東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン

ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの着こなし術

リネンスーツ・麻スーツの選び方や着こなし!~シワ取りの方法も紹介~

(最終更新日:2020.07.13)2020.07.10 # スーツの着こなし術

リネンスーツ・麻スーツの選び方や着こなし!

リネンスーツとは

天然素材の “リネン” は、メンズスーツやジャケットをオシャレに見せる方法の1つとして人気です。涼しげな雰囲気がお好きな方や、クールビズ・夏シーズンにオススメ。リネンは、季節感のある素材の中でも、少しドレスダウンさせたスーツスタイルから、オンとオフで楽しめるジャケットスタイルと、オシャレの幅を広げられるアイテムです。

リネンスーツ,天然素材,クールビズ,夏
そこで今回は、リネン素材を知って着て楽しむ!『リネン素材の特徴・メリット デメリット』『リネンスーツ・麻スーツの生地』『リネンアイテムのコーディネート』について見ていきながら、リネンスーツの選び方や着こなしをご紹介していきます。

リネンスーツ,リネン素材のスーツ
 

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます-

1.  リネン素材の特徴
1-1.  リネン素材の特徴~メリット~
1-2.  リネン素材のデメリット
2.  リネンスーツ・麻スーツの生地
2-1.  スーツとして楽しめるリネン生地
2-2.  ジャケットして楽しめるリネン生地
3.  リネン・麻スーツのジャケットコーディネート

 

リネン素材の特徴 ~リネン素材のメリット~

まずはじめに天然素材には、シルクやウールなどの「動物繊維」のモノと、今回ご紹介するリネンやコットンなどの「植物繊維」の2種類があります。

●リネンとは・・・「フラックス」と呼ばれる亜麻科(アマカ)の植物から作られる天然の植物繊維。衣類をはじめ、寝具など様々な製品に使用されています。

リネンスーツ,ウール・コットンとの違い,植物繊維
▲上からウール⇒コットン⇒リネン▲
 

<リネン素材のメリット>
リネンの分かりやすい魅力の一つが、夏の日差しを防いでくれること。そして天然素材の中でも、抜群の吸水性や発散性があります。見た目の印象は、サラッとした風合いで柔らかくナチュラルな装いになります。夏アイテムの定番としても活躍し、雨の日にもオススメです。

リネン,リネン素材のメリット,ナチュラルな風合い
天然素材の中でも、丈夫さに優れているリネン。使い込むことで柔らかさと程よい光沢感が増し、経年経過と共に変わる表情を楽しめます。先程、夏の定番素材として紹介しましたが、寒い日には熱を保ってくれるリネンは、秋冬にも楽しむことができます。寝具にも使われているリネンは、繊維自体に抗菌性がある為、カビや雑菌の繁殖をおさえてくれます。1つのアイテムを長く愛用した方にオススメです。

リネン,リネン素材のメリット,寝具
 

リネン素材のデメリット

メリットが比較的多いリネン素材ですが、“シワが入りやすい” というデメリットがあります。特にリネン100%の生地の場合はシワが入りやすくなり、ビジネススーツのような見た目の印象が大切になる場合は避ける方が無難です。スーツで着用したい場合は、ウールなどが混紡された生地がオススメです。洗濯すると縮みやすいことにも注意が必要です。

リネンスーツ,リネン素材のデメリット,シワが入りやすい
(引用:https://www.1978.tokyo/)
 

カジュアルシーンで着用する場合は、リネン素材の独特な風合いとしてシワを楽しむ方もいるようです。着用シーンに合わせてリネンスーツ・ジャケットを選ぶと良いかもしれません。

リネンスーツ,カジュアルシーン,ジャケット
 

*****
シワの取り方
スーツのシワは動きの多い箇所につきやすくなります。また、洗濯したときの「脱水」でシワになる原因の一つです。結論「リネン素材のシワはなかなか取ることは難しい!」どうしても気になる方は、シワを軽減させることはできるので参考までにどうぞ。


