スタイリストブログ

プリンスオブウェールズ……【福岡天神店】

2019.02.09 GINZA グローバルスタイル 福岡天神店
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツが好きで好きでたまらないあなた!私服でジャケットを良く着るあなた!!お仕事でスーツを着るあなた!!!スーツは着たことないけど興味があるあなた!!!!

 

ネクタイはどのように巻いていますか?

 

プレーンノット、ダブルノット、セミウィンザーノット、ウィンザーノット、、、

 

ここで出てくる「ウィンザー」とは何のことでしょうか。。。

 

「ウィンザー」とは1人の人物のことを指します。人物の名前は「エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージ・アンドルー・パトリック・デイヴィッド・ウィンザー」。イギリスの貴族で王になった人です。よく「ウィンザー公」と呼ばれています。

 

とても長い名前ですね。ちなみに画家のピカソもめちゃめちゃ長い名前らしいですよ。。。

(パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ)

 

 

 

ということで!!本日はイギリスやウィンザー公についてのお話です(笑)

 

 

みなさん、題字にある「プリンスオブウェールズ」って何?と思われていたでしょう!?

 

実は、グレンチェックは服好きで有名なエドワード7世、「プリンスオブウェールズ」が好んだ柄です。

 

そのことからグレンチェックには「プリンスオブウェールズ」という別名があります。

 

またまた実は、この「プリンスオブウェールズ」ですが特定のグレンチェックの2種を指すようです。

 

エドワード7世が好んだのは、グレンチェックに「ピンク」のオーバーペーンを重ねた柄。

 

エドワード7世の孫であるウィンザー公が好んだのは、グレンチェックに「ブルー」のオーバーペーンを重ねた柄。(ここでようやくウィンザー公が出てきます。)

 

さてさて、ここでグレンチェックの話をしたのには理由があります。

 

 

それは、グレンチェックが最近のトレンドだからです!!正確に言えば「英国調」ですね。

 

 

そこで、当店でご用意のあるグレンチェックをお見せします!

 

 

 

 

 

このように一概に「グレンチェック」と言えど、様々な色柄がありますね!!

 

 

 

 

 

「グレンチェックのスーツのイメージが湧かないよぉぉぉ…。」と思った方もいるはずです!

ご安心ください!店内には仕立て上がりをイメージできるようなサンプルをいくつかご用意しています。

 

グレンチェックでスーツを作る際は、ピークドラペルやチェンジポケット、ダブルブレステッドといったデザインの面でも英国調にこだわるとよりカッコよく見えると思います!!

 

 

 

2枚目のダブルのスーツを着たマネキンは、嬉しくて手がピースになっていますね。

 

 

 

 

さてさて、長々とお話をしましたが、このブログを読んで、グレンチェックとピカソのことに少しでも興味を持っていただけたのではないでしょうか。

 

グレンチェック以外にも店頭には様々な色柄の生地がございます。写真だけでは伝える事の出来ない触り心地やツヤ感がありますので、是非ともこの3連休を利用してお近くのGlobal Styleまで足をお運び頂けたらと思います。

 

 

その際、近くのスタッフまで「プリンスオブウェールズ柄ありますか?」とお聞きください。おそらく聞かれたスタッフは「おおっ」と思い、生地をお持ちし、ご説明をさせて頂きます。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。皆さまのご来店を心待ちにしております。

 

Global Style福岡天神店 中村

 

 

新作入荷情報やお得なフェア情報をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加