囲気が強くなり着こなすのが少し難しくなります。
その反面、2列ボタンのため閉じた時のシルエットがズバ抜けてカッコ良くなるのでハイセンスなオシャレを楽しめるため選ぶ方も多いようです。

2016coat1105
 

■ステンカラーコートとは
ステンカラーコートは、レインコートの一種で、トレンチコートが元となりデザインされたと言われております。
ボタンの位置は中心の1ラインのみで、比翼仕立てであるのが一般的な形になります。簡単にいうと“襟が1つで、後ろ襟腰がやや高め、前側はやや低くなっているのが特徴、そしてその襟が直線的に折り返ったコートのこと”シルエットが綺麗なので大人の雰囲気を楽しみたい方へオススメです。毎日のスーツスタイルを確立してくれる、ビジネスマンであれば1着持っておくと便利でしょう。

2016coat1106
ビジネスマンの秋冬に欠かせないコート、他の人とは違ったお洒落を楽しみたい方へ、是非オススメです。

 

オーダースーツ専門店「グローバルスタイル」がお届け
秋冬にオススメの色柄と素材をご紹介!

■秋冬のオススメの色
ベーシックなものでシックに、コートのトーンをあえて明るめにして小物に濃いめの色を合わせるのも良いでしょう。

2016coat1107
季節感をより楽しみたい方は、暖かさを感じるキャメルや大人の落ち着いた雰囲気を演出できるグレーがオススメです。

2016coat1108
▼それぞれのカラーで仕立てた時のイメージになります▼
2016coat1109
 

■秋冬のオススメの素材と柄
大柄のチェック等遊びの効いたデザイン、ツイードに代表される固さのある服地、カシミアやアンゴラといった高級素材など幅広い種類があります。

2016coat1110
特に、普段スーツにあまり柄を入れられず、無地が多い方でも少しコートで遊び心あるスタイルとしてチェック柄がオススメです。

2016coat1111
▼こちらは、チェック柄で仕立てたチェスターコートになります▼
2016coat1112
既製品の中にもお洒落なモノが多く、十分にコートスタイルを楽しめます。ですが、豊富にある生地や素材感の違いをの中からお気に入りを見つけて仕立てるオーダーコートで、毎年着たくなるようなお気に入りのコートを1着を手に入れて見ませんか?

 

オーダースーツ専門店「グローバルスタイル」選べるコートモデルのご紹介!

■スポルベリーノ・チェスターコート
「Spolverino」とは、イタリア語で「埃避け」を意味し、肩パッドや芯地を省略した非常に軽いコートを指します。1870年頃に登場した歴史のあるモデルで、上品でありながらカジュアルにも合せることができるコートとして重宝されています。

2016coat1113
 

■ステンカラーコート
トラディショナルなコートの代表格として、幅広い年代に愛されるデザイン。アメリカ東部のアイビーリーガーたちに愛されアメリカ中に広がり、日本でもブームになりました。第1ボタンを開けても留めてもサマになる襟がポイントで、襟先のボタンを留め、襟を立てて防寒性を高められるのも魅力の1つです。

2016coat1114
 

■スポルベリーノ・ダブルチェスターコート
エレガントなピークドラベルのフォルムと6釦3つ掛けのディテールがダブルチェスターが本来持つクラシックで重厚感のある雰囲気を醸し出してくれます。ソフトで羽織るような軽い着心地の実感により、ドレッシーにもスポーティーにも着用できる万能なコートです。

201613 00621101

暖かさにこだわりたい方にオススメ
最高級カシミアで仕立てる『Loro Piana -ロロ・ピアーナ-』のコート

Loro Piana -ロロ・ピアーナ-とは?
歴史は古く、1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナ(Pietro Loro Piana)がテキスタル会社を創立したのが始まりです。一番の特徴は、最高級の原料から最高級の製品を作り出しているところにあります。

2016coat1115
ロロピアーナは、創業当時から最高級品質の天然素材だけを使用し、徹底的に質にこだわるという事が、90年以上もブランドを保っています。なかでも高級カシミヤに関しては、全世界の30%はロロピアーナのカシミヤいうのには驚きですね。

2016coat1116
▼こちらは、カシミア100%のステンカラーコートになります▼
2016coat1117
 

**

いかがでしたでしょうか?

2016coat11TOP
スーツの重ね着シーズン、寒さが厳しくなり欲しくなるのがコート。
オシャレのバリエーションが少なくなる季節だからこそ、自分の好きなこだわりを生地・サイズ・モデルからカスタマイズできるオーダーコートはオススメです。

 

【オーダースーツとセットでお得!】デザイン豊富なオーダーコートフェア

【オーダースーツとセットでお得!】デザイン豊富なオーダーコートフェア
グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)
 

***

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”
そんな想いから、「ENJOY ORDER!!」をコンセプトにして生まれた、オーダースーツ専門店の『Global Style-グローバルスタイル』。より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。毎日のように着るスーツだからこそ、自分の体型に合った、良質な生地とお洒落なデザインのスーツで身を包みましょう。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事