東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

スーツの色や柄の与えるイメージとは~誰でも印象度がアップする選び方~【レディース版】

(最終更新日:2021.10.01)2021.09.29 # スーツの着こなし術

スーツの選び方~与えたい印象~

皆さんは普段、どんな基準でスーツを選んでいますか。少し専門的な話になりますが、メラビアンの法則によると、人の第一印象の55%は視覚情報によって決まると言われています。メイクや髪型と同じようにスーツも見ために大きな影響を与えます。女性のスーツの場合は特に、男性のスーツよりも幅広い色やデザインが多く、スーツの選び方にも大きな違いがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、色柄の持つイメージや与えたい印象で見る!『スーツはコミュニケーションツール』『スーツの色が与える印象~色が持つイメージ』『スーツの柄が与える印象~柄が持つイメージ』について見ていきながら、スーツ選びの新しい視点、今までとは違うスーツの見方をご紹介していきます。

 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  1. スーツはコミュニケーションツール
2.  2. スーツの色が与える印象
2-1.  ①ネイビー
2-2.  ②ブルー
2-3.  ③ブラック
2-4.  ④ライトグレー
2-5.  ⑤ベージュ
2-6.  ⑥ブラウン
2-7.  ⑦グリーン
2-8.  ⑧ホワイト
2-9.  ⑨レッド
3.  3. スーツの柄が与える印象
3-1.  ①ストライプ
3-2.  ②ウインドペーン
3-3.  ③グレンチェック
4.  自分の理想の姿を作り上げるには

 

1. スーツはコミュニケーションツール~人に与える印象が違う~

スーツは色や柄、デザインなどが違い選び方も人それぞれですが、オフィシャルなビジネスシーンで着用するスーツは、仕事での人間関係を円滑にするコミュニケーションツールとしてとても重要です。

▲ご紹介のモデルは、オーダースーツ専門店『Global Style』のデザイン例です▲

まずはじめに、上の表を御覧下さい。この記事では「カラーや柄」「スーツやジャケットのイメージ」「与える印象」とそれぞれのスタイルについて見ていきます。表にもあるように普段何気に選んでいるネイビーやグレー、ブラウンなど、それぞれの色が持っている人に与えるイメージが違います。またストライプやチェックなどの柄によってもそれぞれ違います。


このことを知るだけで、スーツ選びが劇的に変わります。オフィシャルシーンはもちろん、カジュアルシーンの中で、会社内での立場や営業での対人折衝など、自分自身をいかに装い、見せていくかというポジティブで戦略的なスーツの着こなしが可能になります。

 

2. スーツの色や柄が与える印象~色が持つイメージ~
①ネイビー:「知的」「真面目」「誠実」

ビジネススーツの定番「ネイビー」。一番多くビジネスで着用されている色ですが、このネイビーには「知的」「真面目」「誠実」などのイメージがあります。

勤勉な日本人にとって一番好まれているのもその色が持つイメージから納得出来ますね。仕事において初対面の人などにまず好意的な印象を持ってもらう上でも最初に選択すべき基本になる色です。

 

②ブルー:「若々しさ」「爽やかさ」「清潔感」

青味や明るさの強い色「ブルー」ここ数年で非常に人気になっている色です。色の持つ華やかさからも「若々しさ」や「爽やかさ」「清潔感」などのイメージを与える事が出来ます。またネイビーと比べると顔まわりが明るいイメージになります。派手ではないお洒落感があり、少し個性的な自分を演出したい時にはオススメ。

またネイビーと比べると顔まわりが明るいイメージになります。派手ではないお洒落感があり、少し個性的な自分を演出したい時にはオススメしたい色です。

 

③ブラック:「高級感」「エレガントさ」「スタイリッシュさ」

昔はフォーマルな場など冠婚葬祭に着る色だった「ブラック」もビジネスで着る人が増えました。「ブラック」の持つイメージは「高級感」や「エレガントさ」「スタイリッシュさ」です。黒にはストイックで人を惹きつけるイメージがあり、また着ると何となく身の引き締まる気持ちになります。

ただ一つ注意点があり、海外では黒のスーツは「喪服」でありオフィシャルなビジネスシーンでは着用しないのがルールです。海外出張などに行かれる機会がある方はぜひ憶えておいて下さい。

 

④ライトグレー:「都会的」「クール」「洗練された」

どちらかというと春夏のイメージがある「ライトグレー」。2021年の年間トレンドカラーでもあるこの色は「都会的」「クール」「洗練された」などのイメージ。

スマートでそつなく仕事が出来る印象を作りだしたいという人にオススメしたい色。

 

⑤ベージュ:「優しさ」「温和さ」「上品さ」

黒髪の日本人では着こなしが難しいとされている「ベージュ」。この色の持つイメージは「優しさ」や「温和さ」「上品さ」です。

暖かみを感じるベージュの持つ雰囲気が優しいイメージを表現してくれます。人にそういった柔らかで品の良い印象を与えたい人にオススメしたい色。

 

⑥ブラウン:「落ち着き」「大人っぽさ」「安心感」

ここ数年のトレンドの流れもあり多くなってきているのが「ブラウン」。この色持つイメージは「落ち着き」や「大人っぽさ」「安心感」などです。トレンド色のイメージとは裏腹にシックで大人っぽい印象を与えてくれます。

