スタイリストブログ

ポケットチーフはもともとは無かった?【大阪本町店】

2019.06.29 GINZAグローバルスタイル 大阪本町店
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、大阪本町店の鈴木です。

 

 

 

 

 

 

やっとやっと!梅雨入りしましたね!大阪も!

 

 

 

 

 

 

梅雨が終われば夏になるので今からウキウキしております。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は今では当たり前となったポケットチーフについてお話いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーフ=紳士 なイメージが私にはあったのですが、もともとチーフなんてなかったみたいなんですよね。

 

 

 

 

 

じゃあなぜできたのか、なのですが

 

 

 

 

ポケットチーフはもともとはハンカチでした。

 

 

 

 

そもそもハンカチとはカチーフってものだったんですね。

 

 

 

カチーフは昔のご婦人たちが頭にかぶる布のことです。

 

 

 

それを手に持つようになって ハンドカチーフ・・・ハンカチーフというわけです。

 

※引用(1)

 

イメージはこんなですね。

 

 

 

段々このチーフをウエストコート(ベスト)に忍ばせ、

 

 

 

 

チーフをそこにさす目的でもともとは無かったジャケットの胸ポケットが付いたという。

 

 

 

 

そこから胸ポケットにチーフをさすというのが装飾品として富裕層に広がり

 

 

 

 

 

徐々に定着して今の形に至ります。

 

 

 

 

 

 

もちろん諸説はあり、このお話もその中の一つですが

 

 

 

 

 

 

 

まさか紳士の象徴であるポケットチーフが女性の被り布からきてるなんて驚きですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落度をあげるには色柄のついたものを、またフォーマルの場では白のチーフを。

 

 

 

 

当店でも様々なもののお取り扱いがございます。

 

 

 

 

 

 

紳士としての装飾品、ポケットチーフをさしてお洒落度をぐっとあげてみませんか?

 

 

 

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

大阪本町店 鈴木

 

 

 

 

※(1) http://matsu-hajime.livedoor.biz/archives/52082575.html

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加