<洗濯時に注意したい事>

・他の衣類と絡まないように “洗濯ネット” にたたんでいれる
・できるだけ “脱水” の時間を短くする
・洗濯後は、形を整えてハンガーにかけ日陰で干す

リネンスーツ,シワの取り方,軽減方法,洗濯機,脱水
 

<アイロンのかけ方>
・霧吹きで少し湿らせる(完全に乾いてしまった場合)
・少し質感を残しながら適度にシワを伸ばす

このように、日々のお手入れに気を付けることで、シワを軽減し長く使えるアイテムになります。

リネンスーツ,シワの取り方,アイロンのかけ方
 

リネンスーツ・麻スーツの生地
【1】スーツとして楽しめるリネン生地

ここまで、リネン素材のメリットやデメリットを紹介してきましたが、天然素材の中でも人気の高いリネンは、色柄にこだわる方も多いのではないでしょうか。そこで、ドレッシーさを出せる混紡生地・色柄の選択肢が広がるオーダーでのリネンアイテムもオススメです。

【SPENCE BRYSON LINENS-リネン】
英国の隣り、アイルランドからスペンスブライソンのリネン(麻)地。世界最高のリネンとされるアイリッシュリネンの織り元として名を馳せるアイルランドきってのメーカーです。リネンながら上品な風合いを備え、英国王室御用達の勅許も受ける等由緒あるメーカーです。こちらのシリーズはリネン100%で構成されており、真夏の時期のリゾートスタイルで洒落た着こなしが可能です。

リネンスーツ,スーツ生地,スペンスブライソン
 

【SUMMER TIME-ロロピアーナ・サマータイム】
適度なシワを抑えるウール、軽さと光沢感のあるシルク、絶妙なシワ感と光沢感を引き立たせるリネンといったように、涼しげなスーツスタイルを楽しみたい方に人気。麻が入っているため通気性が良く、シルク混でもあるので綺麗な艶感が楽しめます。スタイリッシュなスーツスタイルを演出してくれます。

リネンスーツ,スーツ生地,ロロピアーナのサマータイム
 

【2】ジャケットして楽しめるリネン生地

【CANONICO-リネン混】
イタリアを代表する服地メーカーのカノニコ。見た目だけでもかなり清涼感のある生地。裏地を抜くとちゃんと透けて見えるくらいメッシュ状になっています。普段使いやお仕事使い、カチッとしたレストランなどのドレスコードの時とかにオススメ。

リネン,ジャケット生地,カノニコ,リネン混
 

【Tollegno-アイスリネン】
創業1900年、100年以上続くイタリアの紡績メーカーのトレーニョ。軽い仕上がりで、豊かな色彩表現と清涼感のある柄で視覚的印象で涼しさを与えることに由来してアイスリネンと名付けられました。麻が本来持つ通気性とアイスリネンの視覚的効果により、着る人も見る人も涼しげに見せることができる色柄が豊富です。

リネン,ジャケット生地,トレーニョのアイスリネン
 

*****
リネンは小物アイテムに取り入れるのもオススメ
季節感のあるリネンのネクタイは、一つ取り入れるだけでナチュラルな風合いがスタイルにプラスされます。また、ノーネクタイシーズンには、リネン素材のポケットチーフでワンポイントで涼しげな印象を演出することができます。選ぶ色柄によっては、季節問わず取り入れることが出来ます。

リネン,リネン素材の小物,ネクタイ,チーフ
 

 

リネン・麻スーツのジャケットコーディネート

◇スーツスタイル◇
リネン素材のスーツにオススメの装いは、リネンが入った混紡生地。ウールやシルクが混ざっていることで、艶感、綺麗さがある見た目になりドレッシーなスタイリングになります。また、機能性も充実したモノが多く、長く愛用したい方にもオススメです。明るい色は季節感も出せます。

リネンスーツ,ブラウンスーツコーディネート,ノーネクタイ
リネンスーツ,ネイビースリーピースコーディネート,チェック柄
 

◇ジャケットスタイル◇
リネン素材のジャケットにオススメの装いは、清涼感のある生地。ジャケット用の生地は色柄も豊富にある場合も多く、チェック柄や色味がはっきりとしたデザインも良いでしょう。ジャケットスタイルをリネンの風合いが強めに出るので、パンツとの組み合わせも大切です。

リネン素材,ホワイトジャケットコーディネート,ダブル
リネン素材,チェック柄ジャケットコーディネート
 

***
いかがでしたでしょうか?

リネンスーツ・麻スーツの選び方や着こなし!
リネン素材は、天然素材の中でもメリットが多くオシャレ好きの方に人気があります。衣類以外にも、寝具など肌に触れるアイテムにも使用されています。是非、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
▼▼▼リネン素材のオーダースーツ・ジャケットが欲しい方はこちら。色柄豊富に揃っています。

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌)

⇒ ⇒ 本日から2日後よりご予約可能!
「ご来店予約」はこちら

⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌)

人気の記事