スタイリストブログ

特別仕立てのオーダースーツ【銀座本店・新館】

2018.10.12 GINZAグローバルスタイル銀座本店・新館
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

今回はグローバルスタイルのパターンモデルの中でも

特別な仕立てで最高の着心地を誇る

ミケランジェロサルトリアモデルをご紹介します。

 

 

上の画像がミケランジェロサルトリアモデルのスーツです。

ナチュラルで綺麗なショルダーラインや

流線的でなめらかなシェイプラインなど

見た目の仕上がりもさることながら、

見えない着心地のこだわりもポイントです。

 

スーツの着心地を左右する要因の1つにプレス工程があります。

人間の体は9割以上曲線で出来ていて、スーツを作る際にも

曲線を意識してプレスされていきます。

そして人間の体に合わせたプレスには高い技術が必要となります。

このプレス工程に力を入れることでより体にフィットした

スーツの形が実現されます。

 

首回りのすわりも良く、首に吸い付くようなフィット感と

重心を首と肩に分散することで重さを感じないくらいの

着心地となっています。

 

 

動きの多い肩や腕まわりの着心地、特にアームホール部分には

アームホールの幅よりも多くとった生地を

折り込みながら縫製していく、いせ込みを多用して

すっきりした見た目ながら動きやすい作りとなっています。

 

 

すべては書ききれないですが

間違いなくグローバルスタイルで最も

手間のかかっているパターンモデルとなっています。

そのため、スーツ上下の料金に加えて

¥20000(税抜)の仕立て料を頂いてますが、

特別なオーダースーツにぴったりのモデルだと

思いますので、いかがでしょうか。

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加