東京・大阪・名古屋グローバルスタイル

オーダースーツ専門店のグローバルスタイルが運営する
ビジネスマンのファッションを考えるWEBマガジン
ENJOY ORDER! MAGAZINE

スーツの生地ブランド紹介

150年の伝統技術と英国仕込みの織と光沢!『DORMEUIL -ドーメル- 』のスーツ

2016.09.01 # スーツの生地ブランド紹介

1018top

現存する世界最古の生地マーチャント 『DORMEUIL -ドーメル- 』

logo
 

150年以上の歴史を持つ
『DORMEUIL -ドーメル- 』
フランス発の高級服地ブランド
 

<DORMEUIL> -ドーメル- とは?

ドーメルは、1842年にジュールズ・ドーメルがイギリスから毛織物を輸入してフランス国内で販売することから始まった、 現存する世界最古の服地マーチャント(商社)です。
ファッショントレンドに対応しながら生地を調達し、ブランド化して世界に発信し続けています。
ドーメルの生地は、紋章に刻まれている”domus optima domous amica (最高の品質を最高のおもてなしで)”という言葉のとおり、イギリスのハダースフィールドにある傘下のミル工場にて、最高品質の服地を作り続け、 現在では80ケ国以上にドーメルの生地は供給され世界的な評価を受けています。

DSC02935
CIMG3905

世界的に有名なフランスのメゾンブランドにも携わるドーメル

ドーメルは、シャネルやディオール、イヴサンローランなどにも服地を提供しており、他にもパリコレに参加する大小さまざまなブランドで、ドーメルの生地が使用されています。

cached
https://www.flickr.com/
ph10
http://goethe.nikkei.co.jp/

よりドーメルの良さを感じられる、オススメ生地コレクション8選!

厳選された原毛と英国仕込みのしっかりとした織と光沢のある、エレガントな風合いが特徴です。

IMG_0708
cats0829

 

① AMADEUS 365 -アマデウスサンロクゴ-

ドーメル生地の中でも特に人気のあるアマデウスと同じ原料のスーパー100’s を使用しています。
ヨコ糸を細くすることで軽量化をはかり、1年を通して楽しめるアマデウスシリーズの<AMADEUS 365>です。英国独特のクラシカルな雰囲気と、光沢感が特徴です。

DSC02935
▲なめらかな肌触りを生み出すきめ細やかさ▲
DSC02936
▲万能のグレーのシャークスキン▲
DSC02934
▲ブルーグレーの無地▲
 

② EXEL -エクセル-

エクセルは、ドーメルでは数少ない着心地の良さを備えたラグジュアリーな生地になります。
ヨコストレッチ性の約 2 倍のストレッチ性をもつスーパー 110’s 原料を使用した糸で織り上げた平織生地と、スーパー 130’s 原料を使用した糸で織り上げた綾織生地の 2 種類から生み出されています。

DSC02640
DSC02637
▲通明るめのブルーや落ち着いたネイビー▲
CIMG3901
▲通常可能な横ストレッチ性の約2倍▲
CIMG3907
▲グレーバリエーションも豊富▲
CIMG3909
▲鮮やかなカラーもあります▲
 

③ ICONIK -アイコニック-

アイコニックは今までにない特別な風合いが特徴的です。軽量でトレンドを反映したこのアイコニックは一年を通してご着用できます。落ち着いたプレーン柄、緻密なデザイン柄、繊細なストライプ柄・チェック柄など多様なバリエーションがあるので、個性を出したい方にオススメです。特にブルーのカラーバリエーションは美しく洗練されたものとなっております。

DSC02628
▲美しいブルーの柄がこのシリーズの特徴▲
DSC02625
▲トレンドを反映したカラフルなチェック柄▲
DSC02626
▲シンプルなストライプがお洒落▲
katayama0510-4
▲マット加工とナチュラルストレッチ加工による快適性▲
 

④ CASHMERE TOWNTEX -カシミア タウンテックス-

タウンテックスはドーメルが 1960 年代に開発されウールとカシミアを使用することで現代的に、縦糸・横糸を異なる糸色を使用した生地になります。英国ロンドンの街並みをイメージしたクラシックカラーと最新デザインが融合した。ヴィンテージ感を楽しめます。

1111
▲洗練されたエレガントさを追求▲
1112
▲艶感を楽しめるブラウンやグリーン▲
1116
▲英国ロンドンの街並みを思わせるクラシックさ▲
 

⑤ AQUAPLAN -アクアプラン-

スーパー 130′ s という高級原料を使用した生地に、ナノテクノロジー仕上げを施した軽量でさわやかな着心地に。10 億分の1という単位の繊維粒子に直接加工を施し、通気性抜群に仕上げると共に、撥水効果をつけた最新の生地です。また、汚れが付きにくく、環境にも影響の無い加工剤を使用した、エコ要素もあります。

DSC02648
▲カラフルな無地と柄のバリエーション▲
DSC02647
▲とても柔らかな手触り定番ストライプ▲
DSC02646
▲グレーにうっすらピンクの珍しいチェック柄▲
P1010439
▲ハイテク ナノテクノロジー加工による撥水性▲
 

⑥ NATURALS -ナチュラルズ-

種類の天然素材生地を集めたコレクションです。無地に近いデザインやキメ細やかなストライプは、夏場のカジュアルコーディネートに華やかさをプラスしてくれます。贅沢なピュアコットンとリネンは厳選した自然原料で仕上げられているのが特徴です。

asaaa12
▲夏らしい鮮やかな色合い▲
asa1
▲麻の風合いが滑らかで渋い大人を演出▲
asaa12
▲コットン、カシミア、リネン、ウール、シルクなどのカジュアルな素材▲
 

