ミケランジェロ サルトリアモデル

グローバルスタイル オリジナルモデル
最高峰グレードオーダースーツ
ミケランジェロ
熟練職人のハンドメイド縫製による、
最高峰グレードのオーダースーツ。

グローバルスタイルの最高峰グレードのお仕立てライン「ミケランジェロ」モデルのご紹介です。
熟練した職人によるハンドメイド縫製で、極上の贅沢感を味わうことができます。
ジャケットはもちろん、パンツにも細部のこだわりが。
高級ブランド生地やフォーマルな場に向けたスーツに特におすすめしたい、グローバルスタイルが誇る高級モデルです。
同じサイズのスーツでもワンランク上の着心地を体感できます。是非店頭でお試しくださいませ。

この度、グローバルスタイルの認定工場「ミユキソーイング」が、国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会(IACDE)の「メイド・イン・ジャパンの縫製工場」部門にて、最高評価の三ツ星を獲得しました。高い技術力を持ち、優れた品質を保つ、認定基準をクリアした工場のみが受けることのできる、栄誉ある認定です。熟練した職人によるハンドメイド縫製で、ぜひ極上の贅沢感をお楽しみ下さいませ。

Michelangelo Sartoria Modelミケランジェロサルトリアモデル

ハイグレードラインに位置づけれたこのモデルは、上質な毛芯とマシンとハンドが絶妙に融合された仕立てにより生み出される極上の着心地感が特徴です。体を丸く包み込むような曲線の美を一度体感して下さい。
※こちらのモデルは+20,000円(+税)となります

画像を選択すると拡大できます。

DETAIL

  1. 1ソフトでハリのある最上級の毛芯を使用する事により立体的でボリューム感のあるバストラインを生み出しています。
  2. 2裾まで伸びるダーツがウエストの優美な曲線を作りだし丸みのあるシェイプラインを表現しています。
  3. 3カーブのついた裾のカッタウェイラインが着用時に体型を綺麗に見せてくれます。
  4. 4薄目のパットを使用して構成されたショルダーラインにより自然な着心地感を約束してくれます。
  5. 5首に吸い付く様な上衿が着た時に重さを感じず着ていても疲れにくい極上の着心地を生み出しています。
  6. 6上衿が大きく高めのゴージラインにより作りだされるラペルの表情が、男性的でセクシーな印象を与える事になります。
  7. 7程良く丸みのある袖山がナチュラルなショルダーラインを作りだしています。

MICHELANGELO SARTORIAミケランジェロサルトリア

このモデルは、+20,000円(+税)となります。

体を丸く包み込まれる極上の贅沢感

上質な毛芯とマシンとハンドが絶妙に融合された縫製工程によって生み出される構築的なフォルムでありながら、しなやかで流れるような曲線にこだわったモデル。身体を包み込むラインが男の艶を感じさせます。

裾まで伸びるロングダーツ

通常のスーツではフラップで終わるウエストダーツが、フラップ下から裾までとっています。ナポリの仕立て服などにみられる手法で裾までダーツを伸ばすことにより、ウエストのシェイプラインから裾へと向かう丸みの曲線が表現する事が出来ます。

肩から首への流れるような
のぼりのライン

肩から首にかけてのラインは美しく、上襟も身頃に吸いついています。手間をかけて仕立てられた上襟は首にしっかり乗り、重さを感じない軽い着心地感に大きく影響を与える事になります。

極上の毛芯使いによる立体感あるバストライン

通常肩の一部に使用されるホースヘアをバスト部分まで贅沢に使用し、独自のテクニックにより生み出される肩周りのアーチの空間が立体的なフォルムを実現しています。

ミケランジェロが最高峰たる理由

幾度も繰り返し仕上げられる
中間プレス工程

ジャケットの仕立ての重要なポイントとしてプレスの工程があります。通常よりはるかに多い中間プレスの段階で縫い目を割り、また縫製することを繰り返してきれいにくせ取りをしていきます。素材と芯地をより馴染ませることによって立体的で丸みのあるバストラインやウエストのシェイプラインが出来上がることになるのです。

着心地を左右する
アームホール

ジャケットの重要なパーツであるアームホールは運動量を考慮し、前身を長く後身を短くした微妙な距離感やソラマメ型にとった形状など緻密に計算されたパターンといせ込みの多い高度な縫製テクニックによって形成され、体との一体感を生み出していきます。

選び抜かれた
本バス芯地

通常芯地は台芯、肩バス芯、胸増し芯、フェルトの四層構造になっていますが、これを台芯と肩バス芯の2層にまで軽くしています。馬の尻尾の毛から成る本バス芯も最高級のものを選び、一般的には肩部分のみに使用されるところを胸部分まで贅沢に使うことにより美しく立体的なフォルムが形成されることになります。

ひとつひとつの工程に
職人の「技」。

グレードの高いカスタムオーダーを得意とし、熟練したベテラン職人が縫製工程を分業化し行っている。身体に優しくフィットするハンドメイド縫製による卓越した着やすさを徹底的に追及、「職人の手仕事」にこだわった仕立てが各工程で見られます。たとえば仕上げプレス工程ではパーツごとに11種13台のプレス機を揃えて理想的なシルエットを保ち、縫い糸の使用量は通常スーツの250メートルに対し350メートル以上、工程数も一般的な商品が180工程といわれるなかで240工程強というきめの細かさ。 とくに本格オーダー縫製はシステムを極限まで排したハンド工程による最高峰のグレードです。

FAIRフェア情報

OTHER MODELその他のモデル

ミケランジェロサルトリアモデルの情報ページです。国内最高峰のオーダースーツを東京・大阪・名古屋でコスパ価格で販売。ジャストフィットするオーダースーツならグローバルスタイルへ。お客様の要望に合わせたオーダーシャツ、オーダーシューズなども取り扱っております。

名称未設定-6