東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡・札幌・仙台グローバルスタイル

オーダースーツ専門店の
グローバルスタイルが運営する
働く女性のファッションWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE Ladies

スーツの着こなし術

【2023年3月】「グローバルスタイル」トレンドで人気のスーツ「ドーメル」特集

(最終更新日:2024.01.31)2023.03.01 # スーツの着こなし術

【2023年3月】「グローバルスタイル」
トレンドで人気のスーツ「ドーメル」特集

皆様こんにちは。グローバルスタイルの田口です。日によって寒暖差がある厄介な時期になりましたね。さらに花粉まで飛んでくる始末、、、体調を整えつつ花粉対策も必要な大変なタイミングです。マスク不要のアナウンスがありましたが当分マスクは手放せなさそうですね。皆様もご自愛ください。

本日はレディースのトレンド、、、というよりはお客様からの反応が良い生地のご紹介。

 

トレンドのお話

一般的なハイブランドやカジュアルはパリコレやミラノ、これからのトレンドの普及は早いのですが、ことスーツにおいては大体1年から2年くらいかけて徐々に移行して行く傾向が多いですね。2010年頃にデザイナー、エディスリマンがメンズでスキニースーツを紹介してから、2012年頃に既成も含め徐々にメンズスーツのタイトシルエットが普及していきました。こちらは既に定番化しているので多少のサイズ調整があったものの、今後もスタイルとして残っていくものになると思います。

(引用:https://rivieramagazine.fr/2016/04/04/saint-laurent-depart-confirme-dhedi-slimane/)

ではレディースのトレンドに目を向けると、サイズ的にはビッグシルエットもしくは、それに近いゆとりのあるサイズが多く、色のバリエーション・トーンも明るく・発色の良いものが目立つようになっています。ただトレンドど真ん中のスタイルは、ビジネススーツではなかなか着用機会もなく普段使いは難しいところですので、今回はやや定番化しつつトレンドも押さえた生地のご紹介。

 

ブランドはDORMEUIL –ドーメル

<DORMEUIL> -ドーメル- とは?

ドーメルは、1842年にジュールズ・ドーメルがイギリスから毛織物を輸入してフランス国内で販売することから始まった、 現存する世界最古の服地マーチャント(商社)です。ファッショントレンドに対応しながら生地を調達し、ブランド化して世界に発信し続けています。150年以上の歴史を持つドーメルはフランス発の高級服地ブランドとして知られ、シャネルやディオール、イヴサンローランなどにも服地を提供しています。厳選された原毛と英国仕込みのしっかりとした織と光沢のある、エレガントな風合いが特徴です。

 

まずは定番【エクセル】から

色合いは淡色で千鳥格子。柄自体は昔からあるスタンダードなものですが色合いが今年風。千鳥格子はベースをライトグレー、千鳥の色味を明るめのブラウンで構成されています。ベーシックなものはライトグレー×ブラック(もしくはチャコールグレー)の配色で展開されることが多いですが、シーズントレンドのライトなトーン且つくすみのない発色の良いブラウンが乗っています。ストレッチが強く効いている生地なので、サイズ感も問わずお仕立て可能なのも良い所です。

例えば、画像のようなワイドパンツをベースとしたスーツスタイルでも、適度に生地のハリがあるので崩れることなくしっかりとしたバランスで仕上がります。ワイドパンツ×グレーはトレンド性も高く、普段でも使える丁度いいラインのスーツに仕上がりますね。

▲こちらのモデルはイメージです▲

ブラウンの色合いは、生地にアクセントをつけるだけでなく“落ち着いた” “大人っぽさ”を与えるスーツとして人気です。シンプルな千鳥格子とは異なるイメージにはなりますが、チェック柄などでカジュアルな印象を与えたい方におすすめです。

▲こちらのモデルはイメージです▲
 

続いて【アマデウスコンフォート】から

パステル調のグリーンをベースに同じトーンのブルーが乗ったマイクロチェック。カジュアル感が先程より強く、ワイドシルエットの場合膨張しやすい色・柄ですが、トレンドしては明るさ、配色のバランスとマッチした生地です。

先程のブラウン千鳥に比べると色合い的にややくすみが出やすいのと、柄がカジュアル傾向なのでワイドシルエットに振るよりはテーパードパンツをベースに、襟付きのスタイルで仕立てるのがおすすめです。ジャケットはメンズライクなダブルのシルエットでも格好良くなりますね。

▲こちらのモデルはイメージです▲
 

 

紹介した2つの生地、柄が少しきついな~という方には

【エクセル】の霜降りの生地がおすすめ

ベースはライトグレーとライトベージュを足したような色合い。チェックやストライプといった分かりやすい柄ではなく生地を織る際に、ライトベージュの糸を差し込んであえてムラを出した生地です。

柄による悪目立ちがまずないので着用シーンはまず選ばず、どこでも着れて、かつジャケットだけでも、パンツだけでもといった具合に幅広く使えるのもおすすめのポイントです。

サイズはワイドでもテーパードでも、ジャケットはテーラードスタイルでも、ノーカラースタイルでもすべてのスタイルで仕立てても様になる生地です。きついのはNGだけど少しこだわりたい方には特におすすめです。

ご紹介した3点が個人的にはトレンドを抑えつつの、ビジネスでも使いやすいとこかと思います。スーツの生地で迷われている方はぜひご参考にしてください。ちょっと攻めてみたいなとういう方には、画像のようなビビットカラーもあります。

トレンドを押さえたスタイルもすごく素敵ですが、やはりビジネスでも使える方がお得ですし、せっかくならオーダーらしい生地でお仕立て頂くとブランド冥利に尽きますので是非オーダーをお楽しみください!

 

最後に、23年春モノ新作生地はこちら

【ドーメル エクセルブルー】x15マーク
トーニャに並ぶ定番素材 ストレッチと艶、ドーメルオリジナルのデザインがポイント


【ドーメル アマデウスコンフォート】x10マーク
グローバルスタイル×ドーメルの共同企画 エクセルでは出来ないカジュアルに振った柄多数 ストレッチ性とシワの戻りの良さなどの扱いやすさがポイント


ではまた次回で!
 
 
▼▼▼今回ご紹介の「ドーメルの春モノ向けの新作生地」から仕立てられる、お得なフェアを開催中!

DORMEUIL×GINZA Global Style 限定生地コレクション入荷!

 どの生地コレクションにも歴史があり大人気!
▶1度着ればまた作りたくなる機能性も持ち合わせています
 

オーダースーツ専門店「Global Style (グローバルスタイル)」とは?


グローバルスタイルの6つの特徴
【1】上質なスーツをリーズナブルな価格で!
【2】選べるスーツ生地が豊富!
【3】選べるスーツモデルが豊富!
【4】スタイリストによるカウンセリング
【5】ご家族や友人と一緒に“ENJOY ORDER!”
【6】充実の安心保証!

 グローバルスタイルでは、より上質なスーツを、 よりリーズナブルな価格でご提供しています。

⇒ ⇒ 店舗一覧
(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡)

⇒ ⇒ 「ご来店予約」はこちら
⇒ ⇒ 毎月変わる最新のフェア情報へ
⇒ ⇒ Global Style 公式サイト

グローバルスタイルの店舗情報(札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡)

Supervisor - この記事の監修者

営業部 商品グループ MG
田口雄太

1990年生まれ 大阪府出身。学生時代にスーツスタイル、オーダーメイドに興味を持ちグローバルスタイルに入社。大阪の店舗で店長を歴任し、現在は生地を扱うMDとして日々奮闘中!

Popular Article