⑦ CELEBRATION -セレブレーション-

ウールやラメ糸を使用したエレガントでユニークで絶妙な色柄は、ディナーやフェミニンな装いにおすすめです。深みの効いたチェック柄や植物のモチーフ柄など、デザインにこだわった生地は一見の価値ありです。

Exif_JPEG_PICTURE
▲カクテルパーティやナイトライフにお勧め▲
Exif_JPEG_PICTURE
▲ウールとラメ糸を組み合わせたエレガントなデザイン▲
Exif_JPEG_PICTURE
▲細やかなデティールが印象的▲
 

⑧ DORSILK -ドーシルク-

ウールとシルクのコンビネーション生地。ドーメルのジャケット生地として一番の人気を誇ります。軽量感・清涼感のある着心地で、シルクをブレンドしたことにで生まれる美しい光沢感と柔らかい手触りを直に感じることができます。ドーシルクの生地は、近代的なホップサック織り(※1)や大胆なチェックデザイン柄など、豊富なカラーバリエーションがあります。

※1「ホップサック織り」…ビールの苦み原料のホップhopを入れる麻袋hopsackに似せた、粗野でラフな織物で、糸を太く紡いで、やや糸間をあけて平織りにした生地のこと。

katayama0624-1
▲鮮やかで多彩なカラーバリエーション▲
katayama0624-2
▲ラフ過ぎない、ラグジュアリーさが魅力的な黒や濃紺▲
katayama0624-3
▲近代的なデザインのホップサック織り▲
DSC02572
▲ジャケット生地として人気が高い▲
 

ドーメル -Global Style- オリジナル生地『SERENADE』

こちらの『SERENADE』は、グローバルスタイル完全オリジナル生地になります。
イギリス生地らしいハリがあり、シワになりにくく通年着用できるためビジネスシーンで重宝します。また、程よい光沢感から爽やかな印象を与えたい方に特にオススメです!

dormeuil201701061
 

仕立てイメージ

dormeuil201701062
▲シャツ以外をワントーンで統一したスーツスタイル。エレガントな見た目と、どこかクラシカルな雰囲気を漂わせました。

 

ドーメル -Global Style- スーツコレクション

DWM4.ドーメル.ミケランジェロ サルトリアモデル (2)20161018
程よい艶感がドーメルらしさのあるコーディネートに仕上がっています。シャツ・ネクタイ共にブルーで同色系でまとめているのもポイントです。

 

▼ドーメルでお仕立てしたグローバルスタイルのオーダースーツ▼

cats08291
ドーメルの中でも一押しの生地が、「アマデウス365」。1年を通して着用しても、シワになりにくく、上品なツヤもあります。ビジネスシーンにバシッと決めたいときにもオススメです。
今回の色柄は、ブライトネイビーのチェック柄で、若々しい印象に仕上げました。生地が明るいので少し明るめの水牛ボタンが相性ぴったりです!
スーツ全体の雰囲気が上品でエレガントなスタイルになります。

ドーメルスーツ

**

いかがでしたでしょうか?

最高の品質を最高のおもてなしをテーマに、伝統技術と最新のデザインを融合し、他とは一線を画す生地メーカーとして愛されているドーメル。個性的なスタイリングが好きな方は、特にオススメです!
是非、ドーメルの生地で仕立てるスーツを検討している方は、オーダースーツ専門店・グローバルスタイルに足を運んでみてください。

>> ドーメルのスーツ生地はこちら

 

おすすめの記事

DSC02844

8/27(土)銀座にオープン!『GINZAグローバルスタイル銀座本店・新館』開店レポート

2016.08.27 # あきよ編集長が行く
NAVYcats20161116TOP

定番のネイビースーツの魅力!-ネクタイの合わせ方と着こなしー

2016.11.18 # スーツの着こなし術
TOPGraycats20161124TOP

いつものグレースーツをワンランクアップしたい人必見!着こなしポイント3選

2016.07.14 # スーツの着こなし術
toptop2

スーツ好きも唸る!熟練職人のハンドメイド縫製による『ミケランジェロ』スーツ

2016.08.18 # お手入れ・豆知識
Zegnacats20161012TOP

高い品質を誇る『Zegna-ゼニア-』で仕立てる最高級のスーツ

2016.08.16 # スーツの生地ブランド紹介
IMG_06648.26top

生地の美しさと着心地の良さを追求する『SCABAL -スキャバル- 』のスーツ

2016.08.30 # スーツの生地ブランド紹介
page05

イギリス・英国紳士スタイルを楽しめる!イギリス生地ブランド7選

2016.08.05 # スーツの生地ブランド紹介
WMD 1869 (2)20161013TOP

憧れのイタリア男に近づける!イタリア生地メーカーの人気ブランド4選

2016.07.22 # スーツの生地ブランド紹介
mote

女性スーツスタイリストが選んだ!お洒落×モテる最強スーツとは?

2017.01.02 # あきよ編集長が行く
ダブル20161222TOP

-いつの時代も色褪せない-『ダブルスーツ』の着こなし方とは?

2016.12.22 # スーツの着こなし術
EIcats20161107TOP

理想のスーツに出会える2つのスタイル!イギリスとイタリアのスーツの違いと特徴

2016.11.10 # スーツの着こなし術
Lolocats20161012

最高級カシミアとウールを生み出す『Loro Piana -ロロ・ピアーナ-』のスーツの魅力とは?

2016.08.25 # スーツの生地ブランド紹介
cood2016cats1025TOP

ブランド別で分かる!【2016年秋冬】グローバルスタイル~スーツ・ジャケットコレクション~30モデルが勢ぞろい

2016.11.01 # スーツの着こなし術