スタイリストブログ

夏用スーツとオールシーズンの違いは?/ディアモール大阪

2018.04.13 GINZAグローバルスタイル ディアモール大阪店
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは。

 

グローバルスタイルディアモール大阪店の松本です。

 

日中はかなり暑くなってきましたね…

 

夏用のスーツはもう揃ってますか??

 

 

ところでよく、スーツで夏用、オールシーズン物など耳にしますが

 

皆様は違いをご存知ですか?

 

 

 

大きく分けて、素材・織・目付の三つでシーズンを分類する事が多いのですが

 

 

聞き慣れないものもあると思うので簡単にご説明します!

 

 

 

「素材」

これは言わずもがなですね!

 

夏用のスーツはウール・モヘヤ・リネンなどの素材が中心となる事が多いです。

 

ポリエステル等の化学繊維は蒸れやすさや汗の匂いが発生しやすいので

 

個人的にはウール100%をオススメしております!

 

 

 

 

「織」

これは以外にご存じ無い方が多いのですが

 

夏用のスーツは平織といって糸と糸の間に隙間ができやすい織り方が多いんですね。

これにより生地は薄く通気性に優れ、重量も軽くなります。

 
これからの暑くなる時期にもスーツを着用される方は

 

平織りの生地で仕立てられたスーツを着用するとより涼しいですね。

 

 

 

「目付」

これも聞き慣れない言葉だと思いますが・・・

 

簡単に言うと、1mあたりの生地の重さの事で

 

先程の画像でいうとタグの220gという表示のことです。

 

 

もちろん軽い方が夏寄りの生地になります

 

大体のイメージでは230g以下は夏物という感じでしょうか!

 

 

 

他にも生地感など分類方法はいくつかありますが

 

 

今回は代表的なものをご説明させて頂きました。

 

 

 

これを機に、夏用のスーツをお仕立てしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

Dia松本

 

Tags:

このエントリーをはてなブックマークに追加