東京・大阪・京都・名古屋・福岡グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

横浜F・マリノスコラボ企画【飯倉大樹×吉尾海夏「成人式のオーダースーツを作りに行こう!」】舞台裏レポート

(最終更新日:2019.08.20)2019.01.15 # スーツの着こなし術


オーダー専門店グローバルスタイルは2018シーズンより横浜F・マリノスの公式スーツサプライヤーとして選手のオーダースーツをご提供。SNSなどでも選手のスーツ姿が話題に挙がり、サポーターの方々を中心に盛り上がりました。


今回は、横浜F・マリノスのオフィシャルマガジン『TRICOLORE 2018冬号』に掲載の【飯倉大樹×吉尾海夏「成人式のスーツを作りに行こう!」】の舞台裏をレポート!

成人式を控えた吉尾海夏選手マリノスのお洒落番長こと飯倉大樹選手と一緒に、実際にGINZAグローバルスタイルにお越し頂きオーダーするという企画です。

ユニフォーム姿ではない飯倉選手と吉尾選手の素顔にもご注目下さい♪
最後には限定公開の吉尾選手のスーツスナップも掲載しています。
※吉尾選手は2019シーズン、ベガルタ仙台へ期限付き移籍

飯倉選手と吉尾選手がご来店


GINZAグローバルスタイル銀座新本店の前には飯倉選手の後ろ姿。飯倉選手の背中がとても大きい!流石ゴールキーパー・・・と、その陰に爽やかな笑顔の吉尾選手が。挨拶もそこそこに店内へ。さて、今回はどんなオーダーとなるのでしょうか!

まずはじっくりとカウンセリング!
飾られているスーツモデルも参考に

▲ダブルスーツも気になる様子

まずはスーツモデルを「シングル」「ダブル」から選びます。「成人式=目立つ」となるとダブルスーツも視野に入りますが、ここはベスト付きがカッコいいとスリーピーススーツに決まりました。

生地の豊富さに悩む吉尾選手
成人式オーダーは思いのほか難航!?

まずは方向性を決める為に、生地見本帳(バンチブック)をパラパラとめくりながら意見交換。吉尾選手の一生に一度の成人式「シンプルではなく派手に目立つもの」という方向性で決まり、飯倉選手は気合みなぎり生地見本帳をめくっていきます。一方の吉尾選手は生地の豊富さに中々イメージが浮かばない様子。

▲さすがお洒落番長、ナイスアシスト!

そこで飯倉選手が「雑誌でも見ながらイメージを掴もう」と助け船。仕上がりイメージが湧きにくい場合は、雑誌やSNSのスーツスナップが良い参考になります。流行を取り入れるということで、チェック柄のブリティッシュスタイルなどが候補に挙がりました。

最終的には「スリーピーススーツと柄モノの組み合わせで勝負」となり柄モノ生地を探していくことに。

飯倉選手の目が光る!
イメージにピッタリの生地との出会い


「ブリティッシュ」「尖ったデザイン(柄物)」と大まかに方向性は見えてきたものの、ドンピシャの生地には中々出会えない様子…。グリーン系のアースカラー、デニム素材、千鳥格子柄など、特徴のある生地が候補に挙がっていきます。
そして「顔的に赤系が良い」と飯倉選手の言葉を聞きスタイリストが持ってきた生地を見ると…!

▲一目見て「良い!」との言葉が飛び出しました

お二人ともこの笑顔!カウンセリングの最初の方でチラリと言った「えんじ系が気になる」との飯倉選手の言葉も伏線になっていました。さすがスポーツ選手、先読みの力(?)が凄いです!

