スタイリストブログ

素材の違いって? 大阪本町

2018.07.09 GINZAグローバルスタイル 大阪本町店
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。今日はとても暑いですが、

快晴なのでどこかにおでかけしたくなりますね。

皆様は夏場おでかけされる予定はございますか?

私の予定はゼロです(笑)

 

 

そして今回は素材の違いをメリット、デメリット含めてご紹介致します。

 

よくお問い合わせいただくのが、ポリエステル混合の生地とウール100%の生地

どっちがいいの?と思っておられる方もいらっしゃるのでは?

 

ポチエステル混合生地

まずは特徴とメリット

耐久性に優れていてシワになりにくく、

吸湿性が低いので濡れてしまってもすぐに乾き、

高い温度にも耐えられるリーズナブルな価格です!

生地も丈夫でシワになりにくいのが特徴です。

 

ですが、デメリット

毛玉ができやすく、静電気が起きやすいです。

高温にも強いのですが、長期でご使用されますとテカりがでやすく、

肌触りもウールと比べると滑らかさに欠けてしまいます。

一度強いシワが入ると取れにくいです。

 

 

 

ウール100%生地

 

 

 

特徴とメリット

保温性に優れており、冬はあたたかいですが、

吸湿性にも優れていますので、湿気を吸収し水分が蒸発するときに気化熱を奪うため、夏は涼しく感じる

染色性が良く、色落ちしにくいです。

シワが入っても、蒸気を当てると簡単に戻ります。

 

デメリット

水に濡れるとスケールが開きスケールが絡み合い硬くなってしまいます。

虫食いなどにもあいやすいので、お手入れや保管方法など手間がふえます。

繊維も柔らかいのでシワが出やすい。

 

 

 

 

今回は2つの素材をご紹介いたしました。

生地選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

お客様のニーズに合わせてご提案させて頂きますので、

大阪本町店に是非見にいらしてください。

 

GINZA グローバルスタイル大阪本町店 高渕

 

このエントリーをはてなブックマークに追加