スタイリストブログ

今年のトレンドカラーをご存知でしょうか。【福岡天神店】

2020.02.01 GINZA グローバルスタイル 福岡天神店
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

福岡天神店のどうも中村です。

 

1月初めに新しい革靴を購入いたしましたが、履き始めで足が痛い今日この頃です。

 

 

さて、本日はトレンドカラーについてブログを執筆させていただきます。

 

毎年「ブラウンが流行る!」「ペールトーンが熱い!!」などと色の流行に関する記述・発言を見かけると思います。

 

中村も半年以上前のブログで「19AWはモノトーン、ちなみに20SSはパステルカラーのニュアンスを含んだペールトーンがトレンド」という記述をしております。

 

実際、セレクトショップなどで20SSの商品やディスプレイを見ると上記に当てはまるような打ち出しが多く見られます。

 

 

別に未来を予知したわけでも何でもなく、昨年6月に開催された20SSのピッティやミラノ・パリなどのコレクションで各サプライヤーが多く提案しているのを知っていたからです。

 

ちなみに20AWはモノトーン+1色(イエロー)やグリーンの打ち出しが多く見られました。

 

また、モノトーンも白・黒ではなくベージュ・ブラウンなどナチュラルカラーによるモノトーンにアップデートしているみたいです。

 

ここまでは、ファッションとしてのトレンドカラーです。

 

個人的に、ファッションとしてのトレンドカラーは流行の規則的な変遷に多く依存し、各サプライヤーが咀嚼して打ち出されるものだと理解しています。

 

では今回ご紹介するトレンドカラーはパントンカラーオブザイヤーです。

 

結論から申し上げますと「クラシックブルー」です。

(引用:https://www.pantone-store.jp/coy2020/index.html

 

パントンのカラーパレットは色を数字の割り振りで識別しているため、「画像特有の光の加減などによって見え方が実際と異なる」などの問題が解消でき、色のイメージの乖離を少なくすることができます。

 

ぜひ、引用元のURLからクラシックブルーの説明を見ていただきたいです。

時代背景をもとにパントンがトレンドカラーを決定したことがわかると思います。

 

ではここで、クラシックブルーを用いたコーディネートをご紹介させていただきます。

 

次なるトレンドカラー候補の“青”を巧みに使いこなした最先端のネイビースーツスタイル

(引用:https://otokomaeken.com/mensfashion/148363/4)

 

幅広のストライプのネイビーにスーツの生地よりもワントーン明るめのタイを挿したコーディネートです。

 

スーツ・ネクタイ・シャツ・靴下をブルートーンでまとめている、れっきとしたモノトーンコーディネートなので靴下の色とスーツの素材感さえ変えれば、今すぐにでも日本のビジネスシーンで活躍できるのではないでしょうか。

 

 

中村は上のようなコーディネートをご提案させていただきます。

ネイビーのはっきりとしたストライプにサックスブルーのシャツを合わせ、ピンクとブルーとホワイトから構成された段落ちのレジメンタルを挿しております。

 

また、革靴はネイビースーツのセオリー通りのブラウンを合わせ、チーフで色を拾うことにより全体的に統一感を出しております。

 

スーツ:Holland & Sherry

1着価格:108,000円

コンビ価格:68,000円

目付:265 g/m

 

シャツ:エジプト綿100%シャツ

1枚価格:15,000円

3枚以上価格:10,000円

 

ネクタイ:GSオリジナルネクタイ

1本価格:8,900円

2本以上価格:6,300円

 

チーフ:フランコバッシ

価格:6,800円

 

以上、今回はトレンドカラーを参考におすすめのコーディネートをご紹介させていただきました。

 

トレンドを取り入れすぎる考え物ですが、程よく自分なりに咀嚼して服装をアップデートするのも良いかもしれません。

 

皆様の次回購入時のスーツの参考になれば幸いです。

 

Global Style 福岡天神店 中村

 

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加