スタイリストブログ

生地の織り方について ディアモール大阪店

2019.08.24 GINZAグローバルスタイル ディアモール大阪店
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!!!

 

 

 

今日は生地の織り方についてお話しさせていただきます。

 

 

 

 

生地のほとんどは「平織」「綾織」「朱子織」のどちらかで織られており、

 

 

 

 

これを三原組織といいます。

 

 

 

 

 

丈夫で長持ちする生地と素材の風合いを楽しむのとでは選ぶ素材も変わってきます。

 

 

 

 

 

今回は「平織」「綾織」についてお話させてもらいます。

 

 

 

 

平織とは「たて糸」と「よこ糸」の繊維を交互に織った生地です。

 

 

 

 

 

 

綾織は「たて糸」と「よこ糸」の繊維を1束または複数の束を一定の規則性をもってずらして織った生地で「斜線」が浮かびあがります。

 

 

 

 

 

 

 

平織は単純な織り方ですので通気性が高く、軽い生地になりますので、

 

 

 

 

 

通気性を生かした夏用のシャツやスーツなどに使われる生地です。

 

 

 

 

平織はトロピカルとも呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

一方、綾織は密度がありますので平織りの生地に比べて通気性高く、重量は重くなります。

 

 

 

 

 

 

伸縮性があるのが特徴で、シワもよりにくいです。

 

 

 

 

 

 

綾織生地は平織生地に比べて、耐久性や摩擦性能に弱いといった弱点もあります。

 

 

 

 

 

 

綾織りは「ツイル」とも呼ばれ、デニム生地やダンガリーが綾織の代表的な生地になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

織り方を見ながら生地を選んでみるのもありですね!!!!

 

 

 

 

 

ご来店、心よりお待ちしております!!!!

 

ディアモール大阪店 呉

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加