スタイリストブログ

華麗なるジャケット【新宿3丁目店】

2019.08.22 GINZAグローバルスタイル 新宿3丁目店
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは!

 

 

映画『グレート・ギャツビー』(2013年版)を見まして、

 

華麗すぎるスーツやジャケットに感動した小松です。

 

 

この作品は1920年代、ニューヨークの上流階級を舞台とした

 

アメリカ文学史に名を太字で残す文学作品の映画化です。

 

 

劇中のスーツ生地として、ドーメルのスポーテックス(1922年発売)が

 

使われていたりと、当時のスーツ事情も垣間見える作品と言えるでしょう。

 

 

※ 映画の舞台は夏ですが、分厚いスポーテックスやツイード生地が

 

使われるなど、当時の生地の厚みに対する感覚が

 

今と全く違うところも隠れた見所と言えます。

 

 

この映画で一番グッと来たのは、

 

主人公であるニック・キャラウェイが

 

ツイード(おそらくハリスツイード)のジャケットに

 

身を包んでいるワンシーンです。

 

 

定番ともいえるヘリンボーンのツイードジャケットですが、

 

白シャツ・黒ネクタイと今流行りのモノトーンでまとまっており、

 

そのまま現代のブルックスブラザーズの広告にも使えそうな格好良さです。

 

※ 本映画、なんとブルックスブラザーズが衣装について全面協力しています!

 

 

というわけで!!

 

今回はジャケットで映えるモノトーンの生地を紹介したいと思います!!

 

 

 

 

まずは定番中の定番、ハリスツイードです。

 

 

厚みがある為、グローバルスタイルの中で芯材が最も薄い

 

アンコンモデルで作ったとしても、がっしりとした風合いとなります。

 

生地が分厚い分、腕には革ジャンの様に分厚いシワができ、

 

野趣あふれるジャケットになるでしょう。

 

 

使い古して肘の生地が薄くなると、エルボーパッチをつけて

 

使い続けることもでき、長く愛着いただけます。

 

 

続いてはゼニア傘下のAGNONA(アニオナ)のツイードです。

 

 

 

ネップも入ったざっくりツイードに見えますが、

 

肌ざわりはなんとも滑らか!!

 

すぐに体に馴染んでくれそうで、着心地も良いでしょう。

 

 

上記生地以外にもたくさんのジャケット用生地を用意しています。

 

休日やウォームビズのお供に、ジャケットのお仕立てを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

GINZA Global Style 新宿三丁目店 小松

 

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!

Tags:

このエントリーをはてなブックマークに追加

GINZAグローバルスタイル 新宿3丁目店の他の記事

2019.09.21

命を預けるに足る生地【新宿3丁目店】

みなさまこんにちは。 新宿三丁目店 小松です。 パワーワ ...

2019.09.13

個性を全面に【新宿三丁目店】

こんにちは!!! 新宿三丁目店 高畠です!!!!! ...

2019.09.12

多彩なジャケット  【新宿三丁目店】

皆様こんにちは。 今回 ...