スタイリストブログ

あなたのスーツスタイルを格上げするたった2つの方法【福岡天神店】

2020.01.28 GINZA グローバルスタイル 福岡天神店
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

福岡天神店のどうも中村です。

 

さて今回は題字の通り、お客様のスーツスタイル(タイドアップ)を格上げする方法をご紹介させていただきます。

 

結論から申し上げますと、①ネクタイを締める際にディンプルを作る ②胸元にチーフを挿す の2つです。

 

いずれもキーワードは「立体的に見せる」です。

 

男性は女性に比べて平面的と言われており、和服はその平面的な部分を活かし、洋服は平面的な体を立体的に見せることをコンセプトとしています。

 

もちろんスーツは後者なので、スーツは「男性を立体的に見せる」ことを前提とした服です。

 

そのため、ラペルは寝ていてかつ刺繍などの装飾品がない、あまり立体的とは言えないジャケットの下には、首元まで伸びる衣服を合わせ、上半身を立体的に見せています。

(ジャケットの下にタートルネックや衿が高いシャツを着るのはそのためです。)

 

では、本題に戻りましていつものお客様のタイドアップスタイルを格上げする方法に戻ります。

 

①ネクタイを締める際にディンプルを作る

ディンプルとはネクタイの結び目(ノット)の下に作るくぼみのことです。

これを作るか否かではノットの表情が大きく違い、小慣れ感も生まれてきます。

 

 

 

2枚の写真を比較していただくと下の写真の方が小慣れて見えませんか?

また、ネクタイに表情が出るため全体的な印象がのっぺりとしなくなります。

ピッティのスナップやファッション誌のスーツスタイルを見ると、必ずネクタイにはディンプルがあるはずです。

 

しかし、このディンプルは装飾に当たりますので葬式などの場面ではNGになります故ご注意ください。

 

②胸元にチーフを挿す

上記にもありますが、ラペルが寝ているジャケットの胸元はどこか貧相に見えます。

そのため、ジャケットの外側にはチーフを挿すためだけに存在する胸ポケットが存在します。

 

 

 

2枚の写真を比較して頂くと2枚目のチーフ有りの方がどこか立体的に見えると思います。

挿し方も様々で写真はパフドという入れ方ですが、お仕事様ですとTVフォールドなどおすすめです。

また、電車などでチーフを挿している人を見る機会は少ないと思います。

そのため、チーフを挿していると良い意味で差別化でき、チーフ1枚でアドバンテージをとることができるかもしれません。

 

以上、2つのポイントをお伝えいたしましたが弊社Global Style ではオーダースーツのお取り扱いだけではなくネクタイやチーフ類のお取り扱いもございます。

 

 

今期のトレンドの代表格としてストライプネクタイがありますが、GSでも多くのネクタイが入荷いたしました。

また、ペールトーンのニュアンスを含んでいるものも多くございますのでトレンドを意識した着こなしをしていただけるのではないでしょうか。

 

上2本:フランコバッシ

16,000円 (+tax)

 

下2本:GSネクタイ

6,900円 (+tax)

 

GSを以前ご利用いただいたお客様でポイントをご保有の方はネクタイなどの小物にも利用できますので、併せてご確認いただけると幸いです。

 

以上、「あなたのスーツスタイルを格上げするたった2つの方法」と題しまして2つのポイントのご紹介と新作ネクタイのご紹介をさせて頂きました。

 

気温は下がるばかりで外出するのも億劫になりますが、ネクタイを正しく締めることで第3者からの見え方を意識し、外出するのが楽しくなるかもしれません。

 

Global Style 福岡天神店 中村

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

GINZA グローバルスタイル 福岡天神店に所属するスタイリストのブログです。スタイリスト目線からのアイテムの紹介やお客様のためになる情報を発信しております! おしゃれでリーズナブルなオーダーメイドスーツ・オーダーシャツの魅力を是非GINZA グローバルスタイル 福岡天神店で感じてみてください。 グローバルスタイルでは、国内最高峰クラスのオーダースーツを東京都・神奈川県(横浜)・大阪府・京都府・愛知県(名古屋)・福岡県でコスパ価格で販売。ジャストフィットするオーダースーツならグローバルスタイルへ。お客様の要望に合わせたオーダーシャツ、オーダーシューズなども取り扱っております。