ちなみにスーツモデルは肩パッドの無い「アンコンモデル」に決定。このモデルはオーダージャケットにオススメで、セットアップでは少々派手な生地でもジャケットやパンツ単体でカジュアルに着こなせます。成人式はセットアップで派手に、その後もジャケパンスタイルで活躍することでしょう。

成人式の為にもう一度採寸!
一生に一度の舞台に気合いが入る


「サイズは前に測ったので・・」と採寸を遠慮しようとする吉尾選手に、「折角なんだからいじろうよ!オーダーなんだし!」と飯倉選手は採寸を勧めます。「それならお願いします!」ともう一度採寸することに。


採寸の際に、パンツの裾を折り返す「ダブル」にとパンツのデザインも公式のスーツとは少し変えることになりました。この際、飯倉選手は早くも靴下に目が向いていました。「靴下も大事だぞ・・・!」

スーツのディテール決め!
徐々にオーダーに慣れてとても楽しそうな雰囲気


続いてスーツのボタンや裏地、ベストのディテールを決めていきます。理想の生地にも出会えた安心感と、オーダーへ慣れてきたこともあり現場はリラックスした雰囲気に。

ボタンは飯倉選手のアドバイスで「焼き水牛ボタン」に決まり。これはグローバルスタイルでも人気の高い「水牛ボタン」を焼き加工して渋みを増したもの。「とことんクラシックに」のコンセプトの通り、今回選んだスーツ生地との組み合わせは抜群です。

▲沢山の裏地を前に、悩みに悩むお二人

そして裏地選び「ああ~ムズイ!」と悩む吉尾選手に、「裏地これ難しいぞ・・・」と飯倉選手も悩む様子。ここはプロの意見を…と、スタイリストのアドバイスを元に3色まで絞ります。

最終的には飯倉選手と吉尾選手が同時に裏地2つに選ぶことになり、意見が一致した「ネイビー」の裏地に決定!


ベストも襟付きにしてブリティッシュスタイルを貫き通します。ダブルボタンの襟付きのベスト飯倉選手の好みにベストマッチしたそうで終始笑顔がこぼれていました。

ポケットのデザインは斜めになる「スラントポケット」、上に小さめのポケットを付ける「チェンジポケット」、そして袖口のボタンが外せる「本切羽」と、とことんオーダーらしさを詰め込んだスーツにしていきます。

▲左から「スラントポケット」「チェンジポケット」「本切羽」

オーダーの仕上げ!小物類も選んでいきます


最後に、オーダーの仕上げとして靴下・ネクタイなど小物類も揃えていくことになりました。「小物もいいんですか?」と遠慮がちな吉尾選手に「最悪、俺が買ってあげるから!」と漢気を見せる飯倉選手。ネクタイは同色系の無地、靴下は裏地に合わせてネイビーに決定しました。こうして成人式スーツのオーダー完了です!

【まとめ】大満足のオーダー
完成が楽しみです!

いかがでしたか?

今回の【飯倉大樹×吉尾海夏「成人式のオーダースーツを作りに行こう!」】企画、緊張気味にスタートした吉尾選手の初オーダースーツ作りは、飯倉選手のサポートにより和やかな雰囲気で進みました。出来上がったスーツ姿はとてもカッコよく、成人式で目立ったことでしょう。

⇒後日、完成したオーダースーツ着用の吉尾選手スナップ写真を頂きました!是非、ご覧ください♪

吉尾選手×成人式スーツスナップを限定公開


個性的な色柄もバッチリ着こなしている吉尾選手。着用スーツ生地は、英国ブランドの「Savile Clifford(サヴィル・クリフォード)」。創業100年を超える英国名門ブランドであり、伝統的かつ独創的な生地が特徴です。


飯倉選手と吉尾選手で意見がマッチした裏地のブルー。「間違いない」とスタイリストもお墨付きの通り、バッチリ映えています!

以上、【飯倉大樹×吉尾海夏「成人式のオーダースーツを作りに行こう!」】レポートでした!

撮影協力:株式会社フロムワン

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証

 

グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ Global Style 公式サイト
⇒ 最新のフェア情報へ
⇒ 店舗一覧(東京・大阪・京都・名古屋・福岡)
⇒ 本日から2日後よりご予約可能!「ご来店予約」はこちら
【要予約】プライベートフィッティングルーム

グローバルスタイルの店舗情報(東京・大阪・名古屋)

おすすめの記事