また童顔で悩む人などが着ることで、落ち着いた印象を与えてくれることにもなります。少し背伸びした大人の女性を演出したい時などにオススメしたい色。

 

⑦グリーン:「堅実さ」「癒し」「穏やかさ」

2021秋冬のトレンドカラー「グリーン」。この流行色の持つイメージは「堅実さ」や「癒し」「穏やかさ」です。この色も流行色のイメージとは違い、大人っぽさを表現しています。まさに大人の女性が着てこそ似合う色。

また若くても自分の年齢よりもしっかりとした落ち着きのある雰囲気を与えたい人にはオススメしたい色といえます。

 

⑧ホワイト:「軽快さ」「清潔さ」「純粋さ」

春夏の印象が強い「ホワイト」ですが、この色には「軽快さ」や「清潔さ」「純粋さ」などのイメージがあります。何色にも染まっていない気高く高貴な印象があり、ポジティブなオーラを醸し出しています。

気分を一新して普段の自分とは全く違うイメージを演出したい人にはオススメしたい色。

 

⑨レッド:「情熱的」「活動的」「華やかさ」

パッと見のインパクトの強い「レッド」には「情熱的」や「活動的」「華やかさ」などのイメージがあります。アクティブな印象を与えたい時には最適になる色です。

自分自身の気持ちを積極的に前向きにしたい人や相手に明るく元気なイメージを与えたい人にオススメ。赤系には、ワインレッド風(ブラウン)などもあり、少し落ち着いた印象を与えながら華やかさのある装いになります。

 

******
レディース(女性)スーツのボトムスには、大きく2つ“スカートとパンツ”があり、どれを選ぶかでも印象が変わってきます。スカートは、シンプルなデザインでビジネス用では定番のデザイン。パンツは、知的でクールな大人の女性、足元のシルエットを重視したい方にオススメ。スタイルアップ効果を与えてくれます。

▲左から:スカート⇒セミフレア⇒テーパード▲
 

2-1. スーツの色や柄が与える印象~柄が持つイメージ~
①ストライプ:「力強さ」「信頼感」「ドレッシー」

ストライプには「力強さ」や「信頼感」「ドレッシー」なイメージがあります。同じストライプでも幅によっても印象が変わり、幅の狭いストライプは「繊細さ」や「スマートさ」を、幅の広いストライプは「力強さ」「信頼」などそれぞれ違う印象を与えることになります。

自分自身の個性を打ち出していきたい人などには最適な柄です。しかし、無地などに比べて目立つ分、シーンやTPOなども踏まえて選ぶことも大切です。ストライプは、ライン色やベースとなる色の違いで個性的なスタイリングを楽しむことも出来ます。

 

②ウインドペーン:「カジュアル感」「親しみやすさ」「可愛らしさ」

チェックの中でも大きな格子柄のウインドペーンが持つイメージは「カジュアル感」や「親しみやすさ」「可愛らしさ」です。カジュアルで若々しい印象を与えたい人にオススメになります。

柄のインパクトが強いので、この柄のスーツを着用するときは、インナーを無地でシンプルに合わせて全体をスッキリまとめることがポイント。

 

③グレンチェック:「気品」「知性的」「メンズライク」

根強い人気を持つ「グレンチェック」この柄の持つイメージは「気品」や「知性的」です。紳士の国である「英国」の伝統的な柄でもあり、最近の「メンズライク」なイメージを表現するのには最適な柄でもあります。

ウインドペーンの持つ若々しさとは対照的に育ちの良さや、品のある印象を人に感じさせたい人にはオススメの柄になります。

 

自分の理想の姿を作り上げるには

色や柄だけでなくデザインにも意味があります。あなたのイメージに合ったスーツを着る上では、スタイリストとのカウンセリングを通して生地やデザインなどを自分で選び理想のスーツを一から作り上げるオーダーは最適。

 

***
いかがでしたでしょうか?

普段何気なく選んでいるスーツの色や柄には、それぞれが表現しているイメージがあります。そういった知識を得ることで、あなたの仕事における環境や対人関係の中で、ビジネス上の自分を演出することも可能です。
 
 
▼▼▼今回ご紹介したスーツをはじめ、豊富な生地・色から選べるオーダースーツ体験はこちら。

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?

“オーダースーツを、ビジネスマンの皆様にもっと気軽に楽しんでほしい。オーダースーツの新しい在り方を提案していきたい。”

そんな想いから生まれた、オーダースーツ専門店のグローバルスタイル。

 


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ オンラインオーダーサービスへ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・札幌・仙台)

Supervisor - この記事の監修者

Global Styleクリエイティブ・ディレクター
江森義信

大学卒業後、アパレルメーカーにてミラノコレクションにも参加するイタリアブランドのデザイナーとして11年のキャリアを積む。チーフデザイナーを歴任後、フリーとなり、オリジナルブランドのセレクトショップや百貨店での展開。大手アパレルや小売店、商社など、様々なプロジェクトのデザインやディレクションを手掛ける。

この監修者が書いた記事を読む

人気の記事